カテゴリ:I love shopping通り( 62 )

d0346364_19574878.jpg



店長のお勧めのマセラティのメンズ腕時計が、日本のお客様からご好評いただいています。

時計好き店長、元々はエンジニアですので、時計のメカニズムも凝りまくりのセレクトです。


イタリアでは特に、カトリックのしきたりであるコムニオーネや、大学卒業などのお祝いに、かなり高額な腕時計をプレゼントすることも多く、ステイタスシンボルとしての位置づけが確立されています。


今回の腕時計も現在、日本への空の旅中。もうすぐお届けです。



d0346364_19571600.jpg






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-09-11 19:59 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_18554003.jpg

写真はAERONAUTICA MILITAREさんより借用させていただきました。


大昔ですが、映画トップがンを見てトム クルーズの笑顔に惚れたミカです。


ここ数年各一流ブランドでミリタリー柄ブームですね。女性も男性のラインにも迷彩やミリタリーなカラーなど使われるコレクションやラインが多いですが、現在、VIA BELLA ITALIA(ヴィア ベッラ イタリア)のバイマショップで、イタリア空軍の公式ウェアブランド AERONAUTICA MILITARE アエロナウティカ ミリターレの腕時計をご紹介しています。


イタリアの空軍の空中アクロバティック フォーメーションフライトチーム フレッチャ・トリコローレのパイロットウェアを制作、供給する公式ブランドでしたが、2004年に「人々に開かれた空軍」にするという軍の意向のもと、公式ウェアの販売が始まりました。

空軍のロゴやワッペンを随所に使い、イタリアンカラーを上手に配色し、ロゴの刺繍や素材のデティールにもこだわり、カジュアルでも風格のある大人のスポーツウェアとして、お勧めのブランドです。

空軍なだけに、ちまたに溢れた迷彩ミリタリーとはちょっと違ったスマートなイタリアンテイストが満載なハイセンスなアイテムが揃っています。


実際、自分の周りの空軍の人は陸軍関係の人よりおしゃれさんが多いです。

陸軍さんって、ちょっと筋肉にこだわりすぎと言うか、笑  胸筋とか腹筋とかぴっちぴちのTシャツとかワイシャツでいかに、筋肉ありまっせーを見せるのが、まずおしゃれの基本軸で、色合わせとかはその次な感じ。爆


今回ご紹介のパイロット ウォッチはやっぱり空軍だけあってメインカラーは、スキッと! イタリアのスカイブルー。

意外にも気圧とかGとかためでしょうか? 風防などかなり頑丈な作りになっています。


d0346364_18560305.jpg
d0346364_18561891.jpg

お買い物はヴィアベッライタリアのバイマショップへ!






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-09-07 19:01 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_18521713.jpg



数年前に日本のテレビ番組に出演したとき、最初はせっかくですからイタリアの方もご一緒に出演くださいとお誘いいただいたので、店長、実はかなり楽しみにしていたんですが、残念ながら時間の都合で彼の出演なしになってしょぼーん。

