d0346364_19303192.jpg





「ぼくたち、トスカーノ(トスカーナの男性)は、女をくどくときに料理を振る舞うんだよ。」


いやいや、トスカーナ人だけじゃないよー。 それ、私の元同僚のカンパーニャの男の子もやってたし。

ローマ人の友達もお料理男子は女を胃袋からくどく 笑


日本でも「男は胃袋から掴め」と申しますが、イタリアも「アモーレは喉から掴め」と言います。

喉って別に首を締めろっていってるんじゃないよー。日本の胃袋がイタリアでは、どうやら食道(喉)らしいです。



日本と比べるとイタリア人男性はお料理が好き、得意という人の確率が割に高いかもしれません。

もちろん、マンマの国ですから、マンマがすべてやってくれる、上げ膳据え膳のままずっと生きて来た人も多いので、お料理が全然だめという人も多い。

出来る人と出来ない人両極端で、間が少ないかも。


だいたいはお料理を一生懸命作ってくれるマンマの背中を見て育った(笑)ので、見よう見まねで、実は手打ちパスタも打ちますという人も多い。


我がピサーノ氏もお料理が得意である。しかも、彼のすごいところはお料理をすることが苦にならない。

私は、週中は仕事に没頭すると3度のご飯を作るのは非常に苦である。できればお昼なんかは外でさっさと食べて済ませたい。

彼はどんなに仕事をハードにこなしても、早めに帰った日はキッチンに立ち、数日分のおかずを作りおきまでする。

しかも、煮込み時間などを使って他の家事をこなすとか、主婦力は普通のイタリア人女性よりあるかもしれない。


先日の祝日もあまりお天気も良さそうじゃないし、どうしようか?と話していたら、じゃあさ、友達呼んでうちでランチしようよ。


で、こういう場合、お料理番は彼である。

しかも、友達の友達も呼んじゃえーと実はかなり無理矢理にご招待 笑

「美味しいトスカーナランチ、振る舞うぜい!」と力が入る お料理長ピサーノ氏。

ワインもトスカーナ、オイルもわざわざトスカーナのものを探しちゃう力の入れよう。

ここローマのパン屋で「トスカーナパンある?」と聞ける奴は、そうそういないだろう。

なにせね、ローマ郊外のこのあたり、実は有名な美味しいパンの産地なんである。

果ては、お水まで「これこれ! ピサの水!」とスーパ-でわざわざピサ県のミネラルウォーターを選んでしまうこだわりよう。




d0346364_19303844.jpg

d0346364_19304382.jpg


私があれこれ、家の片付けをしている間に、料理長は調理の合間に自分でちゃっちゃとテーブルを設えて行く。

盛りつけもね、彼の方が上手でございます。


こんなんで、最近はローマの片田舎の我が家で、ときどきトスカーナランチやディナーが出ることがございます。


いや、ほんと、パートナーが凄腕お料理男子だと、女の私が苦戦していますが、まわりを見回すとだいたいはお料理男子の彼女さんは、「お料理まるきしだめです!」派です。

ってか、きっとこれは知能犯ということでしょう。

誉めて持ち上げて、ずっと料理を作らせる。

上手いなイタリア人女性。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
# by viabellaitalia | 2018-05-21 19:32 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_18281570.jpg





去年のことです。

車が好きな店長が、「うちにしか提案ができないブランドだ!」とマセラーティのしかも腕時計を押してきたとき、正直なところ、?????でございました。


マセラーティと言えば、高級スポーツカーメーカー。

スポーツカー、スーパーカーとしてフェラーリやランボルギーニが日本では親しまれていますが、マセラーティは「大人のスポーツカー」って呼べるかも。

フェラーリやランボルギーニは、飛ばしやの若造が好むとんがった感じがするけど、マセラーティはどこか、昔はやんちゃだった大人の男性がちょっとアクセル踏んじゃったら、すごいよ。みたいな。。。。


どういう説明でしょう?と思うけど、私にはそんな風に見えるんである。


マセラーティの車体はかなり低めで、とてもきれいな流線型のフォームがスポーツカーには間違いないんですが、上品というか、クラスを感じちゃう。


そのマセラーティから腕時計のコレクションが出ているとは知らなかったけど、これがまたデザインがかっこいい。

車と同じ哲学、美意識がまったく同じ。


昨今は高級スポーツカーメーカーも、ライフスタイルのアイテムを多少展開しているけど、造りが本気で全然、ひとまず路線ではなく、本気にマセラーティのスタイルを作り上げている。

