2018年 03月 17日 ( 1 )

ブルネレスキ通り

d0346364_01321743.jpg




パッパ アル ポモドーロの記事でも書きましたが、某大手日系旅行代理店の出張後に突然の解雇以来、まったくもってトスカーナに縁がなくなったあたくしですが、10数年の時を経て突如トスカーナが私の人生でチカチカとネオンを輝かせたのは約2年前。


その年は、いきおいトスカーナでの買付の仕事も入り、プライベートにビジネスにとトスカーナ往復。

新しい目でトスカーナを見たら、食べ物は美味しいし、ワインも美味しいし、人もローマほど野蛮でなく(笑

学校や医療サービスもしっかりしてて、なんだかとっても住みやすそう。

もうこのまま、将来はトスカーナに引越ししたいなーなんて目論み始めた去年。

まだ目論みだけで、自分の足元はまだまだ、無理無理。


将来のためにイメージトレーニングでもしておこうと、去年の夏の7月も末、不動産情報のサイトを覗いて遊んでいた週末。

そー言えば、店長がお引越しを考えているとか、言っていたな・・・・・・となにげにの覗いた鉄の丘賃貸情報で、220平米、お庭付きなんて物件を目にした。


日当りが良さそうで、キッチンも古くさくないし、事務所からもそう遠くない。どうよ?とメッセージを送った。



思いがけずに、ここから急ピッチで話が決まり、私がなにげに見つけちゃった物件はその1ヶ月後には社宅として借りることになった。

日本で言う2階と3階は店長一家。1階はわたしとカルロのおうちである。


お仕事をしつつ2件の家の同時お引っ越しに+新しいおうちのペンキ塗りや、私の家分のキッチンの組み立てなどなど、

今回のお引越しは難航しっぱなしで、何度もへこたれた。

へこたれる度に、本当はこうじゃないだろう?

私、トスカーナに引越したかったんじゃないの?と自問自答。


実際、今回のお引越は私の思惑は将来にトスカーナに引越をする資金作りではある。


でも、お引越作業が暗礁にのりあげるは、座礁はするわ・・・・・・・で、ああああああ,,,,,私、道間違えちゃったかも・・・・・。


遅々としてはかどらないお引越作業中、ピサーノ氏に「ところで、新住所教えてよ。」と聞かれて「えええっとね。。。。。ぶ。。。。ぶるー。。。ぶるねれすき通り。」


と答えて、「ぶるねれすき」ってなに? どっかできいたぞ、ぶるねれすき。。。。。。。。。

頭のメモリー回路の中でぐるぐると「ぶるねれすき」を探す一瞬。


「ブルネレスキ? トスカーナつながりだね!」と言われて気がついた。


フィレンツェのドウォーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラの設計をしたルネサンス初期の建築家である。


去年の秋に引越をした新しいおうちは、この建築家の名前、フィリッポ ブルネレスキ通りにある。

これって、本当に偶然なんである。狙ってこの家に決めた訳じゃない。

どだい私が決めたのではなく、店長が「ここだ!」と決めた訳だし。



未だ本当の夢には届かないけど、なんとなく将来の予告編のようなトスカーナつながりの名前の通りのおうち。

しかも、思いっきりローマ県境いの片田舎の町でブルネレスキ通りである。爆

お引越の間に勃発した問題や大騒動の度に、随分この通りの名前に救われたもんね。

大丈夫、きっと道は間違っていない。。。。。はず。









最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!




ほっとフォトコンテスト


[PR]
by viabellaitalia | 2018-03-17 01:33 | Buon viaggio通り | Comments(0)