カテゴリ:I love shopping通り( 66 )

d0346364_21393532.jpg



まだまだ寒い日が続いているイタリア ローマ片田舎です。


新作グッチの腕時計コレクションがBUYMAのViaBellaItalia店にぞくぞく入荷です。

店長の一押しレディース腕時計はこちら。



d0346364_21390158.jpg




マザーオブパールを使い、やわらかな輝きがあるダイヤルに12個ちりばめられたグッチモチーフのインデックス。


遊び心たっぷりなキュートなデザインを高品質な素材で、すきっと上品に仕上げるところは、さずがグッチです。


今回はジュエリーウォッチや、ちょっと価格帯が高い高級腕時計も入荷しました。

日本のお客様に安全で少しでも早くお届けできる方法はないかと、店長、ここ数ヶ月いろいろ試行錯誤した末に、商品にあった配送方法を3つほど追加いたしました。

毎年、年末は世界中配送が滞っちゃいますが、今年もね、かなりすごかったんです。

いつもなら最速4日で届くようなものが、1ヶ月弱かかっちゃったり、あっちこっちの郵便局で止まっちゃったり。

腕時計って、そこそこしますし、うちで取り扱う商品の中には、世界でもう在庫がこれ1個!なんてものもありますので、紛失や盗難にあっちゃったら、いくら補償があっても同じものが見つけられないというものもあります。

だからこそ、安全にしっかり、そして早くお届けできる方法はないだろうか?と店長、悶々していたんです。


BUYMAのViaBellaItalia店に追加した新しい配送方法は


  • 貴金属、高級腕時計を専門に扱う国際配送
  • DHL 腕時計専門配送
  • DHL ジュエリー配送


BUYMAのViaBellaItalia店からお買い求めの際にご希望の配送方法をお選びくださいませ。

またお買い物代行でお願いしまーすという場合はInfojp☆viabellaitalia.comまでお問い合わせくださいませ。

(アドレスは☆のところを@に入れ替えてくださいね)


特にDHLは当社発送後、48から72時間でお届け可能です。

お急ぎの場合など、とても力強い配送方法だと思います。


いつも集荷をお願いする国際EMS便はどうしても集荷までに1日半を要してしまいますが、DHLの場合は、このEMS便の集荷を待っている間に日本のお客様にお届けできちゃうこともあります。


カルロも大好きなEMS便のドライバーくん、いつもテキパキと集荷していただきますが、いかんせん、集荷システムが・・・・遅いの。

DHLのドライバーさんは、犬が怖い。でも集荷システムがすごすぎる。ネットで集荷をかけるとリアルタイムで、その地区を走っている運転手に集荷に迎え指令がでます。(タクシーの配車システムくらいすごい)


以前集荷をかけたときに、ドライバーさん、ちょうど山の頂上にある隣町に向かおうと山を登り掛けのときだったらしく、隣町を回って、後から集荷になると遅いしと急遽、山の昇り道(かなりせまい)で車を引き返して下りて来て集荷してくれましたが、心臓に悪いので、今後は急な集荷は、ネットでオーダーする前に心の準備のために電話をくれと 爆



今回の出品商品、卸先もかなりセレクトした品揃えです。

ご来店お待ちしていまーす

https://www.buyma.com/buyer/4494689.html







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2018-02-20 21:41 | I love shopping通り | Comments(0)

グッチはグッチ

d0346364_01575945.jpg




ファッションの世界は新作を追っかける風潮が強いけど、ふと立ち止まって過去コレクションを見ると、ブランドの良さや魅力がすこーんとマーケティングなどに左右されずに出ている素敵なものが結構あります。


グッチの腕時計が結構、このタイプ。

最新作ってわけじゃないからと宝飾店の隅っこにいるのは、なんだか残念。


そんな中から店長が、「でもこれ、グッチっぽくって可愛いじゃん!」と掘り出してきたものをBuyma店に出品していますが、とっても好評で店長も嬉しくって仕方がない。



d0346364_01581109.jpg


d0346364_01582503.jpg



自分がこれって絶対可愛い! 素敵!とお勧めしたいという商品を、地球の裏側の日本の方が「可愛い♥」とお買い上げのポチっとしていただくと、店頭販売のときのような楽しさがあるんですよね。

