d0346364_20333608.jpg

1軒目のRIFUGIO COLDAI




「先にどんな山か言ってたら、来なかっただろう?」

確かに・・・・・・・。 

本当に私、登山は嫌いなんです。
下山の時の足腰の踏ん張りがないので、つるん、ステンと転んで捻挫までするし、帰りには泥だらけになるので嫌い。

中学校の頃の登山遠足で、帰りのバスの中、先生たちに「お前に泥がついてるのか、泥にお前がついてるのか・・・・わかんないくらい泥だらけだな。」というのが、ものすごーくうまく表現してるくらい散々なことになるので、嫌いなんです。

なのでトレッキングの範囲でしか山は登ったことがない登山は超初級者。

そんな初級者でも2時間弱の登山でなんとかたどり着いた山小屋で少し早めのお昼ご飯。

「この後に、3時間弱歩くので、ここでお昼しておこうよ。」とはジモティー・ピサーノ氏。
山小屋の後ろはもうすごい断崖が聳り立っている。まさか、あそこ登らないよね? 

「登らないよー! 機材持ってきてないじゃん!」

機材より、テクニックです。私、もう18年スポーツらしいことしてないって。
って実は、ここまでもかなり急勾配の道や岩ゴロゴロ道を登ってきたので、かなりゼーゼー。すでに体力の限界を感じつつあった。

「何食べようか? せっかくだからさ、郷土料理のパンとハムとかお肉とか香料を一緒にまとめたものなんかどお? 見た目巨大パンおにぎりなんだけど。」

と言われた時、正直なところ道産子はラーメンが食べたかった。
かなり体力の消耗を感じ、食欲もなかったので、こういう時はツルツルとしたものが食べたい。

郷土料理を進めるピサーノ氏の提案をやんわり断り、ツルツル系で、ミートソースのスパゲッッティを注文した。
疲れた時、甘いものより、もそもそしたものより、ツルツル、しょっぱい系が食べたくなる道産子のあたくし。



d0346364_20341721.jpeg


まだこの時は、ちょっぴり余裕をかます


d0346364_20351664.jpeg


トレッキングシューズを買ったお店の店員さんの声が
頭の中をぐるぐる
「ソールは冬山用じゃないから、氷とか、雪はダメよ!」
えええええええええん!!!!



ググッと中ジョッキのビールでスパゲッティを流し込み、3時間弱の溶けた雪溪跡の小砂利道をてくてく。時々雪が残っていて、足もと滑るので、キャーキャー!!!
横はもうすぐ1000メートルほど高い断崖がどーんとそそり立っている道を歩くのは、絶景なんだけど、あまりにも男性的な人を寄せ付けない光景が結構怖かったり。
実際、2軒目の山小屋を後に下山し始めた時に、雪渓の上の岩壁の方から、岩が落ちる音を何度か聞いた。
あぁ、下に居なくてよかったよ。

次にたどり着いた山小屋は、最後の1時間ほどがすごい急勾配の道なき坂を登って行く。
途中でてっぺんに立つ山小屋を見上げては「これって嫌がらせ?」と叫びたくなる。
下に降りるにも、足元が不安定な坂だし、その向こうには2時間ほどかかった雪溪砂利道しかない。さらにその向こうには2時間弱の急勾配下り道だし。

「あともう少し。この山小屋の後は下山しよう」というピサーノ氏の言葉に励まされ、土と岩の坂を登って行く。

山小屋の窓辺にはゼラニウムが飾られ、中に入るとほんのり暖かい。
まさか・・・・・ストーブはつけてないよね?という温度。

手前には牛たちが放牧されて、なんだかハイジの世界。
でも、とにかく喉乾いた! なんか飲みたい!!!!!!!!!



d0346364_20340534.jpg


緑の向こうはいきなり崖だよー
2軒目 RIFUGIO TISSI





山小屋の奥の空席にどっかりと座り込み、ぜーぜー。ああああ、年を感じるわ。

「何か頼もうか?」というピサーノ氏に、「ビール! 大ジョッキ!!!!」と即答する道産子。

「でええええええ!!! こんな標高が高いところでアルコールなんかダメだよ!」

って、どんだけ、標高あるの?と思うも、高さを言われたって多分よく、わからないだろう。
後で教えてもらったが2300メートルほどだったらしい。

道産子的には冬にスキーで山の頂上に行くと、キーンと冷えたビールを煽るか、冷たいソフトクリームを食べるかがお約束だったので、
体がすでに欲している状況だったのだけど。。。。。。