日本で活躍するジローラモさんにちょっと対を張りたかったらしい。


確かに、正真正銘のちょい悪おやじ道まっしぐらだもんね。と言うと「シッケイ(失敬)な!」とは言いますが。


ジローラモさんと同じく、南イタリア出身の店長。

南イタリアの男性って北の人より、男の美学、ダンディズムにかなりのこだわりがあるように思います。

イタリアに来て、ちょっと驚いたのが紳士服や男性のアクセサリーや、シェービングなど、男性の日常のアクセサリーの需要も多ければ、市場でのポジションも高い。

流行を追わないだけに、質の良いものを身の回りに置く、身につける。というところにイタリア人男性はとても固執と言っていいほどの情熱をかける。

なにせ自分の人生の主人公を演じるイタリア人ですから、生まれもっての俳優さんたちですもの、自分を見せる演出も上手く、おしゃれです。


イタリア人男性がこだわるアクセサリーのひとつである腕時計はステイタスの演出アイテムでもあるので、選ぶときはかなり熱が入ります。


マセラティの時計は、腕時計が大好きな店長のも鷲掴みにしちゃったようで、彼もマセラティがこんな素敵な腕時計のコレクションを出しているのを知らなかったようです。



d0346364_18521095.jpg



マセラティの車のように、研ぎ澄まされたデザインと設計の腕時計たち。

一人のイタリア人男性として、腕時計好きとして選んだ時計たちを日本のお客様からオーダーをいただくと、同じ男性として好みがシンクロしたのが、すごく嬉しいようです。


昔、店長が「紳士服の良いものを買いたいな・・・という時のショッピングは女とは行けない。もちろんいろいろアドバイスはくれるけど、それは女性の目で見て、素敵かどうかで、男性同士の視点とちょっと違うんだよな。こういうときは、おしゃれな男性と行かないと今イチなんだよ。」と言っていたことを思い出しました。


店長がセレクトした腕時計は、兄弟やお父さんに贈りたい、きっとこれだったら喜んでくれるはずという「男の視点」で選んだものです。きっと日本のお客様のも虜にしちゃうと思います。


ちなみに店長の家系は500年以上続いたシチリアの貴族だったおうちで、戦後イタリアでも華族制度はなくなりましたので、今でこそ普通の人たちですが、やはり身の回りのものへの審美眼はお貴族様のままです。
(ここも日本から来てびっくりしたことのひとつ)

そんな彼らが、これは良い!と選ぶイタリアンスタイル、どんどんご紹介していきますね。





最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-07-28 18:54 | I love shopping通り | Comments(0)

ブラ考察 in イタリア

d0346364_20122814.jpg

Photo by intimissimi




先日、ブラを新調しようといつものYammayに行こうとしたら、鉄の丘yamamay店がいつのまにか閉店していて、仕方がないので、intemissimiへ向かった。


intemissimi(インティミッシミ)とYamamay(ヤママイ)はお手軽価格のイタリア人気下着メーカー。日本でいうところのトリンプとワコールという感じでほぼ互角の2大ブランドである。


私はYamamayファンです。

intimissimiは胸の谷間と言いますか、あの部分の長さが広い設計なので、イタリア女子よりボリュームがないmade in Japan胸では谷間が作れない。

最近はどちらのブランドもプッシュアップブラがありますが、intimissimiのプッシュアップは、ちょっと限度を超えてませんか?と言う感じに無駄にパットが入っていて、いきなり爆乳になっちゃうので恥ずかしい。


しかも、サイズが微妙に二つのブランドで違うのでintimissimiだと私のサイズは1と2の間らしく、どっちつかずでよくわからない。




イタリアのブラのサイズって変です。

1、2、3、4でカップの大きさは関係ない。


最近やっとカップも選べますというようなシリーズも出て来ましたが、基本はカップBらしい。


まわりのイタリア女子の胸を見てて、どうしその巨乳がBなんだ?????と思うけど、お店で見かけるのは基本B


ちなみに、あたくし、日本ではC、太っているときでDを使っていましたが、イタリアではいきなりB。


イタリア女子の巨乳、昔の同僚のイタリア女子たちは4と5でございました。店長の奥さんが先日、子供産んで太っちゃったから昔の下着、新品のものも全部使えないので、いる?と見せてくれましたが、サイズが違いすぎてもらえません。


intimissimiでフィッティングをお願いするも、案の定「サイズはなに?」の自己申告で店員さんが計ってくれることもない。

試着してもどうもしっくり来ないので、結局、後日ローマのYamamayまでブラ買いに行って来ました。


そんな話をトスカーナ人ピサーノにしたら、

「そっち南イタリアは巨乳多いからね。トスカーナだったら君のサイズは普通だよ。」


ローマは地理的には中央イタリアですが、南イタリア出身、南イタリアから国内移民のイタリア人が多いので、ちまたにあふれているのは南イタリア系巨乳、爆乳系。

イタリアに来たばかりの頃に激やせをしたあの当時は、どこの下着ブティックに行っても店員さんたちに「ピッコロ 小さい」を連発されたり、サイズがないとまで言われた事も。

