カテゴリ:イタリア広場( 69 )

Ciao Ciao 暗黒時代

d0346364_23320298.jpg



先週の金曜日、やっとやっと私のホロスコープから重くのしかかっていた意地悪な星たちが全て、外れたらしい。

いや、本当にどんなに頑張っても、努力しても実らない。

たまーに訪れた幸運を必死に掴むも尻切れとんぼになったり、幸運だったはずがその後、次々から問題の種になったり。


なんで私の人生こうなの?な暗黒の時代がやっと終わったらしい。

昔は、努力するば道は開く。人生って死ぬときには辛い苦しいこともあったけど、こんな良い事もあったってプラスマイナス0で終わるはず!と信じていたけど、いやいやどうして、もう希望さえ持てなくなりそうなくらい、ずしっと私に重くのしかかった意地悪な星たちはなんと6個もあったらしい。一つ二つなら他の良い星たちが頑張ってくれて、なんとか助けてくれるも、6個も重なっちゃったら、それぞれが相乗効果まで発揮しちゃって、暗い、暗い。しかも長かった。

とにかくくねくね試練の道ばっかりで、全然明るくならない。

やっと、やっと意地悪な星たちが去ったから、後は自分の努力次第。今度からは今まで見たいに常にあっちもこっちも八方塞がりにならないかもしれない。頑張れ自分! これからこそが夢を実現できるかもしれない。


そんな気持ちを持続させるために、これは暗黒の時代の扉をしっかり閉じて、未来よ、いらっしゃい!をしないと。

誕生日が近いので同じく暗黒時代だった店長とふたりで暗黒の過去にチャオチャオをしようとささやかなランチをすることにした。


プチトマトとツナのパスタ。全然そんな大切な日を彩れるランチではないので、せめて新しい時代の幕開けを祝す乾杯は、あの特別のワインを開けよう。



2002年に当時働いていた日系の旅行代理店H○○のクリスマスにいただいたブルネッロ。

ってすでに14年が経とうしてます。汗

実は曰く付きで、このときに実は5本のワインをいただいたんです。そのうちの3本がブルネッロ。それ以外にもイタリアの年末料理に欠かせないお豆とかはちみつをいただき、いくらおうちが近くてもさすがに全部は一度に持って帰って来れないので、最初にブルネッロ1本と白ワインの2本を持ち帰り、後はクリスマスイブの仕事納め後に残り全てを持ち帰り、その夜は友達と宴だああああ!と予定していたんですが、24日の帰宅途中にお昼ご飯で寄ったマクドナルドで残りのブルネッロ2本ともう1本のワインとお豆たちが入ったバックをアフリカ人と北アフリカ人の泥棒に盗まれたんです。


大慌てで泥棒を追っかけたけど、警察もね、鞄の中身が財布やパスポートじゃないので、全然親身じゃなくって。


で、手元に残ったブルネッロ1本も、当時は本当に人生波瀾万丈でイタリアと日本を何度も何度も往復してて、店長のおうちに預かってもらっていましたが、忘れた訳じゃなかったけど、このワインを開けるようなチャンスもなかった訳で。

店長のお兄ちゃんが遊びにくる度に目にするブルネッロ、「いくら名ワインでも、ここワインセラーじゃないし、もうだめになっちゃってるんじゃないの? 早く飲んじゃいなよ」とは言ってくれるけど、開ける気にもならずに時代が流れちゃったわけで。


こんなに苦しかった暗黒時代とおさらば、新時代いらっしゃいの乾杯にはぴったりじゃない?


「でも絶対、もうだめになっちゃってるよね、これ。」とか言いながら開けたブルネッロでしたが、見事に14年の歳月を生き延びていただいてました!


めっちゃ、タンニンきつううううううううううううううう! だけど深みがあってすきっとした飲み口。たまらーん!!!!!


と杯を進めて、ちょっぴり二人とも酔っぱらって来た頃、改めてラベルを見た店長。


「・・・・・・・・・驚くなよ。このワイン・・・・・・95年ベンデミアです。







って?????? 21年ものおおおおおおお??????




