カテゴリ:未分類( 24 )

ありがとうのランチ

d0346364_20081129.jpg



やっと、この週末昨年の引越の時に本当にいろいろ手伝っていただいたお友達をおうちランチにお招きできました。

100以上あったIKEAキッチンの部品の段ボール箱や袋を持て途方にくれてたときに、すぐローマから駆けつけてくれたお二人。


各引き出しは自分でも組み立てれたけど、全体を組み上げていくのは、もう全然不可能。私のキャパを超えた作業で泣けました。IKEAの組み立てサービスをやっぱり頼もうと思ったら、


「お客様、もう箱を開けて多少は組み立ています? それで私どものサービスはいたしかねます。」とか

もう無理! 木工職人に組み立てお願いしようと思ったら、どこも仕事が一杯で、1ヶ月ほど待ってくれたら・・・・なんて待てない。


台所が組み上がらないから、ガスもない。水も出ない。食器洗いはトイレの洗面所 号泣

3度の食事はまじ外食。


そんな状況で、失意のずんどこだったところに、何度もローマからやってきてキッチン組み立てを手伝っていただいたお二人に、キッチン、おかげさまで使えてます!とお披露目しないとね。


今年はお天気がどうも今イチな中、ほどよくいい天気な日曜日。

リビング前の庭も緑いっぱい。(雑草もぼうぼうだけど)


ローマ片田舎なので、日本の食材を見つけるのはちと大変なので、オールイタリアンな献立となりました。

でもバジリコを買うのを忘れて、庭の鉢植えにぼうぼうなってるシソを使って、ちょびっと和風。笑

今度のおうちのキッチンは苦労したけど、大きい(広い)ので作業も本当ににしやすく、もっとちゃんと使い回さないとな。



d0346364_20082283.jpg



注 シソはイタリアでは自生してませんよー。毎年、鉢からいつのまにか芽が出てきて、放っておいてもどんどん出て来るんでございます。

種をつける前に、作年の引越のために鉢から撤去しちゃってたので、多分今年はもう出て来ないと思っていたけど、恐るべし生命力。いつのまにやら鉢分かれして今年は4鉢、シソに占領されてます。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-06-12 20:11 | Comments(2)

d0346364_00423902.jpg



買付の仕事でときどき、ブランドや、限定もののショッパー、ショッピングバックなどを探すことがある。

以前、お探ししたのはミラノのスカラ座内ショップでの限定ショッピングバック。

オペラの演目の楽譜が素敵なデザインで印刷されたもので、さすがミラネーゼというおしゃれバックだったっけ。



まちがいなくおしゃれなブランドもの以外にも、イタリアのスーパーのショッパーがお土産や、機内手荷物をまとめるのになかなか優れものだと言う話も聞いた事がある。

ビニールを編んだ素材の物が多いので、水をはじくしかなり頑丈だし、もともとお買い物バックなので、お安い。


私がイタリアに来た頃は、まだこうしたスーパ-の頑丈ショッパーがなく、お会計時に「袋いる?」とか「袋ください。」の会話で確か、当時は50セントだった。

その後、本格的にスーパ-のビニール袋を廃止するという話になり、各スーパ-で広告もかねて様々なショッパーも販売されるようになった。

お値段は素材によって1~2ユーロあたり。


お安いし、すごい頑丈で、作年の秋の引越にはスーパーのショッパーが大活躍したのである。

段ボールより物が入るし、ハンドルがあるので、持ち運びやすいのよん。

ちなみに引越に超重宝したのはIKEAのショッパー 爆 ショルダーストラップもついてますから、えいや!と肩にしょえる。


先日、ピサーノ氏が可愛いショッパーを持っているのを見て、「あれ、それ可愛いね。」と言ったら、「じゃあ、あげる。」ともらっちゃったショッパーには大きく、ピサと書いてある。


多分、ピサの斜塔や、ドウォーモだよね? なポップなイラストもついてて、あら、ご当地ショッパーかしら?


