モンテセッラから

d0346364_03145865.jpg



24日の飲み過ぎで、すっかり胃がやられて何も喉を通らないけど、25日のクリスマス当日ランチは避けられない。
クリスマスランチは伝統的に子羊肉。
しかも、さらに夕食も昨日のメンバーで肉食ディナー。。。。。。

草食じゃないけど、魚食の日本人には、胃焼けがなくても、すでに重い食事が続きます。

ランチとディナーの間の時間を使って、ちょっといい空気でも吸おうと、ピサの山 モンテ セッラへ。
空がぱきっと晴れ上がった日だったので、きっと夕焼けがきれいだろうなと思い、くねくね山道を車で上がって行きます。

つい2ヶ月前の10月にこの山は大きな山火事に見舞われたばかり。
ピサの町からも茶色の山肌が見えますが、辺り一面山火事で焼かれ、茶色の森の中の道を登って行くのは、山火事で焼かれた面積がいかに広かったかが、視覚的にあまりにインパクトが強い。

夕焼けを見ようとリボルノ方向の大パノラマが楽しめるポイントに車を停める。
眼下に広がる焼け野原。パノラマポイントの山小屋とは、ほんの20メートルしか離れていない。
よく山火事から助かったものだとおろどく近距離。
強風にあおられた10月の山火事は、幸いにも民家やこういった山小屋の被害はなかったけど、オリーブの畑や果樹園などの広大な面積が消失してしまった。
元に戻るには、数十年かかる。

私たちがモンテ セッラに登ったほんの10日ほど前に放火魔が逮捕されたとニュースが出ていた。
地元カルチ在住の男性でなんと元々森林警備のボランティアもしていた人だそうだ。
彼自身は容疑を否認しているらしいが、彼を弁護する弁護士が見つからないそうだ。
山火事が発生したであろう時間に、火元のポイントに彼の携帯のGPS信号が記録されているらしい。

そう言えば、昨今の携帯のGPS機能ってすごいですよね。
この夏、ドロミティで登山した山も、私の足跡がGoogleマップに全部記録されている。
果てはこの区画は歩いたとか、車で移動したとか、かなり細かい。。。。
携帯で写真を撮れば、場所 GPS記号まで記録されるし。

これは、しらは切れないよね。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



by viabellaitalia | 2019-01-07 21:19 | Buon viaggio通り | Comments(0)