早いもので5年目

d0346364_21254476.jpg




カルロが我が家に来て、今日から5年目が始まります。

早いですね。生後60日ほどでやってきたカルロも、すっかり成犬。

飼い主の期待と予想を裏切って筋肉むきむきな14kg。まさに中型犬。

体がむちっと、みしっとしてます。

イタリア人たちからパニョット(多分、パンみたいにころん、みしっとしてると言いたい?)とか体の割に頭も大きいので、カポッチョーネ(頭でっかち)とか呼ばれてます。


不平不満も一杯言うし、まあ自己主張が激しい。


最近、やっと新しいおうちにも慣れたようで、私が出かけるときも泣かなくなりました。

おうちに帰ると玄関脇の窓につかまり立ち、門から入って来る私をじっと見るお迎えの儀式が最近おざなりになったのはちょっと寂しいけど。


毎晩、夕食の後はソファーで一緒にテレビを見ながら居眠り。寒いのかちゃっかり毛布の下に入り込み、私の足を枕に寝ています。

夜中に目が覚めて、さあ、ベットに行くよ!と起こすと仕方がないという風情でソファから下りて、彼のクッションの上で丸くなりますが、どうやら私がベットサイドの照明を落とすと、ちゃっかりソファーに戻って寝ているようで、なかなかずる賢しい。


カルロの大きな頭を撫でては「Che cosa stai pensando? なに考えているの?」と聞いてみる。

だいたいは、私の方に振り向き、ゆっくり仰向けになってお腹を見せて「ぽんぽん 撫でて」の姿勢になるが、ちゃんと会話としては成立しているので、侮れない。


体の割には頭でっかちなカルロ。この頭の中でイタリア語と日本語ちゃんぽんで、いろんなことわかっているに違いない。

先日、動物病院のTwitterで猫を撫でると母性ホルモンが出るということが書いてあったけど、きっと猫だけじゃなく、犬も同じだと思う。


よくカルロを猫可愛がりすると言われますが、犬なので猫っ可愛がりじゃないけど、4年前の今日、獣医さんの診察台でカルロが抱きついて来たあの瞬間、小さくってやわらかくって、ほにゃ・・・はしてなかったな、すでにあの時からどしっ!だったカルロを抱き上げたとき、本当はイタリアで家族を作りたかった私のきっと満たされない、癒されない母性のところにすぽっとハマったんだろう。


そう、あの日から我が家は母子家庭になりました。笑


「カルロ、マンマもね、ずっとラガッツィアマードレ(シングルマザー)じゃ、だめでしょ? パパになる人探してあげないと。 」と同僚がときどき余計なこと教え込んでます。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by viabellaitalia | 2017-12-21 21:27 | Bau Bau Park | Comments(0)