底のマチもちゃんとしてて麻素材。便利だし可愛いかもと鉄の丘のスーパーで使おうと思ってバックから取り出して、気がついた。


ピサショッピングバックは・・・・・・・コープの袋であった。


コープは、コープでも鉄の丘のコープとはグループが違うコープ フィレンツェのショッパー。

コープ フィレンツェだけど、思いっきり「ピサ」なショッパー。


これは、これで、実はかなりすごいことだと思うけど、それにしてもローマの片田舎でピサなショッパーは浮きまくりです。


実は、あたくし、これ以外にもご当地ショッパーを持っています。

同じくローマ片田舎のオレーバノと言う町のもの。当時、その町にお住まいだったお友達からいただいちゃった「I LOVE オレーバノ」バック。


これもね、鉄の丘で、しかも日本人の私が持って歩くと、浮く浮く 笑


でも、これかなり可愛いお土産品になると思います。だってご当地限定だし、まじにMade in Italy 笑


そのうち、フィレンツェのグッチ美術館限定のショッパーと肩を並べる日が来るかも。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-04-25 00:43 | Comments(2)

d0346364_00510730.jpg



もう1冊、本が書けちゃうくらい、難航+ネタ満載な今回のお引っ越しです。


私はレベル1の引っ越しはローマから助っ人に来てくれたお友達のおかげで1ヶ月ほど前にクリアできて、現在レベル2のキッチンで難航していますが、店長はまだレベル1もクリアできていないし。


先週、もう電話かけまくって職人さんを探し、無事シンク用とコンロ用の穴があいたワークトップ。


「これで後の作業は簡単だよー。」なんて店長は言うが、やるやる詐欺なので、宛てにせずさっさと友達に組み立てをお願いしました。


一応ね、持ち主は店長なので、勝手をやって、後でブーたれられるのは、嫌なので店長も家具組み立ての腕並みに一目置いてるアントニオさんにお願いいたしましたが、アントニオは店長が大好き。

なので、お仕事は一緒に♥なので、結局ね、店長がいるときにアントニオも「行くよー♥」で、あんまりはかどらない。汗


簡単と言ったってね、イタリアですから、普段のなにげないことでさえ、難解なことになっちゃう国だもの、そんな「簡単」な訳がない。


案の上、


まず月曜日のお題は コンロとシンクをつける!だったんですが、いざやってみたら、ちゃんとカットしてもらったのに穴にコンロが入らない。


ガス管の含み分、上に上がっちゃったり、電気のコードが出ている場所が、微妙に出てたり、変な含みがあったりで、職人さんに切ってもらった穴をさらに5cmほど自分たちで切ることに。


コンロつけるーいうてるのに、誰もガス管用意してないしで、その場で買いに走ったり。


さあ、いよいよシンクですぜい!というとき。

IKEAってどんだけいけずなのか、シンクにも蛇口を通す穴が開いていなく、半月ほど前にシンクに穴をあける部品をツカ注文いたしましたが、取説を読むと「この部品を差し込む前に、まず電気ドリルで穴を開ける。」って書いてるけど、相手はステンレス。そうそう簡単に穴が開かない。


で、ここで月曜日は時間切れ。


ついで火曜日。職業訓練校にお勤めの店長、ちゃっかり実習室から電気ドリルの先っちょをお借りして来ちゃったり。

さすがに今回はステンレスのシンクにも穴が開き、まずは配管をつけ・・・・・ようとしたら、なんと!配水管が、ちゃんとハマってなくって、店長が、なにこれ?ってひいたら、するーっと配管が抜けちゃって、本管につなぐのに四苦八苦。

配水管もなんとかつないだ! いよいよ蛇口の取り水管を水道管につなごうとしたら・・・・・・・・。


IKEAよ、どーしてこんなに管が短いのよ。後ちょっとなのに、水道管まで長さが足りない。

ここでね、火曜日も時間切れ。


今日、水曜日は、店長が取り水管を買い足して、取り付けてくれることにはなっているんですけど、完成まではまだまだ遠いです。涙


昨日は、いよいよ夕食は、簡単なスープなんかは暖められると思って、オフィスに置いてあったMy鍋を自宅に持ち帰っていたのに、結局シンクが完成しなかったので、洗い物ができないので、記念すべき新居での初お料理は、カップヌードルのお湯を湧かすでした。汗