あるとき、洋服を買いに入ったお店で、胸の部分がボリュームがなさすぎて、開きすぎちゃうと言ったら、店員さんから「お客様の体型ならYamamayがお勧めよ。あそこのは寄せるので、この部分の高さが出るから」とお勧めをしてくれたのだ。



「北に行けば行くほど、胸も小さめだから。トスカーナいいよー! おいでー」とピサーノくん。


ふとそんなことを愚痴ったらトスカーナ在の日本人の友人からも、トスカーナだとだいたい2、3くらいが多いよと。反対にローマ女子どんだけ、でかいの?と聞かれました。汗


そう言われると、確かにここは4、とか5が標準です。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-07-21 20:14 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_00331825.jpg



南イタリアのバジリカータ州のマテーラは、洞窟住居がユネスコの世界遺産に登録された有名な町です。先日のお買い物代行はマテーラから。


今回の指令は「マテーラの幸せを呼ぶ笛ククーを探せ」


お買い物代行のご要望って、本当に多岐に渡っていて、毎回、気分は探偵です。

しかも、あたくし、イタリアに16年も住んでいますが、バジリカータ州は高速で通過しただけで、マテーラにも行ったことがない。

「幸せを呼ぶ笛、ククーってなに?????」

ここからお買い物代行が始まるので、毎回いろんなことを学びます。



その昔、メンドリの形をした笛、ククーは家の中を彷徨う悪い聖霊を遠ざけるものとされ、マテーラでは大切に居間に飾られるものでした。

確かに洞窟住居で知られる町ですし、家の中、暗そうですよね。・・・・って行ったことがないので、想像ですが。

おもちゃなんてそんなになかった時代ですから、子供たちにとってククーは憧れのおもちゃでもあったそうです。

貧しい南イタリアの町では決して、全ての子供が持てるおもちゃではなかったんです。


家の魔除けとして使われた素焼きの笛ククーは、現代ではカラフルに絵付けがされたり、背中にお花や小鳥を乗せ、豊穣のシンボルとして、結婚式の当日に新郎新婦に贈られるそうです。


こういったその土地にしかないものって、大体は町のメイン通りのお土産屋さんなどで扱っていて、情報収集が難航する商品なんです。案の定、お客様からいただいたお店情報に連絡をしても回答がこない。

市の観光情報サイトで見つけたククーの制作職人さんらしき人のフェイスブックページを見つけたので、思いきって電話をしてみた。


「すみません。あの・・・・幸せを呼ぶ笛、ククーを探しているんですが・・・・。」


「はい? ええ、ククーをお探しでしたら、大正解のところにお電話いただきました。」



d0346364_00333413.jpg
写真はGeppettoさんより拝借しました。


普通、職人さんってぶっきらぼうな方やお年寄りが多いのですが、こちらの職人さんはまだ若い方で、今時のSNSアプリも対応可能。

お客様からお見積もりにGoサインいただいて、ほんの半時間ほどで、買付、集荷の手配まで完了。


マテーラにはもちろん、何人もククーを作る職人さんがいるようですが、「うちのククーです。」と送っていただいた写真を見た途端、もうピピピピピピッ!と来ちゃって、お客様にも「ここの可愛いですっ!」と力強くご提案させていただきました。


ノーベル平和賞受賞者のダライ ラマ14世がマテーラを訪れた際、こちらの職人さんのククーを吹き幸せを祈られたそうです。これは間違いなくご利益ありそうですね。



d0346364_00332774.jpg

私も近い将来マテーラに行って、ククー買って来ちゃおうぞおおおおおお!



