ガンベロロッソのワインガイドの刷り上がりをいただきました。

d0346364_01474980.jpg



今回のお引っ越しで、家問題は私のウィークポイントであったと気がついたり。

日本ではずっと普通に一人暮らしをしてたし、そこそこちゃんとした、便利で小綺麗な生活をしていたのに、イタリアに来たら、別にスラム街に暮らした訳ではないんですけど 笑 間貸しの賃貸物件で同居人との小競り合いから第3次世界大戦になっちゃったり、壁が前の住人の生活の跡が残っていたり、電気コンセントがつないでみたら、断線してて電気がつかないとか、アンテナが壊れててテレビがないとか、本当にいろいろあり。


9年前に引っ越しした先が新築で初めての住民が私で、電気のコンセントもテレビのアンテナもちゃんと使えて、あああ、イタリア生活8年目にして、やっと日本にいたときの生活レベルに戻ったと思ったっていたんですが、今回のお引っ越しも、生活ワンランクアップ!を狙ってのことだったのに、引っ越して1ヶ月過ぎてもまだキッチンがないとか、ビデ問題は一体どこへやら?とか、まだまだ家の改装が必要で、ワンランクアップどころか、まるで罰ゲームでふりだしに戻るを引いちゃった感。


今回の引っ越しはしかも仕事のパートナーである共同経営者家族と一緒で、引っ越しが上手くいかないことが、今まで築いてきたと思っていた信用や信頼さえも揺るがしはじめ、一体、私はなにをここで17年も頑張ってきたのだろう?という、しょうもない疑問が頭を持ち上げた。


編み物は一目一目編んでいきます。編み物の目が、右の目と左の目... 上の目と下の目...

と、ずっとつながっているから次から次へとつながってあたたかいマフラーや素敵なテーブル掛けになるのです。

あなたは、その編み物の一目なのです。


瀬戸内寂聴さんの言葉ですが、一体私は過去にどんな編み目を作っちゃったんだろ? 

一目一目、本人は頑張って、気をつけて編み込んだはずなのに。

毎朝、薄暗い早朝の光に、照明をつけると台所になるはずの場所に、ただのダンボール箱の山や組み立て途中の家具が照らし出されては、そんな疑問が胸を締め付ける。


そんな最近のある日、仲良しの宅配のドライバーさんから、まさにキッチン組み立てに一人で奮闘途中にメッセージが入った。

「お届けものがあるよ!」

でも、その日はお買い物代行の案件もなかったし、集荷もない日だったので、不思議に思いながら、大急ぎでオフィスへ向かった。


まったく見当がつかない、お届けものの袋を開けると・・・・


中から先月データ納品したガンベロロッソのイタリアワインガイドの印刷物が。



ここ数年、日本で配布するとか、日本市場を考えてとイタリア企業の印刷媒体のお仕事をもらうことがある。

日本語は他のヨーロッパ系の言語とは違うので、特に編集、文字組みとなるとイタリア人のデザイナーではなにもできない。

アルファベットは半角、1バイトですが、日本語は全角 2バイトですので、文字組みのスペース読みがそもそも違います。

私がイタリア語の文章の文字組みでぶつかる「これって、どこで行変えしていいんだ?」とか「どこで、行始めに持っていっていいの?」とかね。同じ事がイタリア人デザイナーもぶつかるわけで。


「今年は印刷までイタリアですると決めたのはいいんだけど、イタリアで日本人デザイナーを見つけるのがこんなに大変だとは思わなかったわ。」とガンベロロッソの編集局さん。


へたくそと言われても、イタリア語はそこそこわかる。

編集局のイタリア人スタッフたちと、日本にいる日本人の翻訳担当さんとの間に入って、編集デザインの仕事はもう30年もしているし、あまりよく知らないソフトだったけど、ガンベロさんの外部スタッフデザイナーさんにもいろいろコツを教えてもらい、考えたら、これって、もしかして私にしかできない仕事じゃないかな?と思ったら、使命感メラメラ。


印刷し上がったガイドのページをめくるとクレジットに、私の名前がある。

作業の本当に最後の日、このページを組んでいたときに、編集局から「ミカの名前を入れるの、忘れないでね。」




d0346364_01475934.jpg


本当に? 本当に、こんな由緒あるガイドブックに私の名前入れちゃっていいの?

日本にいたときは、結構名前を入れてもらうこともあったけど、イタリアに来てからはあまり、そういうチャンスに巡り会わなかったので、嬉しさと緊張で、自分の名前なのに、何度も何度も間違いないか一人校正しちゃったところ。


今回の引っ越しで、ふりだしに戻るをひいちゃった感が著しかっただけに、私の編んだ過去は、目が揃っていないかもしれないけど、ただの目飛ばしや穴ではない、なにかをちゃんと編み込んで来たのだと思わせてくれる事柄となりました。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
Commented by とすかーな at 2017-11-22 08:03 x
MIKAさん、すごい!おめでとうございます☆
刷り上がったんですねー♪
この由緒ある本の編集をされたという記事を以前みて、すごいなぁ!と思ったけれど、名前も入って、さらにすごい☆と思いました。

あぁ。。。とへこむことがあって、一見よくない傾向に見えることって、次のステージというか、次の大きな良いことの前触れなんですって。
ガンベロロッソもその1つかも。
MIKAさん、こんなに頑張ってらっしゃるんだもの、絶対良いことありますよ。それまで踏ん張っ!応援しています♪
Commented by viabellaitalia at 2017-11-23 00:49
> とすかーなさん

ありがとう!!!!!!!! 今回の引っ越しは、ふりだしに戻るをひいちゃった感が半端ない上、まだ賃貸でこんな苦労してるんかい!と思うとへこみますが、これは、もしかしたら次なら引っ越し、トスカーナへの下準備かっ!!!!!と思って耐えております。
もう、毎日ピサとルッカの不動産情報を見るのがせめてもの救い。笑
by viabellaitalia | 2017-11-22 01:49 | イタリア広場 | Comments(2)