今風にギラギラしていないけど、エレガントで、どこかに遊び心ありなんて逸品も多々ある。


今回、日本へお嫁入りしたこちらは、ケースのマチ部分も凝ってますが、小さなビスにもグッチのロゴ。

しかも裏蓋にもグッチロゴ。

これってつける人、オーナーさんだからこそのわくわくを提供できる商品ですよね。

こういうのって最近ないかも。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by viabellaitalia | 2018-01-12 02:00 | I love shopping通り | Comments(0)

がんばれ ボルサリーノ

d0346364_21073153.jpg



ボルサリーノの帽子を見る度、美しいフォルムにうっとりする。手に持つとふわっと軽く、重さはなんと70から90g。

コットンのTシャツだって150g以上ある。


商品詳細を翻訳していると、使用されているフェルトの素材が多岐に渡り結構大変だったりする。

世界唯一素材、生地から製品化まで一貫して自社生産をしているブランド。

70年代のフランス映画「ボルサリーノ」は主演俳優のアラン?ドロンとジャン・ポール・ベルモントが着用した帽子に由来する。今では高級帽子メーカーの商標名ではなく、世界的にひとつのスタイルを表すシンボル(帽子の代名詞)として認知されています。


今年は創業160年の記念コレクションも発表されているときに、昨日の「破産手続き申請」は結構びっくりいたしました。

というか・・・・経営困難で確かどこか投資会社が経営権を握ったということを2年前に聞いていたので、え? また????? が正直なところでした。笑




d0346364_21074777.jpg




この2年の間、ときどき買付をする側から見ると、生産、販売のラインもすみずみまで質を向上させ、老舗の伝統と新しいスタイルを取り入れ、がんばってる!!!!と感じていただけに、日本の方から入ってきたニュースに本当にびっくりしましたが、調べてみたら、多分日本とちょっとこのあたりの感覚が違うのかな?


今回の破産申請は法的、技術的なところから起こったもので会社の意向ではないと現在ボルサリーノを経営する親会社ヒエレス エクイタ側からの力強いコメントが出ています。ほっ。。。。。



d0346364_21080450.jpg



再出発案、ブランドと120人の従業員を救う案が裁判所で却下されたそうで、労働組合から先行きの不安のコメントが出たことから起こったニュースのようですが、従業員120人って少なくないのかな?


ボルサリーノは北イタリアのトリノに近いアレッサンドリア地方の職人たちを集めた工場から設立したことから始まったブランドです。今尚、経営が変わっても伝統的な機械、道具を使い続け、上質な素材、職人の手作業にこだわる本格派高級帽子のブランドで、往年の俳優さんだけじゃなく、今尚世界中のセレブに愛されるかっこいい帽子を作るメーカー。

多分、親会社ヒエレス エクイタもこのブランドをただの投資のためだけではなく、本当に愛しているんじゃないかな?

「我々は引き続き、ブランド継続のための解決策を模索していくつもりだ。従業員、サプライヤー、取引先、そしてアレッサンドリアの街や機関といった関係者に関しても考慮していく。 ボルサリーノの未来を引き続き作り上げていきたいと思っている」とヒエレス・エクイタのCEO フィリッペ・カンペリオからのコメントは、嬉しい限りです。



d0346364_21104315.jpg



先日もお店にお邪魔したときに、イタリア人の年配の女性が帽子を選んでいたシーンに居合わせたんですが、わりとシンプルな女性用の帽子をお客様が無造作に被ったものを店員さんが抜群のポジションに置き変え、つばの先をすっと立たせると、もうまるで映画の中の女優さんのようにキマる。


その横では紳士用のフェルトハットを買われたお客様の帽子を箱入れする前に、もう一度フェルトをブラッシングする店員さん。


ボルサリーノのフェルトは帽子のために作られたものなので、雨をはじくし、濡れても形が崩れることもなく、折り畳むこともできるものもあります。


イタリアは職人の国。個々では小さな力ですが、彼らが持つ技術力はイタリアの経済、世界中の高級ブランドさえも支える大きな力。


Save the 職人。


微力ながら私も守りたい、イタリアの魅力です。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-12-20 21:13 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_02395297.jpg