それでも、月曜日にコンロの火がついたときは、泣けました。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-11-23 00:55 | Comments(0)

たかがビデ されどビデ

d0346364_03374560.jpg

写真はIKEAさんから。
このセットを、先日組み立てました!
私のバスルームの壁は、明るい色に塗る予定でーす。


「ビデがないって、普通じゃないよ! 女の子なんだからさ、Dignitoso(尊厳ある)なバスルームを持つべきでしょ?」


とは、新しいおうちの初見後に離れて暮らしているピサーノくんに、自分がどんな家に引っ越そうとしているのかを見てもらおうと撮影してきた写真を送ったときに勃発した名付けて「ビデ獲得戦」の開幕の一言である。


だいたいおうちの初見のときって、興奮と緊張で結構、いろいろ見逃すことも多い。

見る前に絶対、これだけは外せないという条件であったプライベートバスルームがあるか? 寝室は? 暖房はどうなのか?の方が最優先になっちゃってて、その存在を確認しただけで、ほっとしちゃっていたというのはある。


「今住んでいるおうちより、ずっと広いの。お庭もあるんだよ! 小さいけどプライベートのバスルームもあるの。」と送ったバスルームの写真にビデがないこと、壁のタイルに大きな傷があることを彼はすぐ気がついた。


私が日本を出た17年前までは、一般家庭にウォッシュレットがある事自体珍しかったし、ビデの存在は大学生のときにイギリス留学したときに初めて知ったくらいで、それほど身近な生活アイテムではないというのはある。

イタリアのおうちには確かにビデは、今までは必ずついていたけど、正直、毎日使うものでもなかったので、完璧にスルーしてました。


あれば、あったで使うけど、なければないで大した困るものでもないでしょ?


なんて言っちゃったもんだから、ビデ獲得戦勃発です。


「それでなくとも、君、最近さ、更年期障害で婦人科にかかる事も多いし! ビデでちゃんと洗わない女なんて、そんな不衛生な女とは一緒にいれないじゃないか!」


「ビデが必要ない。なんて、もう別れるよ!」


ええええええええええ??????? !!!!!!!!!!!


ビデごときで別れ話って、笑えないって。


ビデ本体は日曜大工のホームセンターなどで5000円くらいで売っているらしいが、取り付けるには給水管と配水管をつける必要がある。

賃貸のおうちなので壁に穴を開けての配管工事というのは大事である。


「私のお父さん、配管工だから、大丈夫よ!」とは新しいおうちの大家さん。見ていただいたが、バスルームの壁の向こうは寝室で壁に穴を開けて配管するのは・・・・・無理っしょ。


じゃあ、簡易ビデのシャワーをつけましょう!というご提案をいただいたが、ピサーノくんが言いたい、「女の子らしい、Dignitoso(尊厳ある)なバスルーム」とはちょっと趣きが違う。


じゃあ、簡易、なんちゃってウォッシュレットの便座をつけようと店長の提案。


「ウォッシュレットの国から来たミカのバスルームだもん!」


お値段的にも大家さんからもOKが出た。(将来お引っ越しする際に持っていくわけにも行かない家の備品なので、大家さん負担)


早速、なんちゃってウォッシュレットを作っているドイツの会社から取り寄せをし、大家さん父に取り付けを頼む。


が・・・・・ドイツの会社が想定したのとは違うイタリアンなクリエィティブなトイレ周りの配管では給水チューブの長さが足りない上に、もう1本お湯用のチューブが必要らしい。


早速大家さんが「代わりに使えるチューブ」を買いに行くも・・・・・太さが違うし。


ここで店長、またもやドイツの会社にコンタクトをし、来週頭にはオンラインで必要部品を購入できるようにしますというお返事をいただいた。(さすがドイツ)


で、週明けすぐ、部品がオンラインショップにアップした途端に購入。途中、イタリア税関が通関に時間をかけちゃったけど、それでも、オーダーして4日で商品が届き、配管工さんを呼んで取り付けてもらう手はずを整える。