VIA BELLA ITALIAでもククーをお取り扱いしています。

ご注文は

http://www.viabellaitalia.com/ja/home/4522-geppettocucuu-di-matera.html?live_configurator_token=03b79ce13a34a35df778b4d0115685fe&id_shop=1&id_employee=2&theme=&theme_font=font8






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-07-13 00:37 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_00313129.jpg



日本ではまだ未発売のグッチのコスメライン、とっても乙女心がくすぐられるアイテムたちです。


アイシャドーやマスカラ、リップラッカーなどのカラーセレクションが使いやすい色が多く、それでいてどこにでもありそうなというものではない。


グッチが提案するスタイルを完成させる最後の一手間の部分を担うラインなだけに、かなり考え抜かれたセレクトだと思います。


カラーセレクションもそうだけど、パッケージもまさにグッチ。

アイシャドーやチークはお粉の部分にGGが刻印されていて、使うのがもったいなくなっちゃう。



d0346364_00315551.jpg


d0346364_00320897.jpg

このマスカラの色、実はお気に入りです



実はお値段も他のファッションブランドが出しているコスメラインと比べるとお安い。

このお値段でグッチの口紅飼えちゃう?????と思うとつい、気が大きくなっちゃって、大人買いしちゃいそうな危険なアイテムたちです。


例えアイシャドー一個でも、グッチ。

こんな素敵な巾着に入っています。


お買い物は www.viabellaitalia.com

お問い合わせは info@viabellaitalia.com まで






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-06-21 00:43 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_19364555.jpg
先日のお買い物代行はヴィトンのiPhoneケース。




白状しましょう。ヴィトン好きです。いや、最近になってですが、やっぱりヴィトン好き。


ヴィトンって王道ブランドですよね。日本の皆様、なにか1個は持ってるという人も多いと思います。

ヴィトンのお財布素敵とかバック可愛いとか、みんな持っていても、なぜかするーっと通り抜けていました。

イタリアはね、道ばたで偽物売ってます。販売する事も買う事も違法ですが、みんな買います。爆

「イタリア人の私がヴィトンのバックなんか持ってると、絶対偽物だとマークされちゃうけど、日本人のミカなら本物かもって思われるから役得ね」と友人たちに言われるけど、そこまでして買いたいとも思わなかったので、するーっと。


特にイタリアに来てからは、「ヴィトン? おフランスかよー!!! イタリアにはもっと良いものあるだろう?」とか「所詮合皮じゃん!」とか聞くこと多くなりましたが、その都度「やっぱ、グッチ?」「やっぱ、フェンディ? プラダ?」とか思ったけど、

やっぱり、いや最近ヴィトンが可愛いすぎ!


ヴィントンから出ているiPhoneケースが、もう可愛いすぎ!!!!!! なんですが、私、Phoneユーザーじゃないので、買えない、使えない。あああああああ、ジレンマ!

アップルとはもう20年以上の仲良しです。仕事は全部Mac。でも携帯はPhoneじゃないの。

昨今ヴィトンのステーショナリーがそそられるものが多く、もう白状しちゃう。ヴィトン好きです。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-04-27 19:38 | I love shopping通り | Comments(0)

クルチアーニ

d0346364_01295242.jpg



今回のお買い物代行はクルチアーニ。

ペルージャ生まれのメーカーです。

ここ数年、レース編みの可愛いブレスレットが日本でも販売されていたようですよね。バックなどもきれいな透かし生地のものがあったりと、てっきりアクセサリーのブランドだと思っていたら、実はニットメーカーがメインで私がよく目にしていたアクセサリーたちはCrucianiCという別ラインのものでございました。

考えてみるとペルージャ近郊はニットメーカーが多いかもしれません。

世界に名前を馳せてるメーカーが軒並みです。ペルージャはチョコレートだけではなかったという事ですね。


紡績、染色、縫製の全てを自社内で行うクルチアーニ。

シルエットはタイト&フィットが基本です。肩からアームホールが小さめにデザインされ、体のラインにぴったりとフィットします。1枚で着た時はもちろん、インナーとしてコーディネートする際にも、最高の着心地、フィット感、動きやすさを感じることができる上質なものです。


デザインはシンプル。でもクラシックにならない。

今回のお買い物代行の依頼を受けたときも、正直なところあまりにもシンプルなデザインなので、日本でも似たようなものありそうなんだけどな。と思いましたが、実物を見たらね、考えが180度変わりました。

仕立てがものすごく良いんです。

イタリアまでこだわりのご注文される気持ちがわかりました。


最近配送もイタリアと日本間、なかなか早くなってきています。来週にはお届け予定です。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-04-22 01:30 | I love shopping通り | Comments(0)

思いっきり誤算でした

d0346364_19553697.jpg



かれこれ6年も前になりますが、日本ではまだまだ無名だけど、

こんなに美味しいオリーブオイルやワインがあるんだから! 