先日、憧れのボルサリーノのお店へ行ってきました。


ローマの中心地区の某有名広場の一画にあるボルサリーノ。


イタリア人にとっても憧れの老舗ブランドで、佇まいが他の新進ブランドのようにギラギラしていなく、“どっしりとそこにある。”


入り口も小さく、ウィンドーは数々のボルサリーノのアイコニックな帽子で飾られているけど、見た目はごくごく普通の帽子店。


1歩お店の中に入ると、本物が持つ存在感なのか、お店に並ぶ帽子たちが反対に客である、私を品定めをしているかのような雰因気を感じる。


店員さんたちは、イタリアの昔ながらの店員さん。

商品を売るプロである。

最近、あまりこういう店員さんたちを見かけなくなったが、イタリアでのショッピングは、実はこの店員さんと一緒に、探しているものを見つける。

この作業が面白く、まさにショッピングの醍醐味なんである。


手袋のお店の店員さんなどは、手を見ただけでサイズがわかり、そこにどういったものを探しているかを伝えると的確な商品を店の奥から出してくれるのだが、ボルサリーノもこの感覚。


もう1件のお店は「コンピューターで在庫管理はね。。。。ここは昔ながらなんです。お客様に来ていただいて、手にとっていただいて、お試しいただいて納得していただく。」と、日本のお客様のための買付なので、正直なところ電話での在庫確認ができないのは、痛いところだけど、今の時代に言いきるのも潔い。


あっと!  某有名広場にある1号店は、しっかりコンピューターで在庫管理はしてますが、細かな対応がね、さすがの老舗です。


イタリアの高級一流ブランドはほとんどが老舗ブランドであり、今の時代のティストもしっかり取り入れ、広告、マーケティングにも力を入れ、お店の構えが「いらっしゃいませー!!!」なギラギラとしているところが多いだけに、ボルサリーノのこの凛とした佇まいがなんとも好ましい。


買付の途中で、若い女性が入ってきて、誰かへのプレゼントにハンチングを探しているのだけど、サイズがはっきりしなくってと店員さんと話をしていた。

多分、恋人へのクリスマスプレゼントじゃないだろうか?


おうちに帰ってからピサーノくんに、ボルサリーノのことを話すとショッピング嫌いな彼が珍しく話に乗ってきて、価格帯まで知りたがったのには、ちょっとびっくりした。


「そりゃあ、ボルサリーノだもの。イタリアの男ならみんな、一度は憧れるよ。」


店長も、毎回、日本へ送る前の検品作業の横で、ボルサリーノの帽子をうっとりと見惚れては「Spettacolare…… 素晴らしい。。。。」と息を飲む。


「ああああああぁああああぁ! サイズ58は俺のサイズだ! グッスン!」


当社からボルサリーノをお買い上げいただいた日本のお客様。

お客様のご注文されたお帽子は、こんなにもイタリア男たちの♥を切なくさせて、お手元に旅立ったものです。どうか長くご愛用くださいませ。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-12-16 02:41 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_19574878.jpg



店長のお勧めのマセラティのメンズ腕時計が、日本のお客様からご好評いただいています。

時計好き店長、元々はエンジニアですので、時計のメカニズムも凝りまくりのセレクトです。


イタリアでは特に、カトリックのしきたりであるコムニオーネや、大学卒業などのお祝いに、かなり高額な腕時計をプレゼントすることも多く、ステイタスシンボルとしての位置づけが確立されています。


今回の腕時計も現在、日本への空の旅中。もうすぐお届けです。



d0346364_19571600.jpg






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-09-11 19:59 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_18554003.jpg