「・・・・・・・・このチューブ、長さ、めっちゃ短いんっすけど。」


この日は朝からガス点検、オーブン修理、暖房機もチェックとさあ、ビデもやりまっせーと意欲満々だった配管工さんが2本のめっちゃ長さが違うチューブを前に途方にくれた。


最初のキット箱に入っていたのは長さ3mほど。新しくオーダーしたチューブはその半分ほどの長さである。


「・・・・・・・これオーダーするのに、俺、またドイツからの配送料払ったんだけど、使えないじゃん。」


どうやら部品のお値段よりドイツ-イタリア間の配送料の方が高かったらしい。


というわけで、ビデ獲得戦が勃発してから1ヶ月半、いや、もうすぐ2ヶ月になる私のバスルームのなんちゃってウォッシュレットはただの飾り物である。


ピサーノくんが言う「Dignitoso(尊厳ある)なバスルーム」を実現すべく、スペースは賃貸だからどうしようもないので、実は、傷んだタイルを全面新しくペンキを塗ろうと考えている。配管工でもなく、建築家でもないグラフィックデザイナーの私ができることはこれくらいである。

せめて見た目ね、清潔にしたい訳で。


なんちゃってウォッシュレットを取り付けてから、タイル全面をしっかり洗浄し、穴もふさいでペンキを塗る予定なんであるが、もともとタイルってあまりペンキが乗りにくい素材である。

タイル用のペンキにも、まず1回目に塗る作業を終えてから6時間後に2回目の作業を行い、完璧に乾くにはそれから72時間待つ事。

さらに水、洗剤などを使用するのには15日ほど完璧に下までペンキが乾くのを待つべし。と書いてあるのだ。


ということは・・・・・・・・・私の「Dignitoso(尊厳ある)なバスルーム」は、軽く見積もっても11月下旬にならないと実現しないということであるが、なにせ、チューブ問題もまだ見通しが経たない今。

サンタさんにクリスマスプレゼントとしてお願いするしかなさそうである。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-10-26 03:41 | Comments(0)

新入社員はAI

d0346364_19590165.jpg



新入社員はAIとお題を書いておいてアニマルセラピー部、カルロ部長はないだろう?と思ったでしょ?

とある事情で、写真は出せないんですよ。

新入りくんはお掃除ロボットのルンバくん。

店長のなにかのポイントが溜まったらしく、ルンバくんと交換したんです。が、これ奥さんには内緒なの。

なので、写真はマル秘です。

店長、全然事務所のお掃除に協力してくれないと、いつも嘆いていたので、その罪滅ぼしでしょうか? ルンバくん採用です。


イタリアってオフィスの清掃って本当に、みなさん人任せ。お掃除婦を雇っているところがほとんど。

日本ってこういうところが仕事に対しての精神面でのーとか哲学が入っちゃって、社員一同で朝からお掃除というところ多いですよね?

イタリア、ありえないです。こんなところで哲学は語らない。

ローマの広告代理店で働いていたとき、社長がお掃除婦にお給料延滞して、1ヶ月ほど事務所のお掃除をしてもらえなかったとき、従業員に自主的に掃除してもいいだろう?なことを言った日には、デザイナー一同、ちゃぶ台、いやMacひっくり返しそうなくらい怒りました。


「あたしゃー 掃除するために大学出てないぞっ!!!!!」とみんなの言葉に驚いた日本人でございました。


えぇえええええええええ、あたしも大学出てるけど、だからといって掃除はしてもいいけど。。。。。


でも、やっぱり、毎朝、一人で掃除するのはむかついていたところでございました。

まあね、事務所の汚れのほとんどはカルロ部長のせいです。最近は毛代わりの季節も始まっちゃったし。


がっ!!!! カルロ部長、ルンバが怖いので、カルロ部長の出勤前の午前中をルンバの勤務時間といたしましたが、ルンバくん、頭いいけど、結構手がかかります。なんかもう1匹、カルロがいる感じです。


ウィイイイイイン ウィイイイイイイインと軽快に事務所をお掃除中に、ときどき、


うぃいいいいいいいいい、うぃいいいいいいいい、ゴン ゴン ゴン!