マセラーティスタイル、メイドインイタリーのすごさを感じさせるアイテム、確かに、車以外ではあまり日本にはまだ紹介されていないかもしれないね。


と店長の一押しモデルをどんどん提案してもらったんですが、これが見事に日本のお客様のをキャッチしたよう、当店の主力アイテムになりつつあります。


今回はレディースの腕時計。

細かいところまでデザインがこだわっていて、それでいてしっとりと上品にまとめてます。

マセラーティ、すごいな・・・・・・とため息がでちゃう美しいという形容詞がぴったりの腕時計です。





d0346364_18273759.jpg




今回、おニューのNote8で写真を撮影してみましたが、Note4もすごかったけど、いや、もう素晴らしいとしかいいようがない再現力です。スマホのカメラ機能、侮れません。


d0346364_18291127.jpg

こちらはNote4










最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
# by viabellaitalia | 2018-05-17 18:31 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_00442923.jpg




仕事上、Mac使いです。

もうマッキントッシュとは25年もおつきあいしてますが、コンピューター機器、周辺機器関係はめっちゃくちゃ弱い私でございます。


そのくせ、なぜか携帯はIPhoneを使ったことがありません。 

IPhoneが唯一の多言語標準装備の頃は、イタリアに暮らす日本人としては日本語が簡単に打てる携帯だったので、ずっと欲しかったんですが、携帯がスマートフォンに移行し始めた時期にGoogleフォンを使い、アンドロイドに慣れちゃって、そのうち日本語も簡単に打てるようになっちゃったら、今更違うOSを使うのが面倒。


しかし・・・・機械音痴のあたくしが新しい携帯に変えるとね、その度にいろいろデーターを失くしちゃったりするわけで、データーのお引越や転送が怖くて仕方がない。


そんな機械音痴用に携帯もどんどん進化しているのだろう、今回のNote8には転送用のUSBがついていたり、「古い携帯から新しい携帯へのデーターのお引越の仕方」なんてマニュアルも入っていた。


機械音痴なら、機械音痴らしくシンプルな携帯を使うべきなんだろうけど、私にとっては今では仕事の相棒とも呼べるアイテムなので、今回も迷わずNote8へ移行を決めたけど、まずますパソコンチックになっちゃってて、開けるのさえ怖い。


勇気を振り絞って、データーのお引越をしようと思ってSIMカードスロットを開けたら・・・・・・あり?


・・・・・・・・・・・・・新しいNote8くんにはナノSIMが必要だと。。。。。。。


何年もお世話になった古女房Note4様はミクロSIM。。。。。


思いっきり出鼻をくじかれ、振り出しに戻る。まずはナノSIMを探せ作戦からと相成りましたが、ここはイタリア。


これを機会に携帯の契約会社も変えようと思い、そんな携帯会社乗り換え超お得プランがあるW〇〇Dにしようと、まずはお店に行く前に、前もって前情報を取ろうとホームページに行って見たら、なんと乗り換えお得プランが、オンラインで申請するとさらにお得と。

しかも、オンラインだけの特別割り引きだと。


こ、これは、もうオンラインでやってしまいましょう。

なんてたってお店に行ったって、すっごく待たされて対応悪いし。

と大喜びで「いますぐオンライン申請!」のボタンを押すも・・・・・・・次のページが表示されない。


ネット回線が遅いのか?

いや? 回線違いでも試した。

ブラウザが古いとか?

と言う訳でパソコンよりは新しいNote4から申請しようとしてもだめ。


結局、ファイスブックのメッセンジャーでサイト動かへんでえええええええ!!!!とクレーム出す事2日。

先方からは、ただ、後で時間ずらして試せとしかお返事が来ないので、数打ちゃ当たる形式で朝からずっと何度も何度も試していたとき、ふと次のページが表示された拍子に大急ぎで申請。

週末を挟んでやっとナノSIMが届いたので、新しい携帯のセットアップをしたけどね、まだ新しいナノSIMは電話番号が反映されていないので、電話としては機能しないんですぅううううううう。


新しいSIMに電話番号が反映されるまで数日かかるそうで、それまでは新旧2台携帯持ち歩き必須です。


ここ2年ほど充電関係で問題発生していた古女房Note4様から新機種切り替え、待ちに待ったことだったんですが、すでにくじけそうです。

ひとまず、今日はスポーティファイのスピーカーとして使ってます。(こんなんでいいのか?)








