d0346364_19414660.jpg



VIA BELLA ITALIAから販売開始をしています、今年一杯期間限定のヤマトさんのワインダイレクトのご注文をさっそくいただいたので、先日、私用もかねてワイン調達に行ってきました。


これから行きたいな・・・・とお電話した午前中のこと。ちょうど小雨が降り始めたので、ベンデミアも終わった今、こういう天気のときは農家さんっておうちにいると読んだ訳。


もしもーーし、マリアエレナ? 今どこ?


「チャオ。え? どこって、オリーブの木の上。」


ちょっとこれは予想外だった。(汗


と言う訳で午後に改めてお邪魔することに。

がっ!!!! ここで店長「俺、午後はローマの試合あるから、試合後の8時くらい?」


たあああああああああああ、夕食にお邪魔しちゃうじゃないのー!!!!!


と一悶着があった上に、さらに店長、意外にもマリアエレナの家を覚えてなかった故、道に迷い、結局、夕食もとっくに終わった時間に到着。


お客様のワインと、そして私用って、12月に友人を呼んでうちでランチを予定しているので、そのとき用のワインを調達しとかなきゃいけなかったのん。


「何年のがいい?」とマリアエレナがカンティーナのワインのビンを眺める。


お勧めは?


「今美味しいのは、2012年だね。はい。」


と2012年のベンデミアのものを数本もらう。


「あっ、そうだ!」と彼女が隅の箱をのぞく。「DOCのラベルの登録数字が消えちゃってて、売り物にはできないから、これ1本持って行きなよ。」と新作のBIVIを1本。


「これは去年の2014年ベンデミア分で今年から販売に回るものなんだけど、ビン熟成の期間が終わったばっかりだから、もう少し開けるの待った方が美味しくなるから。」


「今月一杯は開けないように。」と手渡された。


が横で店長がミカはノンベなので危険とかいらんことを言ったので、マリアエレナがラベルの上に手描きで、「11月30日以降にあけるように!」と書いてくれました。(汗


ところで朝、彼女、本当にオリーブの木の上にいたようで、オリーブも収穫が終わった今、少しづつ剪定をしているんだそうです。

この辺りのワイン農家さんのおうちにも一杯オリーブの木があって、みんな自宅用に毎年「おうちオリーブオイル」を作るんです。

これがまた美味しいの。




[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-25 19:42 | 食いしん坊万歳通り | Comments(2)

d0346364_20515839.jpg

チョコ入りパネットーネも入荷してきました!



日本に向けてひとつ集荷をお願いしていた郵便屋さん。

集荷と引き換えに箱を1個、どでーんと持って来ましたが、あまりにも先週日本へ向けて発送した箱に似ていたので、思わず、え???? 帰ってきちゃった????と固まったMIKAです。


そうでした、そうでした。忘れていた訳ではないんですが、アルベルテンゴさんのパネットーネの第2弾到着です。

今回は入荷の中にはチョコチップ入りのパネットーネも。


北イタリアのピエモンテはチョコレートが美味しい州でもあるんです。

なんとなく、イタリアでチョコと言うとチョコレート祭りで有名なウンブリア州、ペルージャをまず想像しちゃうけど、ピエモンテはさらにジャンドゥーヤと合わせてチョコレートが美味しいところなんです。

最近FBでアルベルテンゴさんのパネットーネの写真をアップしたら、クネオの郊外に住む友人から、「あれ? やだー、ミカ! うちの両親の家の近所だよ、このお店」とメッセージをもらいましたが、そうそう以前、この友達からピエモンテの美味しいチョコを食べてみてと、箱一杯、すっごい美味しいチョコの詰め合わせをもらったことがあります。

あのチョコたちの味は忘れられないくらい、美味しかった。



ピエモンテの老舗のパスティッチェリアのアルベルテンゴさんだからこその美味しいチョコチップを一杯生地に投入しちゃったパネットーネ。

私個人用に、モスカートのパネットーネを注文してありますが、実は、すっごい迷ったの。モスカートにするか? チョコにするか? もうThis is question!ぐらい悩んだ。


お客様分のチョコチップ入りパネットーネが届いた今、ちょっと後悔したりして(爆 追加注文しちゃおうかな・・・・・・。


グループ購入の方はそれぞれ1個づつ大切に箱に入ってのお届けです。

イタリアから、美味しい箱入り娘たち、もうすぐ日本へお嫁入りです。


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-20 20:53 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_20555468.jpg



プロテオフードでご好評いただいています、イタリアからのお買い物代行サービスはVia Bella Italiaでも引き続き続行してまーす。


というか、別にプロテオフード閉店したわけではございません(笑


今回のお買い物代行はMONCLER GAMME ROUGE.