写真はAERONAUTICA MILITAREさんより借用させていただきました。


大昔ですが、映画トップがンを見てトム クルーズの笑顔に惚れたミカです。


ここ数年各一流ブランドでミリタリー柄ブームですね。女性も男性のラインにも迷彩やミリタリーなカラーなど使われるコレクションやラインが多いですが、現在、VIA BELLA ITALIA(ヴィア ベッラ イタリア)のバイマショップで、イタリア空軍の公式ウェアブランド AERONAUTICA MILITARE アエロナウティカ ミリターレの腕時計をご紹介しています。


イタリアの空軍の空中アクロバティック フォーメーションフライトチーム フレッチャ・トリコローレのパイロットウェアを制作、供給する公式ブランドでしたが、2004年に「人々に開かれた空軍」にするという軍の意向のもと、公式ウェアの販売が始まりました。

空軍のロゴやワッペンを随所に使い、イタリアンカラーを上手に配色し、ロゴの刺繍や素材のデティールにもこだわり、カジュアルでも風格のある大人のスポーツウェアとして、お勧めのブランドです。

空軍なだけに、ちまたに溢れた迷彩ミリタリーとはちょっと違ったスマートなイタリアンテイストが満載なハイセンスなアイテムが揃っています。


実際、自分の周りの空軍の人は陸軍関係の人よりおしゃれさんが多いです。

陸軍さんって、ちょっと筋肉にこだわりすぎと言うか、笑  胸筋とか腹筋とかぴっちぴちのTシャツとかワイシャツでいかに、筋肉ありまっせーを見せるのが、まずおしゃれの基本軸で、色合わせとかはその次な感じ。爆


今回ご紹介のパイロット ウォッチはやっぱり空軍だけあってメインカラーは、スキッと! イタリアのスカイブルー。

意外にも気圧とかGとかためでしょうか? 風防などかなり頑丈な作りになっています。


d0346364_18560305.jpg
d0346364_18561891.jpg

お買い物はヴィアベッライタリアのバイマショップへ!






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-09-07 19:01 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_18521713.jpg



数年前に日本のテレビ番組に出演したとき、最初はせっかくですからイタリアの方もご一緒に出演くださいとお誘いいただいたので、店長、実はかなり楽しみにしていたんですが、残念ながら時間の都合で彼の出演なしになってしょぼーん。

日本で活躍するジローラモさんにちょっと対を張りたかったらしい。


確かに、正真正銘のちょい悪おやじ道まっしぐらだもんね。と言うと「シッケイ(失敬)な!」とは言いますが。


ジローラモさんと同じく、南イタリア出身の店長。

南イタリアの男性って北の人より、男の美学、ダンディズムにかなりのこだわりがあるように思います。

イタリアに来て、ちょっと驚いたのが紳士服や男性のアクセサリーや、シェービングなど、男性の日常のアクセサリーの需要も多ければ、市場でのポジションも高い。

流行を追わないだけに、質の良いものを身の回りに置く、身につける。というところにイタリア人男性はとても固執と言っていいほどの情熱をかける。

なにせ自分の人生の主人公を演じるイタリア人ですから、生まれもっての俳優さんたちですもの、自分を見せる演出も上手く、おしゃれです。


イタリア人男性がこだわるアクセサリーのひとつである腕時計はステイタスの演出アイテムでもあるので、選ぶときはかなり熱が入ります。


マセラティの時計は、腕時計が大好きな店長のも鷲掴みにしちゃったようで、彼もマセラティがこんな素敵な腕時計のコレクションを出しているのを知らなかったようです。



d0346364_18521095.jpg



マセラティの車のように、研ぎ澄まされたデザインと設計の腕時計たち。

一人のイタリア人男性として、腕時計好きとして選んだ時計たちを日本のお客様からオーダーをいただくと、同じ男性として好みがシンクロしたのが、すごく嬉しいようです。


昔、店長が「紳士服の良いものを買いたいな・・・という時のショッピングは女とは行けない。もちろんいろいろアドバイスはくれるけど、それは女性の目で見て、素敵かどうかで、男性同士の視点とちょっと違うんだよな。こういうときは、おしゃれな男性と行かないと今イチなんだよ。」と言っていたことを思い出しました。


店長がセレクトした腕時計は、兄弟やお父さんに贈りたい、きっとこれだったら喜んでくれるはずという「男の視点」で選んだものです。きっと日本のお客様のも虜にしちゃうと思います。