電気コードにひっかかって家具の下から出て来れなくなってたり、トイレの床掃除中にドアを触っちゃったんだろうな、ドアが閉まっちゃって、トイレの中で悲しげにウィイイイイイン ウィイイイイインしていたり。


ときどき会議室の椅子の位置が変わっちゃうと、彼の中での事務所内の配置図がわからなくなっちゃうのか、同じところずっと掃除してるな・・・・・・と思っていたら、ピーピロリーンと充電切れのお知らせ。


本来は充電がなくなりかけたら、自力でホームに戻るはずのルンバくん。

入社1週間で、何度充電切れでどこかで死んでるルンバくん、救出作戦が出動されたか・・・・・・。

「ルンバ????? どこ??????」と呼んだって応えないんですけど、家具の下とか探しまくります。


この点はまだカルロの方が家具の下に入っちゃったおもちゃとか「どこにやったの?」と聞くと、ちゃんとその場所の前に行って、この下ですううううううと悲しげに私を見つめて教えてくれます。




d0346364_20392755.jpg


いよいよ明後日の深夜までです!

この機会をお見逃しなく!

お買い物はVIA BELLA ITALIAへ






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-03-31 20:03 | Comments(0)

ELISABETTA FRANCHI

d0346364_20331697.jpg



先日のお買い物代行はエリザベッタ フランキ。春の若草のような爽やかなアクアグリーンのドレス。

ボローニャ発のイタリアンブランドです。


が・・・・・知りませんでした。汗。 日本のお客様の方が本当に情報通です。


早速オフィシャルサイトを見て、どんなラインを出しているのか見てみましたが、ちょっと個人的にヒットいたしました。


ローマにもブティックがありますが、ローマの女性の好みのタイプとはちょっと違うような気がします。

イタリアはもともとは小国が、いきなり150年前に統一した国なので、一つの国と思うには無理があるくらい、国民自体の好みも北と南ではかなり違います。


ローマだと、特に夏は「見せてなんぼ」な露出がかなり激しい服が街のショーウィンドーを飾りますが、以前フィレンツェに行ったときに、ローマにもブティックがある同じブランドでも扱う服のラインやカラーのセレクトが違うのにびっくりしたことがあります。


そうなんです。フィレンツェのブティックで気にいったものがあり、試着する時間がなかったので、まあ、いいや、ローマに帰ってからゆっくり見に行こうと思ったのに、ローマ店では扱わなかったりということが結構あります。

最近はこういう部分を各ブランドのオンラインショップが上手くカバーしてくれますが、残念ながら全てのデザインがオンラインショップにアップされるわけではありません。サイズも日本のお客様に人気のサイズはイタリア市場では需要が少ないので、ブティックのみでの扱いということも多いです。


最初の1着はすでに日本へ向けて配送中ですが、入荷をお待ちいただいてるもう1着。北の方のお店にも在庫確認した方がいいかも・・・・・・・。




d0346364_20392755.jpg


3月15日より4月2日の24時まで、進学、就職で4月から新しい生活を始める方応援セール実施中です!

登録いただいている日本のお客様がログインした状態でだけ、特別割引価格が見えるようになっていまーす!!!


お買い物はVIA BELLAITALIA.COMへ










最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-03-22 20:35 | Comments(0)

d0346364_21164013.jpg



「これね、ミカのイメージでアレンジしてみました。」と友達カップルからいただいたお誕生日プレゼントはO bag(オーバック)のポシェット。


「まじめな日本人ということで、ボディーをブルーで、いつも元気だからショルダーをビタミンカラーのオレンジで、中のインナーバックをね、ミカ・・・・動く漫画キャラだからこれ。」


ここ数年イタリア人女性に大人気のO bagはバック本体にハンドルや、中のインナーポケットや、ふちの飾りなどなど自分流にアレンジできるのが人気の秘訣です。


みんなと同じじゃ嫌、個性的でありたいというイタリア人のを上手くキャッチした商品です。

最初はハンドルが数種類しかなかったので、あまり惹かれなかったのですが、いつのまにやらハンドルに飾るポンポンやプチ時計やキーホルダーも充実しちゃってて、カラフルなバックたちが飾られているブティックはとってもそそられちゃいます。