ロバミルクのスキンケアだってすごいんだから! 

日本の皆様にお届けしたい!


の気持ちで立ち上げたオンラインショップ プロテオフードのオンラインショップ。

生産者さんたちの真心がこもった商品たちを手荒な国際配送に耐えうるようにと、店長が頭を悩ませ探したボトル用の段ボール箱。

無名な商品だから、きっとお試しという感じでお買い求めになるだろうなと1本と3本用の梱包資材をご用意しました。


がっ!!!!!


実際、蓋を開けると国際配送料は決して安くないですから、皆様まとめ買いをされます。

ワインなどのご注文はもう99% 12本セット。残りの1%が他の商品とおまとめ。

というわけで、当社の倉庫にはボトル用の1本用と3本用の箱がわんさかと残っています。すごい誤算でございました。


12本セットのオーダーが来たら、あたくし、ちまちまと3本用の箱をまとめて12本用の箱を作ります。

それぞれ組み立てた箱たちは、きっちり合わせていかないと最後がエラいことになっちゃいますし、そこは折り紙民族の本領発揮。いや、イタリア人には無理なお仕事です。

箱の中には、中でボトルが動かないように固定の梱包資材を入れます。ボトルの底部分と首の部分をしっかり固定できるように2タイプ。これもちまちま組み立てます。

で、最後は組み立て12本セット段ボールが荷崩れしないようにがっつり、ぐるぐるテープで補強。

この時点では12本、ワインも入っているので箱自体は20kgほど。それを糞転がしくんよろしく、ころころ動かしてテープをまきまき。


この作業中、いつも思うのが「本業ってなんだったっけ?」


本来大雑把な性格ですが、荷造りは几帳面なA型の父がいつも丁寧に作っていたのを見よう見まねで覚えました。

まさかね、イタリアでこんなことが役立つなんて思ってもいませんでした。


今回は36本。12本セットが3個。

3本セットの箱は12個消費。


まだまだ倉庫には1本用の段ボールがあります。。。。。。。汗


d0346364_20392755.jpg

3月15日より4月2日の24時まで、進学、就職で4月から新しい生活を始める方応援セール実施中です!

登録いただいている日本のお客様がログインした状態でだけ、特別割引価格が見えるようになっていまーす!!!


お買い物はVIA BELLAITALIA.COMへ








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-03-29 19:57 | I love shopping通り | Comments(0)

d0346364_02223410.jpg


日本にはないものをイタリアから直接お届けしています。

届いた箱を開け、ちょっぴりイタリアの雰因気を感じちゃいました!とかずっと探していたものなんです!とお客様からご連絡いただくと嬉しく、また頑張っちゃうぞーとスタッフ一同ガッツポーズをしちゃいます。

しかし、海外からお買い物をするということは、日本では想像できないことや事故や事件も一杯発生いたします。

そんな中をスタッフが必死に水面下でカバーできるか右往左往。

日々起こる事は日本的に見ると「やっぱりイタリアだから」とか「信用ならない」とか「騙されたんっすかね?」と判断を下されそうなことでも、実際は「やっぱりイタリアだから」でも「信用ならない」とか「騙されたんっすかね?」ではないんである。

国民性の違いなだけで、意地悪でも詐欺でもない。

日本はなんでも便利で、今でこそネットで24時間世界の裏側とつながっていて、まるで日本の延長線に見える水平線の向こう、こっち側は違いがある、個性が違う。これが良しとされる国なんである。


私は日本人なので、日本のお客様の期待に応えれるように頑張ってしまうが、同じことをイタリア人には期待してはいけない。

海外からお買い物をする場合は、もしかしたら届くまでに起こるハチャメチャな珍事件も楽しんでいただいた方が、よりイタリアから買ったの!って実感いただけるのではないだろうか?とふと思ったり。


