がんばれ ボルサリーノ

d0346364_21073153.jpg



ボルサリーノの帽子を見る度、美しいフォルムにうっとりする。手に持つとふわっと軽く、重さはなんと70から90g。

コットンのTシャツだって150g以上ある。


商品詳細を翻訳していると、使用されているフェルトの素材が多岐に渡り結構大変だったりする。

世界唯一素材、生地から製品化まで一貫して自社生産をしているブランド。

70年代のフランス映画「ボルサリーノ」は主演俳優のアラン?ドロンとジャン・ポール・ベルモントが着用した帽子に由来する。今では高級帽子メーカーの商標名ではなく、世界的にひとつのスタイルを表すシンボル(帽子の代名詞)として認知されています。


今年は創業160年の記念コレクションも発表されているときに、昨日の「破産手続き申請」は結構びっくりいたしました。

というか・・・・経営困難で確かどこか投資会社が経営権を握ったということを2年前に聞いていたので、え? また????? が正直なところでした。笑




d0346364_21074777.jpg




この2年の間、ときどき買付をする側から見ると、生産、販売のラインもすみずみまで質を向上させ、老舗の伝統と新しいスタイルを取り入れ、がんばってる!!!!と感じていただけに、日本の方から入ってきたニュースに本当にびっくりしましたが、調べてみたら、多分日本とちょっとこのあたりの感覚が違うのかな?


今回の破産申請は法的、技術的なところから起こったもので会社の意向ではないと現在ボルサリーノを経営する親会社ヒエレス エクイタ側からの力強いコメントが出ています。ほっ。。。。。



d0346364_21080450.jpg



再出発案、ブランドと120人の従業員を救う案が裁判所で却下されたそうで、労働組合から先行きの不安のコメントが出たことから起こったニュースのようですが、従業員120人って少なくないのかな?


ボルサリーノは北イタリアのトリノに近いアレッサンドリア地方の職人たちを集めた工場から設立したことから始まったブランドです。今尚、経営が変わっても伝統的な機械、道具を使い続け、上質な素材、職人の手作業にこだわる本格派高級帽子のブランドで、往年の俳優さんだけじゃなく、今尚世界中のセレブに愛されるかっこいい帽子を作るメーカー。

多分、親会社ヒエレス エクイタもこのブランドをただの投資のためだけではなく、本当に愛しているんじゃないかな?

「我々は引き続き、ブランド継続のための解決策を模索していくつもりだ。従業員、サプライヤー、取引先、そしてアレッサンドリアの街や機関といった関係者に関しても考慮していく。 ボルサリーノの未来を引き続き作り上げていきたいと思っている」とヒエレス・エクイタのCEO フィリッペ・カンペリオからのコメントは、嬉しい限りです。



d0346364_21104315.jpg



先日もお店にお邪魔したときに、イタリア人の年配の女性が帽子を選んでいたシーンに居合わせたんですが、わりとシンプルな女性用の帽子をお客様が無造作に被ったものを店員さんが抜群のポジションに置き変え、つばの先をすっと立たせると、もうまるで映画の中の女優さんのようにキマる。


その横では紳士用のフェルトハットを買われたお客様の帽子を箱入れする前に、もう一度フェルトをブラッシングする店員さん。


ボルサリーノのフェルトは帽子のために作られたものなので、雨をはじくし、濡れても形が崩れることもなく、折り畳むこともできるものもあります。


イタリアは職人の国。個々では小さな力ですが、彼らが持つ技術力はイタリアの経済、世界中の高級ブランドさえも支える大きな力。


Save the 職人。


微力ながら私も守りたい、イタリアの魅力です。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-12-20 21:13 | I love shopping通り | Comments(0)