パッパ アル ポモドーロの思い出

d0346364_01553922.jpg






お塩が入っていないトスカーナパンが一杯余ったので、パッパ アル ポモドーロを作ってみました。


材料はパンとトマトとニンニク、バジル、唐辛子にオリーブオイルと、とってもシンプルな1品ですが、肝心要のトスカーナのパンは私が住むローマ県では、そうそう手に入らないものなので、この機会を逃す手はない!




「パッパ アル ポモドーロ・・・・? ってなんですか?」

今日のランチメニューに書いてある、聞いたことがないプリモのお皿を、オーダー前にウェイトレスさんに聞いてみた。

「トマトソースのスープです。パンも中に入っているので、結構お腹がふくれますよ。」


もう随分昔になるけど、出張先のトスカーナの町のレストランでのことだ。

これが私とパッパ アル ポモドーロの出逢いである。


当時、働いていた大手日系旅行代理店から、出張前に店長直々に「うちの業務は、君の本来の仕事じゃないけど、うちでも良いなら骨を埋めないかい?」

とは、大げさではあるが、グラフィックデザインの仕事とは分野が違う旅行代理店の仕事を、まったく畑違いだけど私なりの切り口でお仕事をさせてもらい、さらにイタリアではまずあり得ない、“ちゃんとお給料が支払ってもらえる”というありがたいアルバイト先から、さらに学生のイタリア滞在許可書を労働目的の許可書に変更しようか?というオファーをいただき、もう、なにはなんでもこの出張のミッションは頑張っちゃうよー!!!!と気合いを入れたらね、いきなり顎がぼきっと!大きな音を立てた途端、口が開かなくなっちゃったんです!


後から日本の矯正歯科で聞いたら、これは顎のぎっくり腰、いや、ぎっくり顎だそうで、なんとかしゃべれるけど、口が開かないから、食物を口に入れれないし、咀嚼なんて、もう無理無理。


このときの出張は、1週間ほどの長丁場でしかも6月の末だと言うのに連日35度超えの暑い日々。

3年待ってた幸運がやっと現れたんだもの、食べれない、暑いなんて言って体調を壊すわけにはいかないミッションであったわけで。


出張ですから3度のご飯は外食。イタリアにはコンビニもないし。

レストランに入るも、まず口を開けずに食べれるもの、噛まなくても食べれる柔らかいものを必死に探していた。笑


暑さ負けとぎっくり顎と大きなミッションへのストレスとでへなへなになっていたときに、すっきりとトマトの酸味が食欲をそそり、しかもパンがスープをすっておかゆ状態。本当に食べやすく、しかも美味しい一皿だったけど、ローマでは見た事がないものだった。


パッパ アル ポモドーロに助けられ、なんとかミッション•インポッシブルも完了し、仕事も無事納品した次の日、出勤したその朝に私はいきなり解雇された。


「学生の滞在許可書の更新中に働いてもらっちゃ困るよ! もし、なにかの調査が入ったら、こんなことが明るみになったらどうするんだ! 会社をこんなリスキーな状況にしているんだぞ! もう帰ってくれ!」


郊外から2時間近くかけて出勤した朝、30分もしないうちに解雇されたわけで。


当時は滞在許可書の更新中も、滞在許可書保持と同じ権利があるということを理解できない経営者も多く、結構、これを理由に首を切られることはあったけど、労働ビザに変更したいから弁護士と情報収集して欲しいなんて言われていた時だっただけに、ぎっくり顎と暑さにめげずに頑張った仕事を収めた直後だっただけに、このときのことは、ものすごくショックで、帰れと言われても、郊外へ向かう電車も朝の通勤時間が終わってからは学生の帰宅時間までなく、帰るに帰ることもできなかった。


呆然と携帯で友人の弁護士に事情を電話している間に泣けて来た。大の大人が恥ずかしいけど、人ごみの中で泣いた朝。



あのときのミッションが失敗したわけではないとは思うけど、ピサでのミッションが今イチ、店長の思うところがわからず苦心したのもあり、このことがトラウマで、これをきっかけにこの出張で行った町へはすっかり足が遠のいてしまった。


それがね、人生って不思議です。あれから10数年も経った夏、思いがけず私はトスカーナでバカンスをすることになった。

あの出張で行ったシエナを回って、ピサに帰る途中のモンテリッジョーニという町で夕食を済まそうと入ったレストランに、懐かしいパッパ アル ポモドーロを見つけた。

「トスカーナの定番料理だよ。これはトスカーナのパンじゃないと作れないからね。」


トマトの酸味が夏バテぎみだったところに食欲をそそる。

実に13年ぶりにパッパ アル ポモドーロを食べた。


こんな思い出の一皿、まさか自分がね、パッパ アル ポモドーロを作るようになるなんて思いもしなかった。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!




ほっとフォトコンテスト





ほっとフォトコンテスト





[PR]
by viabellaitalia | 2018-03-07 01:40 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)