カリギュラ帝の巨大船

d0346364_00393263.jpg



ローマから30キロほど南に行ったところに、ネミ湖がある。 火山の火口が湖になったもので、月が湖面に反射する様が非常に美しく、古来には女神ダイアナの鏡と呼ばれ、湖の蕎麦にはダイアナ神殿跡も残っている。


この湖にはカリギュラ帝が作らせた巨大な豪華船、二隻が湖底に眠ると言われていましたが、15世紀には、この伝説は本当だったと証明しちゃった人がいます。

でもさすがに引き上げるにはまだまだ技術的に無理があり、実際に二隻の船が湖底から引き上げられたのは20世紀、ムッソリーニの時代まで待たなければならなかったようです。


実際、引き上げるのではなく、湖の水をポンプで汲み上げるというすごい事業を展開したんです。ムッソリーニと読むと日本の方は「ファシズム」と同異義語のように感じる方が多いと思いますが、インフラ事業や文化、建設事業などで、ルネッサンス以後の500年の間で一番輝かしい功績を残した時代なんです。


1927年にムッソリーニの命により、湖の近くに眠る古代ローマ時代の水路を使い、ネミ湖の水を汲み上げ、湖底からカリギュラ帝の巨大船二隻を発掘、引き上げ、1936年には湖のほとりに格納するための博物館も建設されました。

それにしても、カリギュラ帝の治世って・・・・37年から41年です。

紀元37年から41年です。そう考えるとよく二千年近く湖底、水の中にあった木造船の木材が残ってましたよね!

なんか、すごいロマンを感じちゃいます。




d0346364_00422566.jpg



発掘時の写真です。人と比較して大きさがわかりますでしょうか?





が.......現在、この博物館に行ってもカリギュラ帝の船は見る事はできません。


1944年5月31日、この地域は通過して北に退却するドイツ軍と南から進軍してきた連合軍との激しい戦火に巻き込まれ、消失してしまったそうで、大理石の象や、鉄製の錨など戦火を免れたものが残っています。


博物館自体ものち、最初の建築デザインのまま立て直されましたが、入り口を入ると左右に大きく広がるスペースが、なんとも悲しい。


左右の大きなスペースは二隻の船をそのまま格納し、その大きさ、存在感を博物館に入った最初の一目で知らしめるという設計になっているんです。


カリギュラ帝の巨大船は全長、70m 横20mともう一隻は73mと24m。一隻には甲板部にはダイアナ神殿が作られていたと言われています。水道設備も完備していたらしく、この水道管は燃えずに現物を博物館で見る事ができます。


2千年もの時間をしかも、水の中でありながら、今日にその時代をこんなにも如実に伝える事ができたカリギュラ帝の巨大船。

発掘するのに、技術的な問題で2千年待たなければならなかったというのに、戦争がたった数時間ですべてを焼尽してしまったなんて、

なんともやるせないですね。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-06-30 00:45 | Buon viaggio通り | Comments(0)