d0346364_20555468.jpg



プロテオフードでご好評いただいています、イタリアからのお買い物代行サービスはVia Bella Italiaでも引き続き続行してまーす。


というか、別にプロテオフード閉店したわけではございません(笑


今回のお買い物代行はMONCLER GAMME ROUGE.

これって日本語ではモンクレール ガム ルージュと呼ぶんですね。

ずっとイタリア語読みしてガンメ ルージュだと思っていました(汗


もおおおお、モンクレールったら、イタリアのブランドなのになぜフランス語にするうううううう!


モンクレールの高級ラインとして毎コレクション、少数ですが発表されています。

デザイン数も少ないし、お店に行けば全部お取り扱いがあるわけでもないので、しかも、日本の方にぴったりの小さめのサイズで見つけた商品はかなりレアです。


ここ数年、日本でモンクレールの人気はとっても高いけど、ガムルージュ、ガムブルーをお持ちの型はかなり少ないと思います。


イタリアでもモンクレール店よりも高級ブランドを扱うセレクトブティックの方が扱い点数が多いんです。カジュアルなダウンウェアから1歩進んだ、エレガントなダウンウェア。


お買い物代行でモンクレールはかなりの数を代行しましたが、ガムルージュはまた違う魅力一杯のラインですね。


ちゃんと付属で衣装ケース付きというのも嬉しいです。

お客様に喜んでいただけると嬉しいな。


お買い物代行のお問い合わせはinfojp@viabellaitalia.comまで。

私が対応させていただきまーす。


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-19 21:20 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_19425581.jpg



ただ今、ヤマト国際宅急便さんがクリスマスキャンペーン中でワインダイレクト便がとってもお得になっています。


お買い物代行でもリクエストの多いワイン。

きっと現地で買ったら安いだろうとお問い合わせいただくことが多いのですが、ビンものなだけに重い。

日本までの配送料は全然馬鹿になりません。


せっかく安くて美味しいワインでも配送料まで考えると、ちょっと割高感がましてしまいますが、このキャンペーン中の今ならとってもお得!


この機会に、ちょっと味見してみたかったんだよね・・・・・なワインをチョイスいただいたら、いかがでしょか?


今回のワイン配送キャンペーンはそんなお客様にぴったりのなんと1本からのお値段設定。


1本 なんとお値打ちの20ユーロ

2本         30ユーロ

3本         40ユーロ(通常価格 110ユーロ)

6本         60ユーロ(通常価格 120ユーロ)


ね? かなりお得でしょ?

お歳暮やクリスマスプレゼントにワインをイタリアから直接お届けなんて、かなり素敵。しかもこのお値段なら、負担も少ないですよね。


と言う訳で、オンラインショップからもこの時期に合わせてセットを作ってみました。


まず第1弾は、すみませーん。わたしの好みです(笑


マリア エレナ シンバルディ農園のチェザネーゼワイン、赤2本セット。

彼女のワイン、まだまだ知られていませんが、本当に美味しいの!

地元のお祭りのときに振る舞われるワインコンテストでも、必ず彼女のワインが選ばれるんですけど、審査はラベルをはがした状態で飲み比べて、決めるのでまさに味勝負。


イタリアに住む私たち日本人は多かれ少なかれ、ワイン好き。日々いろいろ飲んでいるので、結構厳しいはずなのに、そんな友達のところに持っていっても、いつも「美味しい!」と喜ばれるワインなんです。

今年の5月には東京でワインとグルメフェアーにも出店し、ワイン輸入業者さんにも好評を得たようですが、いかんせん、言葉の壁か? その後「連絡がないね・・・・・」とマリアエレナ。


たあああああああ!!!! そこは私が人肌脱いじゃう!

と言う訳で、オンラインショップのクリスマスワインセット第1弾として選ばせていただきました。

彼女のワインは生産者である、彼女の性格そのまま。正直でナチュラル(実際、つるを結わえる素材まで自然にこだわる頑固な生産者なんですけど)しっかりとしたアロマと味があり、人懐っこく暖かく、口当たりが優しい。

ローマ郊外に引っ越しをしてワインやオリーブオイルの生産者さんと知り合う機会が増えましたが、ワインやオリーブオイルも、それを作る人の性格が出るものなんですね。


配送料も安い今、ぜひご賞味あれ!


MADE IN ITALYのオンラインショップVia Bella Italiaはこちらから


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-18 19:45 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

マフィアのおかげ?


d0346364_21192270.jpg



金曜日の夜のパリで起こったテロ事件。ふと、なぜまたパリだったんだろう?