めっちゃ、ささやかなランチでしたが、このブルネッロがもしちゃんと管理され保管された21年ものだったら、おいくらだったでしょーか?の部分で、いきなり超豪華ランチになりました。


ありがとう旅行代理店H○○。

ありがとう、当時の店長M様。

いやっほーい! ありがとうブルネッロ。素敵な幕開けになりました。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-10-10 23:33 | イタリア広場 | Comments(0)

チャオ チャンピさん

d0346364_01123013.jpg



今日は元イタリア大統領 カルロ アゼーリオ チャンピ氏のお葬式がローマで行われました。享年95歳。今日、9月19日は彼と奥様フランカさんの70回目の結婚記念日だったそうです。

仲が良かった俳優で映画監督のロベルト ベッリーニも参列し、親族の方達に「父を失ったような気持ちです。」と語ったそうです。

「神がおっしゃられた。奇跡を起こそう。イタリア人たちにはチャンピを贈ろう。」

記者のインタビューにロベルト ベッリーニがウィットに富んだ答えをしたようですが、きっとチャンピさんの人柄と功績を上手く表現しているんじゃないかな?



私がイタリアに暮らして、気がつけば16年なんてすごい時間が過ぎちゃっています。

海外移住、ましてや、まあ、好きな人がいるから・・・・なんて甘い思いでやって来たこの国での暮らしは、まったくもってそんな甘いものではなく。

いい年の大人がまったくひょっこり住む国を変えるというのは、想像以上大変なんだという現実を目の前に突きつけられたものだった。


昨日もブログに書きましたが、一般常識、一応日本の学校で教えられていることは学んできていますが、それはイタリアを遠い東洋の国から見た視点、しかも広いヨーロッパのうちの一つ国のことなので、かなりはしょっています。


いい大人なのに、自分と同じ世代、あるいはもっと若い人たちとの、普通の会話の話題について行けないのは、言葉の問題ではなく、いかにこの国について無知だからであったわけで。


そう、地理も歴史は日本で学んで来たことは視点が違うので通用しないのである。

政治もしかり。

日本にいるときは、政治に無関心でも普通に問題なく生きて行けたけど、ここでは、「普通に無難に生きてゆく」ためにも政治のことがわかっていないと痛いめを見るんである。

果ては自分の権利を守る(主張する)ために法律だって理解しておかないとエラいことになることがありすぎる。

落とし穴が一杯開いてて、そう行った武装をしないと平穏には生きて行けない。


毎晩の様にテレビの政治討論番組で政治家たちが出演しては声を大にして議論し合う。

言葉がわからなくても、なんとなく政治家たちの顔や名前を覚え始めた頃、イタリアには首相と大統領が居ると言う事を知った。当時の大統領はチャンピさん。大統領任期が99年から2006年までだったので、私にはいつも大統領はチャンピさんと言うイメージがついちゃって、次のナポリターノさんになじむのにちょっと時間がかかりました。


チャンピ大統領は狡猾な顔つきのベルルスコーニ首相と相対する小さな好々爺、おじいちゃんというイメージを持った。

海外派遣の戦場で亡くなったイタリア軍兵士の棺をローマのチャンピーノ空港で迎えるのは大統領。いつもなら棺の前で黙祷しているかのような大統領があるとき、数歩前に歩み寄り、棺にそっと手を置いた映像をテレビのニュースで見たことがある。

何気ない行動だったのだろうけど、その姿が「おかえり。申し訳ないね。こんな形で帰国することになってしまったね。」とでも言っているかのようで、私まで胸が熱くなったことを覚えている。


首相と大統領ってどう違うの?と何度かイタリア人に聞いたことがあるけど、明白な位置づけが今だ今ひとつ解らない。日本の首相と天皇とは違う。イタリアの大統領は政治的な権力も充分持っているし。大統領はイタリアの代表なんだよと聞くけど、代表というよりはイタリア人たちののおじいちゃん、お父さんというイメージがしっくりと来る大統領だった。


みんなのおじいちゃんとして親しまれた2代前のローマ教皇ヨハネ・パオロ2世ともとても仲が良かったそうです。

イタリアのふたりのおじいちゃんたち、これからも天国からこのカオスな国を見守ってね。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-09-21 01:13 | イタリア広場 | Comments(0)

d0346364_00163356.jpg




今日からプロテオフード、並びVIA BELLA ITALIA全開始動でございます。


さて、お題は「お客様登録でさらにお得!」


そうなんです。VIA BELLA ITALIAで扱っている商品の中で、日本では結構お値段がするイタリアブランドの商品を、日本のお客様限定で特別な割引価格を設定しているんです。中にはイタリアに来て免税でお買い物するよりお安く割引している商品もあるんです。