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
# by viabellaitalia | 2018-05-15 00:45 | イタリア広場 | Comments(0)

d0346364_20142981.jpg




ちょっと時間経っちゃいましたが、メーデーの日のお話です。


日本にいた頃、メーデーはまじめに労働組合のメーデー集会に参加。ほぼ義務。参加したくないなら働け!という感じでございましたので、せめてお休みの雰因気を味わうために、集会に参加しておりました。まあ、お祭りって感じで集会の後は、全社員でボーリング大会だし。


イタリアは、労働組合の力がめっちゃ強い、いや強すぎる国ですが、周りを見回しても「集会参加だぜい!!!!」って聞かない・・・・・・・。

政治家さんたちはそれぞれ集会やってるようですが、一般イタリア人にとってメーデーはただのお休み。

いいな、この力の抜け具合。


一応ローマでは毎年、サンジョバンニ イン ラテラーノ大聖堂前で年に一度のメーデーロックコンサートが開かれます。

すごいよ。ただの教会ではない、大聖堂の前で一日ロックコンサート。

よく、教会側が場所提供するなーって感心しちゃいますほど、毎年後にはゴミの山。

しかもロックコンサートですから、ミュージシャンもやさくれてる人もいます。今年はどうやら、ステージの上でズボン下げちゃった人もいたようです。公共わいせつ罪でお縄にならなかったのかしら?


近くに住んでいたときはコンサートの混乱を避けるために、道路封鎖が始まる前に早起きして車で脱出して、かといってコンサートは深夜に終わるので、怖々夕方家に帰ってくるという感じでした。

一度は酔っぱらい集団に車を囲まれちゃって、車体を揺すられたりとか、ときどきコンサートのお客さんたちが暴徒化しちゃうので、あんまりありがたくないメーデーコンサート。


そう、ローマではコンサートに行かない人たちは近場の公園や郊外へピクニックに行くのが正しいメーデーの過ごし方らしいです。笑


ピクニックのお弁当は旬もののファーヴェと呼ばれるソラマメとペコリーノチーズ。

イタリア人、この食べ合わせ好きですが、チーズがそれほど好きじゃない私には、全然魅力的じゃない。

みんなはソラマメの苦みとチーズが合うというけど、食指が全然動きません。


ローマの広告代理店で働いていた頃、イタリア人の同僚がお弁当に、ソラマメとペコリーノチーズとパンを持参してきて、このアイデアはまったく思いも寄らなかったので、びっくりしたことがあります。


食べた事がないと言う私にお味見でちょっといただきましたが、うーん・・・・別におかわりはしたくない。


ソラマメは蕎麦のように強いアレルギー反応が出るものらしく、家に帰ってから元彼に「初めて食べた」と言って、初めて食べる前にアレルギーあるのかどうか、ちゃんと知っていなさい!と怒られたのも覚えてます。


幸いにも私はソラマメにアレルギーなかったようですが、最近この時期になるとスーパ-の入り口付近に「注意、生ソラマメを販売しています。」という張り紙を見かけることが多くなったので、アレルギーの方もきっと多いんだろうな。


ちなみに、我が家は今年はピクニックではなく、おうちにお友達を呼んでのトスカーナランチになりました。笑

全然季節外してるし。









最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
# by viabellaitalia | 2018-05-11 20:16 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_01074115.jpg



今でも彼の曲を初めて聞いたときのことを覚えている。

いつものごとくソファーでうたた寝中、テレビから素晴らしいピアノの曲が聞こえてきて目が覚めた。

とても優しい旋律のピアノ曲なのに、心の底からなにかを感じて鳥肌が立ったのを覚えている。

演奏が終わり司会者の質問に答える彼は、今演奏が終わったばかりの曲のように優しそうで、ナイーブに見え、でも心の芯を揺さぶる演奏の中では見えた、なにか大きな強さは特別見受けられなかった。そのギャップが反対にとても興味を惹かれた。