イタリアのとあるジャーナリストが「幸いにもイタリアじゃなかった。いや。イタリアの防御能力は素晴らしいのでISも何も出来ないのだろう。ミラノEXPOの間も何も起こらなかったし。」なんておっしゃってる人が居ましたが、お馬鹿さんすぎる。

イタリアは穴だらけですって。

EXPOだって開催日の前の夜にでさえ、入場入り口のところ、金属探知器の設置が遅れてたり、イタリアを狙うことなんかめちゃ容易い。泣けてくるくらい、この国はこういうところが弱い。


テロ集団は聖戦という名分を掲げているのだから、そう考えるとカトリック総本山のあるイタリア、ローマはまず一番重要なターゲットポイントだろうが、幸いなことに今まではテロ事件発生を免れてきた。


来月からはさらにカトリック教の重要なお祭り聖年も始まるのだし、先週の金曜日にパリで起こったようなことが、ここローマで起こっていたら、西洋人、カトリック信者には精神的なダメージはさらに強かったはず。

でもローマでは起こらなかった。彼らはまたフランス、パリを標的にした。


なぜだろう? 


ましてやすでについこの前、フランスはテロの攻撃を受けたばかりでこういった場合の緊急な対応も強化されているはずなのに、彼らはパリを選んだ。なぜだろう?


ふと何気にそんな疑問をイタリア人の友達に向けてみた。

だって、本当にこの国、警備は穴だらけだし、友達もいるから申し訳ないけど、イタリア軍は・・・・・当てにはできないもん。


「確かにね、公な機関はまったく機能しないし、警備は一見穴だらけだよね。でもね、イタリアを襲うのは難しいよ。ここにはマフィアがいるからね」


・・・・・あの、マフィアはテロとは関係ないんですけど。


「いやいや、ミカ。マフィアにはそれぞれのテリトリーってものがあるからね。よそ者が彼らのテリトリーでそれこそ、今回のようなことやらかしたら、報復怖いよ。」


えー!!! でも相手は国際的なテロで、マフィアが手出せるものではないでしょーに。


「マフィア、お金持ってるからね。闇組織だから世界長者番付には出て来ないけど、国単位なお金あるから。怒らしたら、怖いよ。ましてや世論とか知識人があーでもないこーでもない言うのとは関係なく、いつでも報復に動けるから。」


今回パリの事件で使われた銃器の出所なども騒がれているみたいだけど、イタリア国内での銃器の闇取引、さらにヨーロッパでの犯罪、麻薬売買はすべてマフィアが握ってるから、彼ら外国人(テロ集団)がマフィアからは銃器をここで買えるわけないでしょ?


そう言われると、かなり理論的にはありえるお話。


イタリアのマフィアの代表格でもあるシチリアマフィアは、元々、イタリア統一後の農地開放、農民一揆を恐れた貴族、領主たちが町のならず者にたちをお金で買い、土地を守らせたことから発生したものである。

現在のインターネットなどの操作にも長けたインテリマフィアのカラブリア州のンドランゲタンもかなりの経済力と力があるというのは聞いている。彼らが表面で見せていない力の前では、もしかしたらテロ集団なんか、まったくの新参者なのかもしれない。



金曜日の夜からローマはかなり軍、警察を警備に投入したようで、軍関係の友達たちは疲労を溜め込み始めている。

これから聖年、さらにクリスマス商戦も始まりますから、しっかり守ってね♥とマフィアには言えないので、ひとまず軍関係の皆さんにお願いします。


※ 写真は記事とは全然関係ありません。ここ数日視覚的にも辛いものが多くネット上で流れていたので、

ちょっとほっとできるものをアップしたかったので。


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-17 21:21 | イタリア広場 | Comments(0)

食いしん坊の新レシピ

d0346364_19591962.png


ただ今、ProteofoodとVia Bella Italiaでお取り扱いしています、パネットーネとパンドーロ。

クリスマスの時期になるとイタリア人たちの朝ご飯にもなるということは先日も書きましたが、この時期あっちこっちからもらうので、クリスマスが終わると、どえーこんなにまだ余っているよーなんてこともございます。

(うちはそんなことありませんが。すべてちゃんと胃袋に収まっちゃってる)


なので、この時期、パネットーネやパンドーロを使ってのレシピなんかもお料理番組では紹介されたりします。


うちの店長も最近、密かにすごい新レシピを編み出しました。


超簡単です。なにせ店長、お料理はあまり得意ではございませんが食いしん坊度数はかなり上ですので、パネットーネの美味しさをここまで極限に引き出したかっ!!!と驚かされました。


パネットーネを手軽な大きさに切り分け、その隅っこにアイスクリームを飾り、一緒に食べる。


これだけ。レシピと呼ぶには少々、ごめんなさいねな手軽さですが、これがね、すごい合うの!


南イタリアを旅行された方なら食べたことがあるかもな、ブリオッシュとグラニータ。


そう、南イタリアの夏の朝ご飯。ブリオッシュ生地のパンにジェラートやイタリアの氷がき、グラニータを載せて食べるものですが、これを彷彿とさせます。


デザートワインなんか合わせちゃったら、いっぱしのドルチェざんす。


ぜひお試しあれ!