ところが、これ、せっかく商品アップ時に日本以外のお客様と日本のお客様に分けtお値段設定しているのに、お客様が気がついていない事が多いんですね。


なぜだああああああああああああ????????と思ったら、システム上、お客様登録していただいた配送先住所が日本だった場合のみ、ログインした状態で画面を見ると、スタッフがせっせと入力した特別割り引き価格表示になるんです。

実は顧客のお客様にはメールでお知らせしたこともあるんですが、それでも気づいていないことが。


なぜだ???????????????????????と思ったら、日本のお客様限定なので、当然お客様は価格を円表示で見るだろうと読み、日本のお客様が円表示で画面を見た場合になっていて、ユーロで画面を見ちゃうことを想定していませんでした。


そうなんです。皆さん、まだお気づきになっていませんが、実はVIA BELLA ITALIAの商品、かなりお安くなっているものもあるんです。

でもお客様登録していただかないと、このシステム、結構意地悪で割引価格を見せないんですよー!!!!!


という分けで夏休み開け早々の課題は日本のお客様限定の特別割り引きをユーロ表示で見ていただくお客様にもすぐ解っていたでけるように修正する。の作業にかかっています。


作業がおっついていない商品で実はおいくら割引ですか?なんてご興味がある商品は、日本語でお問い合わせくださいませ。


お問い合わせ先のメールアドレスは info@viabellaitalia.comです。


あっ!!!!! お客様登録は無料ですよー!!!!!!!!!!






[PR]
by viabellaitalia | 2016-08-30 00:19 | イタリア広場 | Comments(0)

夏期休暇のお知らせ

d0346364_00404709.jpg


プロテオフード並びにVIA BELLA ITALIAは8月の第2週目の8日(月)から26日(金)まで夏期休暇をいただきます。


下記の一部のサービスは変則でお休みをいただきます。


オンラインショップのご注文は通常通りお受けしていますが、配送は22日以降となります。


お買い物代行サービスは10日(水)までのご注文をお承ります。配送は22日以降となります。


尚、業務買付サービスは8日から26日までお休みをいただきますことご了承ください。

(車運転する店長が里帰りなんですううう)


BUONE VACANZE!



写真は3年前.....ぎゃああああ、もう3年も経っちゃったんだ!

3年前の夏休みにスタッフ一同で、シチリアまで美味しいものを発見する旅に出たときのものです。








[PR]
by viabellaitalia | 2016-08-05 00:45 | イタリア広場 | Comments(0)

気が早いEURO2016 4戦目

d0346364_20053951.jpg

photo by www.ansa.it



EURO2016、イタリアの4戦目の昨日、イタリアVSスペインは、きっと多くのイタリア人たちの予想の大裏でなんと2-0!


3戦目の対アイルランド戦が、かなり弱々っちく負けたので、今回の対スペイン戦は試合前からすでに「強豪スペインだし,無理だね。」な雰因気が漂ちゃってましたが、試合前のイタリア代表チーム アズーリたちの国歌斉唱が、めっちゃ気合いが入っていて、あら?と思っていたら、試合開始から点にはならないけど、どんどん攻めていっちゃってますよー!!!!!


後半になるとやたらスペイン側のイエローな危険行為を見逃す審判の意地悪も入り、やっぱりだめかしら?と思わされたけど、珍しく踏ん張りました。


試合終了と同時に外はこんな田舎でも大混乱。

イタリア国旗を掲げた、いや国旗を振りかざしちゃっている若者たちの車が町に繰り出し、クラクション鳴らしまくり。

2点目のゴールを決めたときは、思わず私も店長も雄叫び上げちゃって、カルロはわけがわからずびびり吠え。


それにしても、イタリア人のこの喜びようは早すぎない? ただの4回戦なんですけど?とはにわかサッカーファンのMIKA


そうでした。4年前のEURO2012の決勝戦が対スペインで、0-4で大負けしっちゃって準優勝で涙を飲んだったっけ。

その記憶も新しかっただけに、今回の試合も「ヤバいね・・・・・」ムードがめっちゃ漂っていただけに、嬉しさがはじけちゃったイタリア人たち。


昨日はちょっと気が早い祝賀会をやっちゃった人も多いと見た。

と言うわけで、今朝はねお疲れモードなイタリア人がちまたに多いと思います。







[PR]
by viabellaitalia | 2016-06-28 20:07 | イタリア広場 | Comments(0)

イギリスEU離脱!!!!

d0346364_01145777.jpg




ぬあんとイギリス、EUにチャオチャオしちゃうことになっちゃいましたね!


