d0346364_19422424.jpg



新年早々イタリアミラクルワールド炸裂です。

戦うためには休んでなんかいられない。


今年初出勤の事務所の寒さで勢い風邪をひきました。


いやはや。


風邪? ちゃんと休まないと!とか、ベットから出るな!とか言われてますが、自営業、そうはいきません。

日本のお客様が待っている箱たち、発送作業しないといけないんだもん。

日本語の住所をイタリア語に訳できるの、私だけですもん。

なんて動いてたら、声が出なくなり、市販の薬を飲んでましたが、効かない。悪化するだけで、こりゃああかんわとホームドクターへ。


「あっ、これは抗生物質をまず5日飲んで」と処方箋をもらい、あーこれで後、数日で回復するのねキラーン!と喜んでいた。

たまたま薬剤師の勉強をしている友人にもらった抗生物質を見せたら、


「ちょっと、これ違うわよ。これは膀胱炎などに効く抗生物質でインフルエンザ用じゃないわよ。


えええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!


長ーい休暇も明け、いよいよ当店スタッフもすべて帰ってきたので、全員揃っての初仕事の日、店長、その朝に急にインフルにかかり高熱で初仕事は初欠勤で、なんにも仕事にならん。


おいおい、咳と滝鼻水でなんとか出勤してきたあたしの出鼻は思いっきりくじかれ。


まあ、こんなこともあるわねと、調子も悪いし早めに仕事をあげて帰宅したら、

ベランダにある水道の蛇口から水が。


なんと稀な寒さで水道の蛇口が凍ったらしく、どこかにヒビが入った模様。

北海道ほど寒くならないにしてもときどき零下になるので、毎冬、外にある蛇口にはいらなくなった布切れをまいて、凍結予防してたけど、今年の冬はそんなもんでは利かなかったらしい。


あーあ。。。。。これって修理にいくらかかるの?


なんだか踏んだり蹴ったりな始動になったけど、今年は沈着冷静に対応していけば、きっと最後にはなんとかなる!のモットーで頑張るぞ!


と、ポジティブに明日を信じてまずはインフルで辛いからだを休めましょうと早めに寝て、すっきりと置きた今朝。


ガス給湯器が点火しない。。。。。。。。


ここ鉄の丘にはセメント工場があるんですが、このものすごーく細かい砂が実は空気中にかなり含まれている。

これがね、外にある給湯器などのスイッチのものすごーくせまい隙間に入っちゃって、それでもって湿気なんかが加わっちゃうと固まっちゃうわけ。

実は去年にも一度、点火スイッチのボタンが戻らなくなってガス給湯器の会社を呼んだことがある。


まさか、このためじゃないんでしょうけど、この家は大家さんからのたってのお願いで、年に一度ガス給湯器の定期点検をしなければならない。確かに法律で2年に一度やらなければならないんですが、国指定の業者に点検をお願いすると45ユーロくらいでやってもらえるはずなんですが、大家さん指定の業者さんは毎年点検で70ユーロ。高っ!


「でも保険だと思ってください。1年間は保障付きなので、なにか故障したらすぐ無料で修理しますから」というのが歌い文句である。


と言う訳で、今日の外気温は1度 (朝10時)

室内気温が余り下がってしまわないうちに、これはすぐ修理していただかないと電話をする。


「この寒さでうちもてんてこ舞いなんですよー。いつ修理に伺えるかわかりません。今、みんな出払っちゃってー。」


こんな輩を気温が下がりつつある家で、ぼーっと待つ訳にも行かない。カルロは毛皮を来てるから、まだ半日は大丈夫なはずだけど、私はインフル状態なので、暖房がある事務所でいつ来るかわからない給湯器の修理人を待つことにしょう。