パネットーネとパンドーロのご注文はこちらから


Proteofood


Via Bella Italia


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-16 20:02 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_20504894.jpg




こちらのブログはベッラなイタリア、美しいイタリアをご紹介しようと立てていますが、美しいものにはとげがございます。


だからこそ一層その美しさも引き立つのかもしれないのかな・・・・・とはちょっと府に落ちませんが、イタリアのとげもご紹介しておきましょう。


事の発端は2週間ほど前、IMPS、イタリアの年金制度ですが日本でいうところの社会保険事務所からお手紙来ました。


労働ビザをとって、商業税理番号とも呼ばれるIVAを開けて7年。めっちゃ払い込まされたいMPSがどうやら、去年あまり稼がなかったので、今年はクレジット貯金(一杯払いすぎさせられたのでたまっている)があるそうで、そこから今年の支払い分を払っていいよという話は会計士から聞いていた。なので私はてっきり、保険事務所からクレジット貯金のお知らせでも届いたのかと思いました。


というのも、8月の支払い分はクレジット貯金を使うと会計士に言ってあったのに、バカンスに旅立つのに忙しかったらしく、忘れちゃったんですね。

で、8月の半ば、銀行からすごい剣幕でお電話が来た訳。

クレジット貯金を使うと思っていたので、余計なお金は口座に入れていなかったので、どどーんとIMPSを引き落とされちゃった後、私の口座は赤になった訳で。

8月の半ばなので会計士には連絡はつかない(バカンス中)。銀行は「はよー金持ってこいいいいいいい!」と。泣けました。


で、そんなことがあったので、私のクレジット貯金は手つかずで残っているので、手紙はてっきり「まだ残っているよー」のお知らせかと思ったのでございます。

ところが手紙の一番後ろには請求書が一枚。


なんざんしょ?


で、またもや会計士へのお問い合わせ。

ここで発覚したのは、去年あまり所得がのびなかったので、今年始めに出た新しい法律では私はコントリブートミニモという枠に入るそうで、なんと今年はIMPSを払わなくてもいいはずだったのに、会計士が申請を忘れたらしく、払わなくてもいいIMPSを日本円で40万ほど払っているということが判明。


しかも、先日IMPSから来たお手紙は、IMPSってイタリアでは年4回で分割払いするんですが、2月分払ってないぞおおおおおお、うりゃ!と罰金と延滞分の利子上乗せで請求。


さて、なぜに私は2月に払っていなかったのか?

今までの6年間、税金、IMPSの支払いは会計士に任せてあり、毎年、支払い月と支払い額のお知らせのメールをもらっていて、その支払い期日には自動的に銀行口座からどどーんと引き落とされていた訳で、今年は会計士からお知らせメールが来なかったのと、何度か今年は新しい法律で支払いがないというのを聞いていたのと、銀行からも引き落とされなかったので、まったく支払わなければならないものがあることさえ知らなかった訳で。


ちょっと待て。

まず、何故今年は支払わなくてもいい年金をしかも日本円にして40万も、私は支払ってる訳? = 会計士のミス

クレジット貯金を使うって言ってあったのに、使わずに私の口座が赤になったので、その後銀行に利子を払う羽目になったのはなぜ? = 会計士のミス

なぜ、私にお知らせメールを会計士はくれなかった訳? = 会計士が忘れてた。


しかも、ここでさらにどうやら、いや確実に5月に年金の支払いがあったのも払っていないだろうということが推測された訳で。


会計士のミスから生まれた小さな利子だの、罰金などがどんどん膨らんで行くんですけど? なんで私がこれを支払わないと行けない訳?


と、ここ数日、友人たちに憤りを吐き出したら、みなさんあっさり「ミカが支払う必要ないだろう? 会計士ってミスやらかしたとき用に保険かけてるから、彼女のミスなんだから、彼女に支払ってもらえばいいだろう?」と。


ということで私の会計士は会社の会計士なので、店長に「私はこんなもん払わんぞおおおおお! このお金があったら日本への飛行機の切符買えたのにいいいいいいい!!!!」と怒りをぶちまけてみたが、どうも話が噛み合ない。

確かに、今年支払わなくて良かった年金を支払う羽目になったのは会計士のミスではあるが、店長は「来年の分を先払いしていると思え。その代わり来年は本当に支払わなくてもいいんだから。」と。


それは理解できるが、勝手に支払い延滞だの、罰金だの利子だの分は納得がいかない。


「厳密には会計士のミスじゃないんだよ。ミスを犯したのはIMPS。イタリアの厚生年金がミカに請求するのを忘れたのに、そこをうやむやにして君が支払わなかったということで、罰金と利子をつけて請求してきているの。」


問題は、イタリアの場合、公共機関のこういったミスを修正する、クレームをあげる機関、場所がない。

ただ泣き寝入りをするしかないのだ。


私が被った被害は確かにかなり小額であるが、実はこういった公共機関のミスから無駄にイタリア人たちがお金をもぎ取られていることは少なくはない。実は店長も今回、似たようなことを被ったばかり。

さらに知り合いのお兄さんはつい先日、いきなり170万円ほどの年金請求書が来て心臓発作を起こしかけた。


もしかして、これって、この美しい国で将来年金をもらう予定者を先に抹殺、葬っておこうという政府の魂胆に見えて来ちゃいました。

これからイタリアで労働ビザを取ろうと思っている方、くれぐれもIMPSにはお気をつけください。


[PR]
# by viabellaitalia | 2015-11-13 20:52 | Comments(0)