これって日本語ではモンクレール ガム ルージュと呼ぶんですね。

ずっとイタリア語読みしてガンメ ルージュだと思っていました(汗


もおおおお、モンクレールったら、イタリアのブランドなのになぜフランス語にするうううううう!


モンクレールの高級ラインとして毎コレクション、少数ですが発表されています。

デザイン数も少ないし、お店に行けば全部お取り扱いがあるわけでもないので、しかも、日本の方にぴったりの小さめのサイズで見つけた商品はかなりレアです。


ここ数年、日本でモンクレールの人気はとっても高いけど、ガムルージュ、ガムブルーをお持ちの型はかなり少ないと思います。


イタリアでもモンクレール店よりも高級ブランドを扱うセレクトブティックの方が扱い点数が多いんです。カジュアルなダウンウェアから1歩進んだ、エレガントなダウンウェア。


お買い物代行でモンクレールはかなりの数を代行しましたが、ガムルージュはまた違う魅力一杯のラインですね。


ちゃんと付属で衣装ケース付きというのも嬉しいです。

お客様に喜んでいただけると嬉しいな。


お買い物代行のお問い合わせはinfojp@viabellaitalia.comまで。

私が対応させていただきまーす。


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-19 21:20 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_19425581.jpg



ただ今、ヤマト国際宅急便さんがクリスマスキャンペーン中でワインダイレクト便がとってもお得になっています。


お買い物代行でもリクエストの多いワイン。

きっと現地で買ったら安いだろうとお問い合わせいただくことが多いのですが、ビンものなだけに重い。

日本までの配送料は全然馬鹿になりません。


せっかく安くて美味しいワインでも配送料まで考えると、ちょっと割高感がましてしまいますが、このキャンペーン中の今ならとってもお得!


この機会に、ちょっと味見してみたかったんだよね・・・・・なワインをチョイスいただいたら、いかがでしょか?


今回のワイン配送キャンペーンはそんなお客様にぴったりのなんと1本からのお値段設定。


1本 なんとお値打ちの20ユーロ

2本         30ユーロ

3本         40ユーロ(通常価格 110ユーロ)

6本         60ユーロ(通常価格 120ユーロ)


ね? かなりお得でしょ?

お歳暮やクリスマスプレゼントにワインをイタリアから直接お届けなんて、かなり素敵。しかもこのお値段なら、負担も少ないですよね。


と言う訳で、オンラインショップからもこの時期に合わせてセットを作ってみました。


まず第1弾は、すみませーん。わたしの好みです(笑


マリア エレナ シンバルディ農園のチェザネーゼワイン、赤2本セット。

彼女のワイン、まだまだ知られていませんが、本当に美味しいの!

地元のお祭りのときに振る舞われるワインコンテストでも、必ず彼女のワインが選ばれるんですけど、審査はラベルをはがした状態で飲み比べて、決めるのでまさに味勝負。


イタリアに住む私たち日本人は多かれ少なかれ、ワイン好き。日々いろいろ飲んでいるので、結構厳しいはずなのに、そんな友達のところに持っていっても、いつも「美味しい!」と喜ばれるワインなんです。

今年の5月には東京でワインとグルメフェアーにも出店し、ワイン輸入業者さんにも好評を得たようですが、いかんせん、言葉の壁か? その後「連絡がないね・・・・・」とマリアエレナ。


たあああああああ!!!! そこは私が人肌脱いじゃう!

と言う訳で、オンラインショップのクリスマスワインセット第1弾として選ばせていただきました。

彼女のワインは生産者である、彼女の性格そのまま。正直でナチュラル(実際、つるを結わえる素材まで自然にこだわる頑固な生産者なんですけど)しっかりとしたアロマと味があり、人懐っこく暖かく、口当たりが優しい。

ローマ郊外に引っ越しをしてワインやオリーブオイルの生産者さんと知り合う機会が増えましたが、ワインやオリーブオイルも、それを作る人の性格が出るものなんですね。


配送料も安い今、ぜひご賞味あれ!