ちなみに店長の家系は500年以上続いたシチリアの貴族だったおうちで、戦後イタリアでも華族制度はなくなりましたので、今でこそ普通の人たちですが、やはり身の回りのものへの審美眼はお貴族様のままです。
(ここも日本から来てびっくりしたことのひとつ)

そんな彼らが、これは良い!と選ぶイタリアンスタイル、どんどんご紹介していきますね。





最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-07-28 18:54 | I love shopping通り | Comments(0)

ブラ考察 in イタリア

d0346364_20122814.jpg

Photo by intimissimi




先日、ブラを新調しようといつものYammayに行こうとしたら、鉄の丘yamamay店がいつのまにか閉店していて、仕方がないので、intemissimiへ向かった。


intemissimi(インティミッシミ)とYamamay(ヤママイ)はお手軽価格のイタリア人気下着メーカー。日本でいうところのトリンプとワコールという感じでほぼ互角の2大ブランドである。


私はYamamayファンです。

intimissimiは胸の谷間と言いますか、あの部分の長さが広い設計なので、イタリア女子よりボリュームがないmade in Japan胸では谷間が作れない。

最近はどちらのブランドもプッシュアップブラがありますが、intimissimiのプッシュアップは、ちょっと限度を超えてませんか?と言う感じに無駄にパットが入っていて、いきなり爆乳になっちゃうので恥ずかしい。


しかも、サイズが微妙に二つのブランドで違うのでintimissimiだと私のサイズは1と2の間らしく、どっちつかずでよくわからない。




イタリアのブラのサイズって変です。

1、2、3、4でカップの大きさは関係ない。


最近やっとカップも選べますというようなシリーズも出て来ましたが、基本はカップBらしい。


まわりのイタリア女子の胸を見てて、どうしその巨乳がBなんだ?????と思うけど、お店で見かけるのは基本B


ちなみに、あたくし、日本ではC、太っているときでDを使っていましたが、イタリアではいきなりB。


イタリア女子の巨乳、昔の同僚のイタリア女子たちは4と5でございました。店長の奥さんが先日、子供産んで太っちゃったから昔の下着、新品のものも全部使えないので、いる?と見せてくれましたが、サイズが違いすぎてもらえません。


intimissimiでフィッティングをお願いするも、案の定「サイズはなに?」の自己申告で店員さんが計ってくれることもない。

試着してもどうもしっくり来ないので、結局、後日ローマのYamamayまでブラ買いに行って来ました。


そんな話をトスカーナ人ピサーノにしたら、

「そっち南イタリアは巨乳多いからね。トスカーナだったら君のサイズは普通だよ。」


ローマは地理的には中央イタリアですが、南イタリア出身、南イタリアから国内移民のイタリア人が多いので、ちまたにあふれているのは南イタリア系巨乳、爆乳系。

イタリアに来たばかりの頃に激やせをしたあの当時は、どこの下着ブティックに行っても店員さんたちに「ピッコロ 小さい」を連発されたり、サイズがないとまで言われた事も。

あるとき、洋服を買いに入ったお店で、胸の部分がボリュームがなさすぎて、開きすぎちゃうと言ったら、店員さんから「お客様の体型ならYamamayがお勧めよ。あそこのは寄せるので、この部分の高さが出るから」とお勧めをしてくれたのだ。



「北に行けば行くほど、胸も小さめだから。トスカーナいいよー! おいでー」とピサーノくん。


ふとそんなことを愚痴ったらトスカーナ在の日本人の友人からも、トスカーナだとだいたい2、3くらいが多いよと。反対にローマ女子どんだけ、でかいの?と聞かれました。汗


そう言われると、確かにここは4、とか5が標準です。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-07-21 20:14 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_00331825.jpg



