ワンコが出入りできるところ ローマ編

d0346364_18573419.jpg



先日、カルロも連れてローマのEUR公園でお友達とピクニックをしました。

かなり蒸し暑い日でしたが、芝生の上にシートを広げて、友達とみんなでご飯をいただくのって気持ちいいですね。


毛皮を着ているカルロくんには、ちょっときつかったかもですが、ずっと友達と一緒にお外♫は楽しかったに違いない。


いつの間にやら駅までの道を覚え、駅まではタッタカ タッタカ私を先導するまでになりました。

でも、田舎者(犬)なので、ローマの中央駅に着くと、人ごみの中を歩くのが超下手です。うおっ!と右往左往。

前行く人の足元を左から、右から追い越しをかけますが、その先には向こうから人が来る。

カルロの後ろ姿が「きゃあああああああ、汗」と語ってました。


中央駅に電車で着くと、地下鉄に乗り換える前に、カルロくんのおトイレタイムということで、いつも一度、駅の外に出ます。そしてピクニック会場の公園にはあまり公衆トイレがないので、私もいつもテルミニ駅でトイレタイム。

犬を連れていると簡単にバールでコーヒーを頼んで、その際にトイレを借りるというイタリア式★外でトイレに行くコツができない。


法律上では一応、犬、猫などもバールやレストランに入れますが、それぞれのオーナーに是非はゆだねられているので、ローマ郊外の鉄の丘なんか、基本、どこも入れません。


なので、安全対策(いや、苦肉の策とも言う)としていつもテルミニ駅地下の有料公衆トイレを使います。

初めて連れて入ったときは、常に流れる水音にビビったカルロですが、今ではかなり慣れたようで、コインを入れてバーが上がるまで、ちゃんと前で待ってるという小技を身につけたようです。


「シニョーラ! 犬は入っちゃだめだよ!」


と、お金を投入して中に入った途端。お掃除のおじちゃんの叫び声。


あれ? レストランでもない、人間が食べるものを調理するところでもない公衆トイレって犬は入れないの?

あれれれれ?と思いつつも、「じゃあ、どこに犬をつなげたらいいですか?」と返す。


「そんなの知らないよ! ここは犬、立ち入り入り禁止だから!」とまくしたてるおじちゃん。

でも、確か・・・・法律では今では基本、犬は飼い主と一緒にどこでも入れる、どこにでも行けるはずで、例外は食材を扱う場所と飲食店と病院だけじゃなかったっけ?


ちょっと・・・・私、もうお金払って入ってるし。

まだごねるんなら、出ても良いけど、お金返してよ。と言おうと思った矢先、おじちゃんも「もう! 今回はいいけどさ! 今度から気をつけろよ!」と捨てセリフ。


うーん・・・もしかして、外人が犬と入ってきたから、ちょっとまくしたてた?

で、まさかのイタリア語で返されて、うっ!となった感、たっぷり。


ひとまず、用は足せたので、問題はないけど、なんかひっかかる。


おうちに帰ってきてから改めて調べてみると、やっぱり法律も基本的には盲導犬や介助犬以外のいわゆるペットの犬たちも、飼い主と一緒に公の場所にはどこにでも、行けるし入れる。その際はリード(最長5m以下)うん●袋携帯と場所によってはマズル使用も決められてます。


例外は人間の食材を扱うスーパ-などのお店や、飲食店。これは各オーナーの判断で決められる。

レストランで犬もOKの場所でも調理スペースにはもちろん、ワンたちは立ち入り禁止である。


病院も例外のひとつである。愛玩犬は基本的には連れて入れない。


公衆トイレって・・・・食材は関係ないでしょーに、一体どの例外なんだ?????



「多分さ、ちょうど掃除したばかりで、犬に粗相でもされたら!とか思ったんじゃないの?」


これはありえるけど、カルロちん、お外でしたばかりですから、中ではしません。

しかも、このお掃除のおじさんがちゃんとお掃除していたら、犬がおしっ○をひっかけたくなるような匂いだって残ってないはずですけど?


でも、今後また難癖つけられたら嫌なので、記憶回路に法律の番号を記憶しておこう。

ローマは 動物に関する条例 32項でローマ市内の公の場所は例外の場所以外は全て犬たちは飼い主さんと一緒に行動できます。


この8月にはイタリア国鉄も犬連れ旅行のスペシャル割引(イタリア全国 わんちゃんの特急電車料金は一律5ユーロ)を発表したというのに、駅の公衆トイレが犬連れでは入れないってのはないでしょ?


追伸 動物虐待にならないように、犬を繋ぐのも一日8時間までという規定までありました! 8時間労働・・・・てことでしょうか?








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
Commented by takeshi at 2018-06-03 19:26 x
ランキングから来ましたtakeshiです。
イタリアはペットと一緒の行動範囲がかなり広くていいですね。
確かに飲食店では注意、お断りは理解できますが、
公衆トイレでクレーム付けられるのはどうかと思いました。
ここルーマニアではどこでもかまわず犬が糞をしたりしています。
飼い主もただ見ているだけ。
これもどうかと思いますれど。
また訪問させて頂きます。
Commented by viabellaitalia at 2018-06-05 00:37
はじめまして!

イタリアもワンコの糞、すごいですよ。ちゃんと下見て歩かないと、とほほなことになります。本当は罰金ものなんですが、なかなか現場を押さえれないということで、少なくなりません。でも、みんな、ちゃんと罰金ものだということはわかっているようで、犬を飼い始めた頃、周りから、まず一番最初に「気をつけないと罰金だよ。」と言われました。一度朝の散歩中に知らない人から、他のワンコのうん●のぬれぎぬをかけられたこともあります。北イタリアの方ではおしっ●の方も、ちゃんと水を書けて清掃しないと罰金になる町も現れましたので、これからどんどん、厳しくなると思います。
by viabellaitalia | 2018-05-31 18:59 | Bau Bau Park | Comments(2)