MADE IN ITALYのオンラインショップVia Bella Italiaはこちらから


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-18 19:45 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

マフィアのおかげ?


d0346364_21192270.jpg



金曜日の夜のパリで起こったテロ事件。ふと、なぜまたパリだったんだろう?


イタリアのとあるジャーナリストが「幸いにもイタリアじゃなかった。いや。イタリアの防御能力は素晴らしいのでISも何も出来ないのだろう。ミラノEXPOの間も何も起こらなかったし。」なんておっしゃってる人が居ましたが、お馬鹿さんすぎる。

イタリアは穴だらけですって。

EXPOだって開催日の前の夜にでさえ、入場入り口のところ、金属探知器の設置が遅れてたり、イタリアを狙うことなんかめちゃ容易い。泣けてくるくらい、この国はこういうところが弱い。


テロ集団は聖戦という名分を掲げているのだから、そう考えるとカトリック総本山のあるイタリア、ローマはまず一番重要なターゲットポイントだろうが、幸いなことに今まではテロ事件発生を免れてきた。


来月からはさらにカトリック教の重要なお祭り聖年も始まるのだし、先週の金曜日にパリで起こったようなことが、ここローマで起こっていたら、西洋人、カトリック信者には精神的なダメージはさらに強かったはず。

でもローマでは起こらなかった。彼らはまたフランス、パリを標的にした。


なぜだろう? 


ましてやすでについこの前、フランスはテロの攻撃を受けたばかりでこういった場合の緊急な対応も強化されているはずなのに、彼らはパリを選んだ。なぜだろう?


ふと何気にそんな疑問をイタリア人の友達に向けてみた。

だって、本当にこの国、警備は穴だらけだし、友達もいるから申し訳ないけど、イタリア軍は・・・・・当てにはできないもん。


「確かにね、公な機関はまったく機能しないし、警備は一見穴だらけだよね。でもね、イタリアを襲うのは難しいよ。ここにはマフィアがいるからね」


・・・・・あの、マフィアはテロとは関係ないんですけど。


「いやいや、ミカ。マフィアにはそれぞれのテリトリーってものがあるからね。よそ者が彼らのテリトリーでそれこそ、今回のようなことやらかしたら、報復怖いよ。」


えー!!! でも相手は国際的なテロで、マフィアが手出せるものではないでしょーに。


「マフィア、お金持ってるからね。闇組織だから世界長者番付には出て来ないけど、国単位なお金あるから。怒らしたら、怖いよ。ましてや世論とか知識人があーでもないこーでもない言うのとは関係なく、いつでも報復に動けるから。」


今回パリの事件で使われた銃器の出所なども騒がれているみたいだけど、イタリア国内での銃器の闇取引、さらにヨーロッパでの犯罪、麻薬売買はすべてマフィアが握ってるから、彼ら外国人(テロ集団)がマフィアからは銃器をここで買えるわけないでしょ?


そう言われると、かなり理論的にはありえるお話。


イタリアのマフィアの代表格でもあるシチリアマフィアは、元々、イタリア統一後の農地開放、農民一揆を恐れた貴族、領主たちが町のならず者にたちをお金で買い、土地を守らせたことから発生したものである。

現在のインターネットなどの操作にも長けたインテリマフィアのカラブリア州のンドランゲタンもかなりの経済力と力があるというのは聞いている。彼らが表面で見せていない力の前では、もしかしたらテロ集団なんか、まったくの新参者なのかもしれない。



金曜日の夜からローマはかなり軍、警察を警備に投入したようで、軍関係の友達たちは疲労を溜め込み始めている。

これから聖年、さらにクリスマス商戦も始まりますから、しっかり守ってね♥とマフィアには言えないので、ひとまず軍関係の皆さんにお願いします。


※ 写真は記事とは全然関係ありません。ここ数日視覚的にも辛いものが多くネット上で流れていたので、

ちょっとほっとできるものをアップしたかったので。


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-17 21:21 | イタリア広場 | Comments(0)