3月の初旬にシチリアの食材をご注文いただいた。

新鮮で美味しい本場の味をお届けしますと、一応72時間以内に商品を当社に送ってもらえるようには話してある。

が実際のところは「これから作るから、お届けまでに1週間くらいかかります。」と言われることも多い。

で、1週間後に商品が届いて、わーい!!!! さあ、日本へ向けて発送しなくっちゃ!と国際配送用に梱包し直そうと箱を開けると・・・・・・・汗


今回はピスタチオの粉末を注文したのだが、ピスタチオパウダーというラベルがついたピスタチオ薄皮つきが届いたわけで。


こらー!!!!と連絡をしたら、「すみませーん! すぐパウダーを送りますね。薄皮つきも集荷しますから!」と。

で、これまた1週間待ってみたが商品が届かないので、電話番号をピッポッパするわけで。

「ああああああああ、はい、はい! 今日、送りましたから!」と言われたので、ついついイタリア人スタッフも、「あっ、そうですか、どうも!」と電話を切っちゃったわけで。


シチリアは大きいけど離島なので、本島との間の配送はちょいと日数がかかるが、そんな中でもかなり早い宅配業者を使ってくれているこちらの生産者さんの箱は通常は次の日には届く。


が・・・・・2日待ってみたが、届かない。

3日目に、もう1件、注文も入ったので、動いてくれよと電話をしてみる。

「えええええええっと、実は、マッキナが壊れちゃって、今日、やっと修理できたので、送りました。」


イタリア語では機械も車もコーヒーメーカーも、マッキナである。


なんのマッキナが壊れたんだ?????? まさか、宅配業者のマッキナ(車)が壊れたとか?

それとも宅配業者の集荷事務所に荷物を届けに行くのに、あの自慢の中国産のマッキナ(車)が壊れたとか?


と思わず、いや、ちょっぴり嫌みも込めて「どのマッキナが壊れたんですか?」聞いてみた。


「・・・・・・だからピスタチオを粉末にするマッキナ(機械)です。とりあえず、もう送りましたから。」



多分、これが日本だったら、送ったって嘘ついたな!とクレームですが、シチリア人も、こっちが商品を待っている事もわかっている、で、本当は、もう送っておきたかったのよーな気持ちが入って「送りました。」の言葉になっちゃっているので、悪気はないんである。

いや、日本的には充分 悪いんではあるが、イタリア的にはこの言葉の裏の気持ちを組まなければならないんである。


で、次の日、今度はシチリアから箱を送ったので交換で集荷もかけたので、今、送り状送りますねと電話が入ったので、本当のところは、この時に商品を発送したと見る。

ここでまたも嘘かよと怒っちゃいけないんである。


今日、やっと正解の商品が届き、間違いだった薄皮付きたちは集荷されて行った。


が・・・・・、2回目に電話をかけて催促したときに、今回ラベルなしで送っちゃったので、間違って薄皮付きにつけちゃったラベル、はがしていいですから、使ってくださいねと言われていたんですけど、実際発送したのはそれから4日も後だったのに、やっぱりラベルは再利用してねと、貼っていなかったわけで。汗


しかーも、新オーダーのことも最後の電話の際に確認してたくせに、同梱包にはしてくれんかったわけで。


日本の皆様。すみません、悪気はないんです。商品は本当に美味しく、高品質。

でも生産農家さんってここで能力の全てを使い切っちゃっていて、そこまで情熱と歳月をかけた商品を売るために流通に回すところが、もう能力が残っていないんです。

どうかどうか、ここのところ気持ちを組んであげてくださいませ。

このいたりあーんなところも楽しみながらお待ちくださいませ。




d0346364_20392755.jpg



3月15日より4月2日の24時まで、進学、就職で4月から新しい生活を始める方応援セール実施中です!

登録いただいている日本のお客様がログインした状態でだけ、特別割引価格が見えるようになっていまーす!!!


お買い物はVIA BELLAITALIA.COMへ








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-03-28 02:25 | I love shopping通り | Comments(2)