「ここはね、牛乳が美味しいんだから! 牛乳にしなよ!」とピサーノ氏。

ここまで来て、牛乳はないでしょー!!!!のシティガールの口を封じて、ピサーノ氏が私のためにヨーグルトを頼んでくれる。

ヨーグルトかよ!とぶーぶーブー垂れたけど、最初の数口で、意外にも喉の渇きを和らげ、疲れ切っていた体の食欲を取り戻させた。


やっぱり、物事って、「郷に入っては、郷に従え」でございます。

この後の下山ルート、ビールなんか煽ってたら、ぜーったい生還できなかったし!

下山途中で一軒、寄った山小屋では、大人しく、井戸で冷やしてたスイカをいただきました。(ちょっと学んだ道産子です)


後日、地元新聞では、この山の頂上部分の断崖岩壁でローマからの登山客が滑落死したと、出てました。。。。怖かったよー!!!!!










最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-31 20:41 | Buon viaggio通り | Comments(0)

ドロミテ時間

d0346364_01092273.jpg



トスカーナからドロミテへの出発がすっかり遅れてしまい、ホテルに到着したのは夜8時前。

チェックインをする間に、夕食をサーブするレストランホールから美味しそうな香りがする。

朝食時間と場所を説明してくれるフロントのおばさまにピサーノ氏がすかさず、「夕食はここで取れますか?」と尋ねる。




d0346364_01093544.jpg

木の使い方が北海道っぽい



うん、確かにその日は朝早くから色々用事を片付けたり、長旅もあり、できればホテル内でゆっくりご飯食べれたら、楽かもね。

「厨房に聞いて見ますが・・・・今日は結構予約が一杯なので」と結局空席なしで、近所の美味しいレストランを紹介してもらった。

「徒歩で10分ほどです。ホテル〇〇からの予約だと言えば、わかりますから。ただ、もう8時過ぎてますので、お急ぎください。」

へええええええ、今日はこの町のレストランは大繁盛なんだ。8時過ぎでもうどこも満席なんだ。と、道産子ロマーナは単純に思った。



d0346364_01095440.jpg

ワンプレートメニューで色々試せて美味しい
ポレンタはお約束。焼きチーズ(わーい、ハイジの世界)
きのこの炒め物。
子ヤギのミニステーキ
うさぎさんの角煮などなど。


d0346364_01094302.jpg
そして、デザートといえば、ストゥデル! うまうま!



ホテルから予約してもらったレストランは、本当に何を食べても美味しく、確かに席も満席。
でも、まだ8時なんだし、2回転、3回転目のお客さんだって入ってくるだろうに。
そんなにお腹も空いていなかったので、正直、2回転目の9時半とか、10時ごろでも私的には全然問題はなかった。
どだい、うちは普段ならガッツリ南イタリア時間で、お昼は2時から。夕食は大体夜10時である。

実の日、さあ、今日はチベッタ岳に行くよ!と張り切るピサーノ氏。
フロントに鍵を預ける時に、「今日は遅くに戻ってくるので、夕食の予約を先に入れたいんですが」

「かしこまりました。2名さまですね? 夕食時間は7時半から8時半です。メニューをお知らせしますので、ご希望のものをチェックしていただけますか?」

って・・・・・夕食時間早くない???????? と思うのは、えせロマーナの私である。


この日の「チベッタ岳に行くよ」の行くよはトレッキングではなく、マジな登山で、しーかーも、後で聞いたら、初心者用のコースではなく、ちょっとエキスパート用だった下山ルート。もう本当に泣けた。

しかも、途中で我がジモティー兼ガイドのピサーノ氏まで足を痛め、行きは良い良い帰りはマジ怖い のそのまま、下山に6時間かかり、やっと民家があるあたりまで山を降りたのが夜9時近く。あたりは真っ暗。