しかも一度基本のバックを作っちゃうと、季節で衣替え変えが出来ちゃうのも素敵。

容量があるバックは夏場はビーチに持ってゆくのに、海仕様にして、冬にはバックのふちにウールのリボンを巻いたり、ふわっふわの毛皮をかけたり。


昨今はこんな風にお友達へのプレゼントにアレンジするのも流行っているそうです。


動く漫画と呼ばれちゃいましたが、たまにはセクシーミカもしますので、今度、チェーンショルダーも買い足そうと思います。いろんなシーンで使えそうですもん。


早速週末のショーウィンドウショッピングにブティックに入って、ちょっとチェーンショルダーを物色してきましたが、その横に春仕様のジーンズハンドルとジーンズのインナーポケットをアレンジしたO bagを発見しちゃって、現在、通勤バックに買っちゃおうか悶々中です。


大きさも通勤にも便利な容量ありなトートーからA4サイズのちょっと小さめのミニ、ポシェットや メッセンジャーやリュックなどなどいろいろあり、一杯着せ替えが楽しめそうで、ちょっと危険ですね 笑


VIA BELLA ITALIAでもいろいろ商品をアップいたしました。お買い物はこちら







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-03-06 21:19 | Comments(0)

d0346364_21453114.jpg



私は食いしん坊です。

美味しいものが食べたい。

基本的に食は人生を彩る大切なエッセンスだと思っている。


美味しいものを食べたときの、うまああああああっ!!!とか、ワインの良い香りを味わったときの感動とか共有できるパートナーがいたら最高だ。


せっかく美味しい食事を作ろうと何時間もかけて調理しても、忙しくってなかなかテーブルについてくれないとか、出来たよー!!! 冷めちゃうから早くテーブルについて!って声かけるのが実は嫌いだ。


料理を作ることって、愛なんだもん。美味しいものを食べさせて上げたい。

美味しいという瞬間を共有したいという思いから発生している行為だから、それをわざわざ、冷めるから、早くテーブルについて!って言うまで、状況に気がついてくれないって、それっていわゆる片思いのときと同じな状況じゃありません?

私の思いへのリスペクトを、これじゃあ感じれない。って、まあ、だいたいはそんなもんですけどね。


だから、男性から「お料理作ろうよ」と言われるのがめちゃめちゃ好きである。

一緒に食材買い出しに行って、素材を吟味して、一緒にキッチンに立って調理をする。

イタリア男子、中にはお料理自慢の強者がいます。俺の手料理ごちそうする!とかご招待を受けるより、一緒に作る方が好き。


今回は彼自慢のラグー。

日本でミートソースと呼ばれているものですね。

イタリア歴も長くなり、私のラグーだって結構美味しくできるようになったけど、やっぱりどこかひと味が違う。

一緒にキッチンに立って、一手間一手間の手順を見ていると、やっぱり美味しく仕上げるコツというか小さなテクニックを発見することも多い。


4時間ことこと弱火で煮込んだラグーは、本当にイタリア歴17年の中で一番美味しいラグー。

そんじょ、そこらのレストランよりも、今まで私の中で一番だったレティツィアのお母さんのラグーも超えた。しっかり味があるのに、重たくないラグー。


お料理上手の彼の師匠はもちろん彼のお母さんである。

美食の国イタリア、本当に美味しいものは家庭の食卓にある。かも。


ラグーを煮込んでいる間に、もう1品、先日のあまりもので手際良く、セコンド料理を作り上げた彼を、もう師匠と呼ぶしかない。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-02-07 21:46 | Comments(0)

d0346364_20282785.jpg


日本人は割と行列に並ぶのは嫌がらないよね。

もちろん、長蛇の列に並ぶのは日本人だって嫌だけど、マナーという観点ではちゃんと並ぶ民族だと思います。

大昔にイギリスに行ったときに、紳士淑女の国ですから、行列を守るのはエチケットですので、くれぐれも無粋なことはしないようにと言われたことがありましたっけ。


イタリアも、一応・・・・・紳士淑女はいるはずですが、ここローマあたりは人間というより獣、動物園化しているので (笑 列はあまり守られません。


俺様と女性の場合は、レディーファーストでしょーに!とマナーより自己主張の方が強くなります。

スーパ-のお会計の列でも、後ろからどんどん、肉厚のマンマたちが「私、急いでるから!」「これだけだから、前入っていいわよね?」と言って入ってきます。昔はあっけに取られているうちにするっと入られちゃうことがあったけど、最近は後から横入りをする人を威圧するテクニックにも長けちゃいました。