大家さんにも蛇口修理人のことをお願いしないといけないし。


それにしても、ちょっとそろそろポジティブ思考の容量超えそうなくらい、ネガティブ問題山積み。


イタリア暮らしは、調子悪いのよーなんてベットに寝てられないの。上記の通り、毎日が戦いなんだもん。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-01-10 19:45 | イタリア広場 | Comments(0)

d0346364_21101542.jpg



超不景気なイタリアですが、こと食に関してはまだまだイタリア人、お財布のひもが緩くなるようです。

イブの日にトスカーナの行く途中の電車の中で読んだ記事では、最後の駆け込み食材調達でローマにあるEtalyがすごい大混雑だったとか。しかもお会計金額が、まさかの100ユーロなんて強者さんたちも多かったとか。

普段のイタリアじゃあ・・・・というかローマじゃあ、あり得ません。


今回のクリスマス休暇を過ごすために向かった先はトスカーナの海側、ピサ。

鉄の丘からは、まずローマまで電車で出て、そこからフィレンツェまで特急で1時間半。

フィレンツェから州内急行電車に乗ってピサまで小1時間。


ローマを出発をして半時間ほどしたときに、イブのディナー担当2人組から「ただ今ボローニャ。」というメールが来た。


おい! あたし、後2時間ほどでピサに着くんですけど? 


ピサからボローニャは車で1時間半ほどの距離らしい。先日も納品でボローニャに来てると聞いていたので、イブの日に仕事????


と思いきや・・・・・・・



「じゃじゃーん!」


「ボローニャに行く用事が出来たので、この際、せっかくだからここのトルテッリーニを買って来ようと思って。」


とうやうやしい箱を開けてみると、詰め物パスタのトルテッリーニが一杯。


なんと1868年創業のお店だそうで、品質保証のお手紙まで入ってます! ローマじゃあありえない!!!!!!!!


セコンド料理のボリータと呼ばれるお料理で出るお肉のブロードで茹でてプリモになります。


「本物のトルテッリーニはね、茹でないで生でも美味しいんだよ」とディナー担当シェフたち、お湯を用意しながらもぐもぐ。


今年のイブは男性二人がディナーを作ってくれて女性はゲストだからとは聞いていましたが、プリモもセコンドも付け合わせも全部、男性2人組作。セコンドで出るお肉のブロードをプリモに使うという手際の良さもすごいけど、普段はトルテッリーニのブロードって出来合いのものを使うけど、そこはやっぱりお料理好き男性2人組なんだろうな。

女性のお料理って一杯ある家事の中のひとつなので、いかに時間短縮が命だけど、男性のお料理って好きという情熱で作るので、作業も細かく、途中を出来合いのものではしょることも少ない。


「美味しいものを食べることってさ、ひとつの快楽じゃない? 人生を味わう醍醐味のひとつだろ?」


確かに。快楽を味わうのに、はしょっちゃだめだよね? 笑


イタリア人、食も快楽らしい。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-01-05 21:11 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_02082506.jpg

新年あけましておめでとうございます。

本年も昨年同様にご愛顧くださいませ。




イタリアに暮らして16年。今回の年始年末は本当に心暖まる素敵な時間を過ごすことができました。

イタリア人たちが戦々恐々と挑むお食べ地獄が、本当に生半可なもんじゃないぞ!というのを実感いたしました。


なんてたって24日深夜のクリスマスディナーに開けてすぐ、まだ充分胃もたれな状態で挑む25日のランチ。

やっと胃がもとの調子に戻りかけの大晦日のカウントダウン大飲み食べ地獄。


お正月が開けた今、しばらくディナーとかランチとか聞きたくないくらい 笑

もう1年分くらい食べた気分ですが、この時期に胃が大きくなっちゃったのか、ここ数日やたらにお腹が空きます。


幸か不幸か、イタリアのお正月のどんちゃん騒ぎは大晦日まで。

2日から普通の生活が始まります。私も元旦の夕方に戻ってきて、昨日はアニマルセラピー部門のカルロ部長を迎えに行き、今日3日から本格始動再開です。


といっても、今週は6日のエピフォニアがまた祝日ですので、実質3日だけ稼働ですが。


ピサの町で見つけた VIA DEL CUORE 💓通り。

今年はもっと心をオープンにして自分たちの心に耳をかし、直感も信じて頑張っていきたいと思います。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-01-04 02:10 | ご挨拶 | Comments(2)