「・・・・夕食逃しちゃったね。」

が私たちの下山第一声である。とほほほ。
ひとまず、携帯の電波が届くところにたどり着いてから、ホテルには夕食には間に合わないことを伝えた。

下山した場所は町外れで車を止めてあるところまでは、まだ5kmほどある。ピサーノ氏が開いてるバールに入って、タクシーを呼べないか聞いている間に、外人の私がホテルに、今、下山したので夕食はキャンセルしたいと電話を入れたので、最初ホテルの方はどうやら、外人のあたくし、山の中で遭難したと思ったらしく、すわっ!!!とばかりに「シニョーラ! 大丈夫ですか???」と折り返し電話までいただいた。

残念ながら5kmほどの道のりではタクシーは来てくれないそうで、10時間以上の登山でヘトヘトの足を引きづり、車を止めてあるところまで歩く。

車を止めた場所の真ん前に、程よく「ビールとドイツ風ウィナー」と大きく書かれたビアホールがあったので、此れ幸いと食いっぱぐれた夕食はここだ!とレストランに入る。

「2名ですけど、席ありますか?」

「すみませんねー、もう営業、終わりなんです。キッチンもうオーダー終わってて。」


え? キッチン終わりって?と時計を見たので、時間をよく覚えている。 9時26分である。

9時半前にオーダーストップってビアホールで?????????????????????????????



ローマでは、8時前にピザ屋に行ったら、怒られます。
まだ釜に火いれてないとか、火入れたばっかりで焼けないとか、怒られます。
確かにレストランで夜11時過ぎに行くと、嫌がれるけど9時半で閉めたって・・・・・・・・・

アンビリバボー・・・・・・・・・

こういう時、イタリアにはコンビニがないので困ったことになる。

あああああああ、ドロミテ時間。宵っ張りには厳しい。。。。。。

ホテルの夕食は3日目にしっかりリベンジいたしましたが、8時前にはレストランに降りた良い子のあたくしたち。



ちなみに、ドロミテからトスカーナに帰った日も、交通渋滞を避けていたら、すっかり、とっぷり日が暮れて、
「夕食、どこかで食べて行こうよ。」と近郊のサン ミニアートという町へ寄ることにした。

夜も10時近くの町の道は、夕涼みの散歩をする人で溢れている。
これはドロミテでは見かけなかった光景である。

サンミニアートのレストランのドアを叩いたのは夜10時。

「2名ですけど、席ありますか?」

「こちらの席か・・・・・あちらか、どちらがいいですか? 今すぐテーブル整えますね」と前のお客さんの後をさっと片付けるウェイトレスさんであった。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-31 01:17 | Comments(0)

d0346364_23312987.jpg


毎夏、ドロミテ近辺に避暑に行くローマの友人たちも多い。
きっと北海道みたいに涼しいんだろうな。

トレッキングに行こうと計画していたので、夏前にドロミテに行った友人にも、どんなものを用意しておいた方がいいのかもアドバイスをいただいていた。
「もし標高が高いところへ行くのなら、ウィンドブレーカーあるといいよー。雨合羽って、最近ではKwayって言うんだって。」

あたくし、トレッキング、ハイキング、歩くことは大好きなですが、登山は嫌いなので、標高が高いところには行かないだろうけど、まあ、一応
雨合羽じゃなかったKwayは持ちましょう。

「ジーンズ持ってきた?」

えー、こんな暑い真夏にジーンズなんか持って来てないよ。

「岩がゴロゴロしているから、危ないし、登山ウェアを買いに行こう!」

岩がごろごろって?
危ないって??????????