テレビ番組は当時、私が勤めていたローマの広告代理店が入っていたテレビ番組撮影所の中に制作会社があり、きっと収録も同じ建物の中のスタジオのどこかだろう。

多分距離にしたら、100mか200m。こんな近くにこんな素晴らしい演奏をする人がいたんだ!と思わず、彼の演奏にどれだけ感動したか、めっちゃたどたどしかっただろうけどイタリア語でメールを書いた。


多分・・・・・もう12、3年くらい前のことだ。

テレビに出るくらい有名な人なんだろうから、お返事なんか全然期待していなかったのに、新進のコンポーザーでジャズピアニストだった彼は几帳面にもお返事をくれた。


その後、彼の作る曲はどれもヒットして、有名ブランドのコマーシャルソングにも適用されて、まさに一躍スターピアニストに駆け上がった彼、ジョバンニ アレッヴィ。


優しく、だけどどこか激情にも似た強さ、しなやかさがある彼の曲は、イタリアカオス暮らしの私をいつも力づけてくれ、寄り添ってくれた。

私の父が亡くなったときも、彼が送ってくれた言葉にどんなに支えられただろう。


とても不安症でパニック症候群だとか言うほど繊細な彼自身、彼の音楽はそんな暗闇から彼を救う光なのだそうで、本当に、彼の音楽にはそんな不思議な癒しの力がある。


彼の音楽に、言葉に勇気をもらってばかりなので、お誕生日にと彼の似顔絵を描いたのは、これも随分前。

7年ほど前のローマでのコンサートに行こうと、彼にコンサート会場で会おうねと言ってあったのに、2日前の夜に私は鉄の丘の病院に人生初の緊急入院となり、ドタキャンな上に突然過ぎて彼にも行けないとメールを各事さえできなかった。後からあのコンサートに言った日本人の方から、彼が会場に友達が来てるとステージから言っていたと聞いて、自分の不運さに地団駄を踏んだ。


それからも人生紆余曲折でいつまで経っても、なぜか彼のコンサートに行けない。

そんないつもの昨日の朝、夕方にローマの中央駅の本屋さんで彼の最新本の宣伝発表会のお知らせメールを発見した。


発表会は夕方の5時。

コンサートなんかだと郊外に住む私は帰宅が難しいので、つい足が遠のいてしまうけど、夕方の5時。

仕事だって、なにがなんでも今日中に仕上げなくてはいけないものはない。


こ、これは???? このチャンスはもう逃せない!

お昼でMacの電源を切り、ローマへの電車に飛び乗った。

ひとまず、ずっと彼に渡したかったあのお誕生日プレゼントに描いたイラストを大きく印刷したものを持ったけど、まあね、手渡しは無理だろうから、イベントのスタッフさんに渡せばいい。


「あの・・・・これ、ジョバンニに渡していただけますか? ミカからって言っていただければきっとわかると思うので。日本人の友達のミカって言っていただければ。」ってちょっと厚かましいかなとは思うけど、ここまで来たのだから、やっぱりこのイラストは彼に渡って欲しいので、必死。笑


「本当に友達なら、彼も気づくでしょ? ここから入場するからそのときに渡したら? ほんと、みんな友達って言うのよね。」


やっぱりね、鼻で笑われちゃいましたが、意外にもあっさりとこれが手渡しできちゃいまして、私もびっくり。


こんなに長いおつきあいですが、実はお互い初めて会うので、わかんないだろうし、こんなに有名でファンだって一杯いる人で、そのうちのほんの一人に過ぎない私ですし、きっと覚えてないだろうなと思いつつ「チャオ、 ジョバンニ。ミカです。」と言ったら、「ええええ! ミカなの? ええええええ!!! やっと会えたね!!! うわー!!! 抱きしめてもいい?」


初顔合わせなのに、まるで再会。もう感無量です。


目の前にいる(昨日なので居たですね)のジョバンニは、思っていた通り、辛いときにメールで励ましてくれたあの言葉通りの人でした。


昔、父が「イタリアで暮らすのって大変そうだし、なかなか思うようにことが運ばないようだけど、あの子は不思議なことに良い友達に巡り会う運があるよな。イタリアでも友達たちがあの子を助けてくれてる。男運は今イチだけど友情に関しては強運だよな。」


って、一言多いんですけど、父の言う通り、ジョバンニとの出逢いも強運って言える! 言っちゃう!







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
# by viabellaitalia | 2018-05-11 01:09 | イタリア広場 | Comments(0)