南イタリアのバジリカータ州のマテーラは、洞窟住居がユネスコの世界遺産に登録された有名な町です。先日のお買い物代行はマテーラから。


今回の指令は「マテーラの幸せを呼ぶ笛ククーを探せ」


お買い物代行のご要望って、本当に多岐に渡っていて、毎回、気分は探偵です。

しかも、あたくし、イタリアに16年も住んでいますが、バジリカータ州は高速で通過しただけで、マテーラにも行ったことがない。

「幸せを呼ぶ笛、ククーってなに?????」

ここからお買い物代行が始まるので、毎回いろんなことを学びます。



その昔、メンドリの形をした笛、ククーは家の中を彷徨う悪い聖霊を遠ざけるものとされ、マテーラでは大切に居間に飾られるものでした。

確かに洞窟住居で知られる町ですし、家の中、暗そうですよね。・・・・って行ったことがないので、想像ですが。

おもちゃなんてそんなになかった時代ですから、子供たちにとってククーは憧れのおもちゃでもあったそうです。

貧しい南イタリアの町では決して、全ての子供が持てるおもちゃではなかったんです。


家の魔除けとして使われた素焼きの笛ククーは、現代ではカラフルに絵付けがされたり、背中にお花や小鳥を乗せ、豊穣のシンボルとして、結婚式の当日に新郎新婦に贈られるそうです。


こういったその土地にしかないものって、大体は町のメイン通りのお土産屋さんなどで扱っていて、情報収集が難航する商品なんです。案の定、お客様からいただいたお店情報に連絡をしても回答がこない。

市の観光情報サイトで見つけたククーの制作職人さんらしき人のフェイスブックページを見つけたので、思いきって電話をしてみた。


「すみません。あの・・・・幸せを呼ぶ笛、ククーを探しているんですが・・・・。」


「はい? ええ、ククーをお探しでしたら、大正解のところにお電話いただきました。」



d0346364_00333413.jpg
写真はGeppettoさんより拝借しました。


普通、職人さんってぶっきらぼうな方やお年寄りが多いのですが、こちらの職人さんはまだ若い方で、今時のSNSアプリも対応可能。

お客様からお見積もりにGoサインいただいて、ほんの半時間ほどで、買付、集荷の手配まで完了。


マテーラにはもちろん、何人もククーを作る職人さんがいるようですが、「うちのククーです。」と送っていただいた写真を見た途端、もうピピピピピピッ!と来ちゃって、お客様にも「ここの可愛いですっ!」と力強くご提案させていただきました。


ノーベル平和賞受賞者のダライ ラマ14世がマテーラを訪れた際、こちらの職人さんのククーを吹き幸せを祈られたそうです。これは間違いなくご利益ありそうですね。



d0346364_00332774.jpg

私も近い将来マテーラに行って、ククー買って来ちゃおうぞおおおおおお!



VIA BELLA ITALIAでもククーをお取り扱いしています。

ご注文は

http://www.viabellaitalia.com/ja/home/4522-geppettocucuu-di-matera.html?live_configurator_token=03b79ce13a34a35df778b4d0115685fe&id_shop=1&id_employee=2&theme=&theme_font=font8






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-07-13 00:37 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_00313129.jpg



日本ではまだ未発売のグッチのコスメライン、とっても乙女心がくすぐられるアイテムたちです。


アイシャドーやマスカラ、リップラッカーなどのカラーセレクションが使いやすい色が多く、それでいてどこにでもありそうなというものではない。


グッチが提案するスタイルを完成させる最後の一手間の部分を担うラインなだけに、かなり考え抜かれたセレクトだと思います。


カラーセレクションもそうだけど、パッケージもまさにグッチ。

アイシャドーやチークはお粉の部分にGGが刻印されていて、使うのがもったいなくなっちゃう。



d0346364_00315551.jpg


d0346364_00320897.jpg

このマスカラの色、実はお気に入りです



実はお値段も他のファッションブランドが出しているコスメラインと比べるとお安い。

このお値段でグッチの口紅飼えちゃう?????と思うとつい、気が大きくなっちゃって、大人買いしちゃいそうな危険なアイテムたちです。


例えアイシャドー一個でも、グッチ。

こんな素敵な巾着に入っています。


お買い物は www.viabellaitalia.com

お問い合わせは info@viabellaitalia.com まで






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-06-21 00:43 | I love shopping通り | Comments(0)