と連れて行かれたお店で、長ズボンにKwayの下に着るTシャツ、さらにフリースまで買おうかとする彼。

こんな真夏にフリースもないでしょーに?とは思ったけどけど、せっかくだから一式揃えてお買上げ。

で、次の日に暑いし、ドロミテ行く前にトスカーナの山で涼もうと連れて行かれたアベトーネ。
冬はスキー場だそうで。
「スキーリフトに乗って、上の山小屋でランチしようよ。」って、かわいい提案でございましたが、まさか、いきなり標高1500メートルとは知らずに、あたくし、タンクトップにショートパンツという真夏のいでたちで、風防なしのスキーリフトがすでに寒い。

山小屋に着くと周りの皆さんは、ダウンジャケット着ているのに、一人タンクトップにショートパンツで浮きまくり。

もうー!!! こんな寒いところなら、最初に教えてよー!!! とは思ったけど、まさかドロミテは山の上だけではなく、麓の街もすでに涼しいを通りこして寒いとは知りませんでした。

基本、北海道みたいなものだろうと思っていてのが、大きな間違いであった。

札幌だって、旭川だって8月の日中は暑い。夜だってフリースとかダウンジャケットなんか羽織った日には汗だくである。

という訳で、あたくしローマの普通の夏服で出かけたんでございます。

トレッキング、いや登山中は今回買い揃えたスポーツウェアで生き延びましたが、夕食時に近場のレストランに出かけるお洒落着が・・・・・浮きまくり。

ただでさえ、ローマはいかに肌を露出するかがお洒落の基本である。
ローマは夏服は基本、袖なしである。肩だって、背中だって胸元もがバーっと開いている。
ドロミテの皆さん、日中もダウンやフリースとか着込んで、全然肌出してないしっ!!!!!

このお洒落感覚の違いは、フィレンツェに登るときも確かに感じてはいたが、真夏のドロミテではありえない。

こ・・・・ここはイタリアじゃないのか?????

ローマしか、南イタリアしか知らない日本人には、驚きのドロミテでございました。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-28 23:21 | Buon viaggio通り | Comments(0)

今日から再稼働です

d0346364_02540135.jpg


無事バカンスからみんな戻って来て今日から再稼働のVIA BELLA ITALIAです。

この夏はすごい大冒険しちゃいました。
ドロミテにトレッキングしに行こう!と大張り切りでございましたが。。。。

登りはね、鉄の丘に住んでるだけあって、5時間ほどかけてで写真の山の中央の白い部分、標高2700メートルほどの雪渓が溶けたゴロゴロ岩なところを横断し、 すぐ下の森の天辺から、死にそうになりながら下山したら、夜9時ちょい前でございました。

途中雨は降ってくるわ、足元滑るわ、足場がない崖っぷちをロープを握り締めて降りるとか。。。。体育会系じゃない私はもう10年ほど命が縮む思いでございました。滝汗

すっごい景色は良かったけど、下見たら落ちると、下山の写真は1枚もない。笑
頭の中で「ドロミテで日本人滑落」と新聞沙汰にだけはなりたくないと、ひたすらその一念で生還いたしました。(大袈裟だけど、真面目に危なかった)

今回 Macもバージョンアップさせるべく、バカンスに出していましたが、新しいOS を載せて戻って来たら。。。。OS Yosemiteだそうでモニターの写真が。。。。。まさに山。汗

なんかトラウマになりそうです。


[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-28 02:49 | Comments(0)

早いですけど

d0346364_20142076.jpg

夏季休暇のお知らせ
11日(土)-26日(日)まで

この間のご注文分は27日(月)以降の発送となります。
ご了承くださいませ。


[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-09 20:07 | イタリア広場 | Comments(0)

d0346364_23441444.jpg




イタリアに来てから、全然スポーツらしきことはしていない。

唯一、「歩く」ことは継続してます。ってか、イタリアでは「徒歩」が一番、確かな交通手段なもので。爆


カルロが来てから、朝晩のお散歩も加わり、ほぼ毎日1万歩。


バカンスもピサーノ氏が、歩くのが好きなので、海に行っても砂浜をひたすら歩いて往復6kmとか、州立公園のトレッキングコースとか行く事が多く、特別用意もせず、サンダルとか、ヒールありのブーツで決行!で、靴底の減りが半端ない。


「上手く都合が着いたら、ドロミテ、行こうか?」


そう、まだこのバカンスの計画は未定である。

まあ、いつも始まってから、じゃあ行ける範囲でと決めるんですが。(遅い)


もしドロミテ行くんだったら、ビーサンは無理だろ?

