ユーザーIDまたは登録メルアドとパスワード入力してください

d0346364_00010178.jpg


先日、携帯を新しくしたので、データーのお引越と登録している各サイトへのアクセスし直しの作業で、ふと考える。


なにか一手間をしようとすると、ユーザーIDまたは登録メルアドとパスワード入力。


しかもあっちこっちで「他のところで使用しているパスワードは避けてください。」とか数字と半角英字と特殊記号入れろとかで、使っているメルアドもパスワードも、ましてやユーザーIDなんかもう、覚えていられる範囲を超えている。


こんなとき、まだフェイスブックとGoogle関連のものはどちらかやっておくと、自動で他のも一緒にひろってくれるので、助けるけど、こうも一手間ごとに「ユーザーIDまたは登録メルアドとパスワード入力」を聞かれると、


すみません。あたし、名前ありますし! 記号や、数字羅列じゃない、本名って名前があるんすよ! と叫びたくなる。


インターネット ソーシャルネットワークの時代、私はただの数字や記号の羅列で親がつけてくれた本名はなにも意味がない。


数年前、日本でもマイナンバー制度が始まったし、イタリアでは生まれたら税務番号が発生するので、国民総ナンバーで、外国人の私もイタリアに来て早々に取って持っている。

なにか大きなお買い物をするときや、契約書にサインをするとき、携帯電話などを買うときにも税務番号は聞かれるが、オンラインで購入する場合は、まず最初にユーザーIDまたは登録メルアドとパスワード入力でサイトにログインして、購入の際にさらにの一手間でこの税務番号が聞かれる。


これ以外にも私という人間にはパスポートナンバーと、イタリアのIDカードの番号と滞在許可書の番号がふられている。


せめてすべてが同じ数字なら、わかるけど、全部バラバラである。

ましてや日本のパスポートは更新すると番号が変わるので、更新すると必然的にイタリアのIDカードと滞在許可書にひもづけしないといけないわけだし。


なんかもう、こうなっちゃうと私という存在は数字の羅列で成り立っているわけで、肉体とか個人って一体なんなんだろう?

実際、日本のマイナンバーなんか、結局、私は日本側では存在していない人間というレッテルを貼られている訳だし。


そんなもやもやの中にいる今日この頃、どうやらヨーロッパではプライバシー、個人情報の取扱いについての法律が変わったようで、昨日からあっちこっちからプライバシーポリシーの変更のお知らせが来る。


さらに日本のカード会社からは、サイトの安全強化のためにとシステム変更をするらしく、今後は古い携帯OSやブラウザーからはサイトにログインできないとかなんとか。おいおい! 安全強化するのはわかるけど、お客様にサービスを制限するってどういうことよ?と言いたい。君たちに合わせて携帯買い直せとか、パソコン買い直せっって言ってることだよね?


作年の夏の後から、イタリアの国鉄のチケットがどうしてもオンラインで買えなかった問題も、今回携帯を新しくしたら、さくさくとひとつもエラーが出ずに、え? もう買えちゃいました?というくらい早く買えちゃったし。


どうやら使っているMacが古過ぎて、新しいブラウザを載せることができないため、オンライン決済をする際にPaypalでさえ、ゲートウェイか、どこかでブロックしちゃうのか決済ができていなかったということだ。


もう、こうなると数字の羅列でしかない私は、さらに最新のブラウザにつなげる環境がないと、現代という社会では存在さえしないということでもあるよね?


インターネットが発達していろんなことが便利になった今の時代ではあるけど、肉体を持つ人私たち間はどこに行くのだろうか?ってちょっと考え込んじゃった。



まあね、そんな横で毛深い相棒が、「落ち込まない、落ち込まない! あそぼー!」と和ましてはくれますが。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!



[PR]
by viabellaitalia | 2018-05-26 00:10 | イタリア広場 | Comments(0)