お肉屋さんとかパンやチーズを売るお店とか、郵便局や移民局とか、人が集中する場所では行列しないイタリア人たちが先を奪い合う喧嘩をしないように、番号札をまず取ってから、それぞれ好きなところで待機せいっ!という方式が取られます。


番号札を取って、タバコを吸いに行っちゃたり、他の買い物しているうちに自分の番が来ちゃったことに気がつかずに、後から、私の順番飛ばされたわ!とか言いながら刺さり込まれる事態はよく発生するけど。

グループで動くことができないイタリア人にとってはじっと行列をするよりは性に合うのだろう。


さて、先日行ったプラダさんのアウトレットも番号札があります。

お店に入るとドアマンの黒服さんが番号札をくれます。

プラダで番号札?????って、やだー肉屋じゃないでしょ?と思いましたが、どうやらお店の中で陳列されている商品をそのままもってお会計に行くのではなく、欲しい商品と自分の番号を店員さんに伝え、お会計のところで番号を見せると、店内でオーダーしたものが倉庫から用意されているというシステムだそうです。


まあ確かに、他のお客様が手に取って、傷が付いちゃったり手あかや指紋が付いてる店頭商品より、倉庫からパッケージングされたままの新品を買いたいよね。


前回、アウトレット店に行ったとき、私たちの前を歩いていた中国人カップルが、お店の入り口前の機械の前で立ち止まり、なにか紙を抜き取っている。

え? まさか番号札じゃないよね? ここはプラダだし、肉屋とは違うでしょーとするっと入店して黒服さんを探す。

いつもならドアの前に仁王立ちの黒服さんが、いない。


黒服さーん!!!!とドアのところで足止めになっている私は、必死に遠くの店員さんに黒服をよこせーと視線を送る。


ゆーっくりと近づいて来た店員さん。入店したのに、ドアのところで立ち往生している私の行動がわからないらしい。


「あのー番号札ください。」


「入り口横に自動発券機ありますから。」





........プラダさん、肉屋さん化してました。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-11-25 20:29 | Comments(0)

d0346364_18492609.jpg



16世紀から1世紀半を費やして作られた城壁が完璧な形で残るルッカ。

19世紀にさらに城壁の上を遊歩道に整備したそうで、町の人たちが思い思いにお散歩を楽しんでいました。ぐるっと4キロちょっとの城壁を1周して、旧市街に入り、まず最初に訪れたのはサン マルティーノ大聖堂(ルッカ大聖堂)

ファザードの装飾がすごい細かい。


上を見上げて、ほえーとやっていて石段につまずきそうになりましたが、これはまだカテドラル(大聖堂)でドゥオーモじゃないから。と。


このサン マルティーノ大聖堂には15世紀の大理石の彫刻の大傑作、ヤコボ・デッラ・クエルチャによる石棺の上に設置されたイラリア デル カレットの彫像があります。

大理石で作られていますが、見事に当時の服装や髪の装飾などを再現しています。当時のルッカの統治者だったパオロ ギニージに依頼された彼の若い妻の墓碑、依頼されたのが1406年で完成は1408年。奥様亡くなられた当時、まだ25歳だったそうです。彼女の足元には貞節のシンボルのワンちゃんがつけられています。

実際は石棺の中には彼女の遺体はないそうです。お二人の結婚式を上げたこの大聖堂にどうしても設置しかったという依頼主のパオロ ギニージ。なんか中世ロマンス053.gifじゃありませんか!!!!

結構筋肉質なワンちゃん、我が愛犬カルロに想いを馳せました。

うちのカルロくん、ヤキモチ焼きですから、彼も こうやっていつも足元で寝ています。


d0346364_18494635.jpg

画像はウィキペディアら拝借させていただきました。










[PR]
by viabellaitalia | 2016-09-01 18:56 | Comments(0)