ということで、トレッキングシューズを調達してきました。


おうちから車で10分ほどにアウトレットに2件ほど、山系のアウトドアブランドも入っているので、今だと夏バーゲン中ですし。


わくわくと行ったら、お目当てだったアウトドアブランドが閉店し、残った1件、ドロミテ1897のみ。

他に選択肢がない。。。。。。。


と言う訳で、ドロミテに行きたいな・・・・とドロミテでトレッキングシューズを買って来ました。

だじゃれを狙った訳ではございません。


ドロミテ1897は、まさにドロミテ発信のアウトドアファッション、シューズメーカーでございます。

1897年に 当時17歳だったジョゼッペ ガルブイオが登山靴の工房を開いたのがこのブランドの始まりです。

1954年、初めてK2登頂に成功したイタリアの登山隊の足元は、もちろん、Dolomite1897の登山靴だったんです。


ここのタウン用のカジュアルラインの服がおしゃれで、しかも暖かいので、実は結構使っています。

さすが北イタリアブランドなので、素材が軽いけど充分暖かいものが使われていて、ローマで普通に売られている服よりも、底冷えのするイタリアの冬に大変重宝しています。

でも・・・・・私、登山は嫌いです。ぼそっ・・・・トレッキングで充分。











最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-08 23:44 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_23283691.jpg



おーい・・・・・なにやってるの????




d0346364_23455881.jpg



あ・・・・ごめんね。。。。そんな体勢でお食事中でしたか。





新しいおうちに引っ越して、カルロちんのおトイレポイントはすぐ決まった。もうおうちの初見のときに、トイレポイントだけは即決。


カルロちんの寝床、クッションのポジションは、引越が丁度秋口だったので、これから寒くなるしと、パネルヒーターの下と、これもすぐ決まった。


で、お食事処がね・・・・・ちょっと難航しています。


最初は家の半分のスペースがキッチンの部品や板などで埋まっていたので、ひとまず開いたスペースでと、決めた場所は、寝室から浴室に行く導線上で、キッチンの形が整い、部品の山が消えたとき邪魔になり、寝室入り口の横に移動。


でも、どうもまったく意味がない場所なので、今度はデットスペースである上の階への階段へ移動。

階段の段差を利用して、高さ的にも食べやすいかな?と思ったけど、カルロくんはフードボールに思いっきりかぶさった状態で食べたいらしく、階段の段差、一段上に置かれたフードボールが食べづらいように見え。

さらに家の一番奥なので、電気をつけないと暗い。

同じく食事時間の私の食卓、キッチンの電気をつけてても、彼のフードボールが置かれている場所はやや暗い。

きっと犬だから、視覚より嗅覚でご飯を食べているとは思うけど、なんとなく申し訳なく電気をつける。

で、電気をつける度に上のMrs ゴジラさんが「ミカの家はいつも燦々と電気がついている(電気代を無駄にしている)」という言葉が頭に浮かび、落ち着かない。


じゃあ、カルロのフードボールをキッチンの一角に置けば、照明の問題もないよね?

と移動させた場所にはカリカリくんを奥スペースもあるし、ご飯を用意してボールに盛ってあげるのにも便利。

ビジュアル、色合い的にも、なんかいい感じ。(すみません・・・・あたし、大学ではビジュアルデザイン専攻したもので)



と、思ったけど、毎度フードボールを舐め倒して、どんどん動かしちゃって、こうなるらしい。。。。。









最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!




[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-07 23:48 | Bau Bau Park | Comments(0)

真夏のワクチン接種

d0346364_19293014.jpg



いよいよ8月突入。

夏休みももうすぐです。がその前に解決したい仕事と問題も雑用もてんこ盛り。


まずはカルロくんの年に1回のワクチン接種もクリアしておこう。

彼のバカンス先のペットホテルはワクチン接種必須なので、いつも夏休み前にしておきます。

獣医さんは毎年、じゃあ、来年9月にでもお会いしましょう!って8月を計算に入れない。このアバウトさがイタリアン。


ついでに蚊やダニよけのお薬もつけてもらうので、ペットホテルに送る前準として、大変重宝しているので、外せないのよ。


が、7、8月は気温もぐぐっと上がり、暑さに弱いカルロくんの外出時間が限られる。

しかも、獣医さんたちもバカンスに行っちゃうので、思い出したら吉日で、早々に連れていきたいが、ワクチンはそれなりに負担がかかるので、前に接種させてから、ちゃんと1年は置きたい。


