ドロミテに行こうかな?と思ってドロミテを買いました。

d0346364_23441444.jpg




イタリアに来てから、全然スポーツらしきことはしていない。

唯一、「歩く」ことは継続してます。ってか、イタリアでは「徒歩」が一番、確かな交通手段なもので。爆


カルロが来てから、朝晩のお散歩も加わり、ほぼ毎日1万歩。


バカンスもピサーノ氏が、歩くのが好きなので、海に行っても砂浜をひたすら歩いて往復6kmとか、州立公園のトレッキングコースとか行く事が多く、特別用意もせず、サンダルとか、ヒールありのブーツで決行!で、靴底の減りが半端ない。


「上手く都合が着いたら、ドロミテ、行こうか?」


そう、まだこのバカンスの計画は未定である。

まあ、いつも始まってから、じゃあ行ける範囲でと決めるんですが。(遅い)


もしドロミテ行くんだったら、ビーサンは無理だろ?

ということで、トレッキングシューズを調達してきました。


おうちから車で10分ほどにアウトレットに2件ほど、山系のアウトドアブランドも入っているので、今だと夏バーゲン中ですし。


わくわくと行ったら、お目当てだったアウトドアブランドが閉店し、残った1件、ドロミテ1897のみ。

他に選択肢がない。。。。。。。


と言う訳で、ドロミテに行きたいな・・・・とドロミテでトレッキングシューズを買って来ました。

だじゃれを狙った訳ではございません。


ドロミテ1897は、まさにドロミテ発信のアウトドアファッション、シューズメーカーでございます。

1897年に 当時17歳だったジョゼッペ ガルブイオが登山靴の工房を開いたのがこのブランドの始まりです。

1954年、初めてK2登頂に成功したイタリアの登山隊の足元は、もちろん、Dolomite1897の登山靴だったんです。


ここのタウン用のカジュアルラインの服がおしゃれで、しかも暖かいので、実は結構使っています。

さすが北イタリアブランドなので、素材が軽いけど充分暖かいものが使われていて、ローマで普通に売られている服よりも、底冷えのするイタリアの冬に大変重宝しています。

でも・・・・・私、登山は嫌いです。ぼそっ・・・・トレッキングで充分。











最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-08-08 23:44 | I love shopping通り | Comments(0)