去年は確か朝10時過ぎに行って、急患のワン、ニャンに順番を飛ばされ、ワクチンを打ってもらっての帰宅時間が太陽さんさんのお時間にぶち当たり、徒歩で15分ほどの距離が果てしなく遠くなっちゃったので、今年は早朝のまだ涼しい時間に行っちゃおう!と早朝のお散歩をやめて、早々と身支度を整え、準備万端で8時半に鉄の丘の動物クリニックに到着!


が・・・・・あれ? シャッターが閉まってる。汗

いつもなら、入り口の前がそのまま青空待合室になっているのに、誰もいない。


まさか・・・一般商店みたいに木曜日はお休みとか?

まさか・・・・・・もうバカンスに行っちゃった????????



慌ててドア前に貼られている診療時間を見る。


鉄の丘動物クリニック

月から金曜日  10:00~12:00 16:00~19:00

土曜日 10:00~12:00



ええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!


以前、Mrs ゴジラさんの犬 ウィリーが息を引き取った朝、確か朝の8時くらいに獣医さんに至急往診に来て欲しいと電話を入れたのを覚えている。

なんで、そんなに正確に時間を覚えているかというと、こんな早朝に獣医さんが来てくれるはずがないという店長に、例え犬だって、命に関わることなんだから、獣医さんも「なにかあったら、いつでも電話して。」って携帯番号をくれたんだもの!と説き伏せて電話させたのは私だもん。




それにしても、診察時間まで1時間半もある。。。。。。どーしよー。。。。。


おうちまではやや暑さでへばったカルロくんとは、やっぱり半時間かかるだろう。

一度家に帰って出直すのだって余裕で時間はあるが、これからどんどん気温が上がるので、カルロには負担になる。

しかも、この診察時間では、どの時間に来てもかなり厳しい暑さの中を歩かせることになる。


もう、この際、涼しい影で待つしかない。近場のバールに行くにもカルロ連れでは外(暑い)だし、順番飛ばされちゃうのを避けるには病院前で張るしかない。爆


と、クリニックの建物の影になっている階段に腰かける。 一時間半か・・・・・・・・・結構長いかも。

でも、9時を過ぎると、定期的にお薬や点滴をしに来てるワンニャンたちが集まってきて、飼い主同士でおしゃべりしながら待つことになり、意外に一時間半なんて時間があっという間に過ぎちゃうところがイタリアン。


そして10時開始もお約束に獣医さんたちが遅れてくる。笑 

人間用のドクターも同じのイタリアあるあるなので、期待もしていなかったし。爆


患者さんたちの飼い主さんたちに、「かわいいー」とか「いい子ねー」なんてちやほやされたカルロくんは、つい勢い、自分から診察室に入っちゃって、後で大慌て。

クリニックに到着したての獣医さんが暑いんで上着はまだ羽織りたくないけど、いい?と私服だったので、カルロも油断したらしい。

後から来た獣医さんがあのいかにもお医者さんの上着を羽織ったら、いきおい飛び退って逃げようとしたカルロくんであった。


健康診断、蚊、ダニよけのお薬塗布、ワクチン接種。

「カルロー! いい子ねー! ブラーボ ブラーボ! はい、ちっくん! 小さい針使うからわかんないよ!」


お腹もお耳もお口もOk! 健康優良児!

「でもこの子、暑さだめだからね。短鼻種の血入ってるから。そう言う体の造りになってるからどうしようもないのよ。呼吸器の形や、頭蓋骨の形が体温調節できない種だから。暑い外に連れ出すのは危険だからね。」


「暑い時期は、くれぐれもお散歩は早朝か夜。日中はダメだよ。」とドクターストップがかかりますが・・・・・・・・。


だからね、あたしたち早朝に来たんだってば!と突っ込みいれたい。










最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-03 19:31 | Bau Bau Park | Comments(0)