まあ、そうだよね。大英帝国がEUの一部なんてポジションで我慢できるわけがない。

テロとかあるしさっさと縁切っておこう、なんだろうね。それにしても、51、9% VS 48、1%意外にも接戦でした。


イギリスのEU離脱騒動のBREXITの影響でここ数日為替がすごい動いています。

当社のオンラインショップVIA BELLA ITALIAもProteofoodも毎時間の為替を自動読み込みシステムがついているので、昨日まで1ユーロ 118円くらいのところをふらふらしていたのが、今日には113円にまで下がってます!


ということは!

昨日までは60,000くらいだったものが、今日は56,000円くらいになっているってことですね?


ということで、オンラインショップ、ただ今絶賛お買い得です!



それにしてもイギリスにはイタリアからの移住者が一杯。なにせEUだったし、滞在許可なんかも簡単だったろうし、不況が本当に底についちゃってるイタリアから飛行機で数時間のロンドンには一杯仕事があるということで、出稼ぎに行っちゃっている人たちが一杯。

実際、自分の周りにも友達や、友達の家族が働きに行っているケースが一杯。しかも数年も滞在している人の中には仕事も安定しているしと若いけど、家をさっさと買っちゃっている人たちも。セカンドハウスをロンドンに持っている人もいる。


しばらくはこういう部分でごたごたあるかもと思ったけど、イタリアじゃないからきっとさらっと問題なくシステム移行しちゃうかも。


このチャンスに憧れのイタリアンブランドをGet!

http://www.viabellaitalia.com/









[PR]
by viabellaitalia | 2016-06-25 01:17 | イタリア広場 | Comments(0)

d0346364_19060068.png



しかも、史上一番若いローマ市長。


来月38歳だそうです。イタリア、最近政治家たちもどんどん世代交代なのかしら? レンツィさんが首相になったときも驚いたけど。


しかも今回はイタリア人が好きな「美形」です。


イタリアって「美」に対しての認識が、日本と全然違う。美しさは善であり、強さであり、まず負にならない。

就職が特にこの点が如実に出ちゃいます。きれいな人はやっぱりちゃっちゃとコネを掴んだり、就職しちゃったり。


彼女の所属する、モビメント 5ステッレ。日本のニュースでは5つ星運動って訳されちゃってて、ちょっと違和感あるけど、実は、私はあまり好きじゃない。党首のペッペ グリッロさん、元コメディアンなんですが、見た目がね・・・・・きちゃないおっちゃん。で声がでかくてうるさい。


でも自分の周りを見回しても、圧倒的に支持を得ている新興政党。

というか、今までの政治にげんなりしているイタリア人たちが、まだ唯一、いつかはなにかやってくれるかもしれないと期待をかけれる政党。


ベルルスコーニの時代に政治から離れてしまったであろう、若い世代(って今では40代、50代ですけど)を再度取り込み、いろんな勉強会もあっちこっちでやるなかなか活発な庶民な政党。

今回の市長選挙はいつになく、みんな「投票行った?」と声を掛け合い熱が入っていたのは、こんな美人さんだったからか? それともみんなが大好きな5つ星運動だったからか?????


ローマは政治面ではやっぱり首都。(それ以外はミラノとかにお株を取られちゃってるけど)市長といっても非常に重要なポスト。多分アメリカでいうところのニューヨーク市長のポジション。

首都だけに南イタリアのすべてのタイプのマフィアが暗躍している土地柄なだけに、史上初の女性市長が今後、どう動くかとっても注目しちゃう。


男性ってある意味、いい具合に長いものに巻かれる習性があるけど、女性ってそういうところ世渡りは下手。会社とかでも、いや、そこは本当はだめでしょ?というところに目をつぶれなくって、上から叩かれちゃって、気が強い女とか言われちゃうこともあるけど、37歳、敏腕弁護士。一児の母。しかも離婚の危機のまっただ中。イタリアに多い、あたしは子供のご飯作らないといけないし、だんなのシャツにアイロンかけないきゃいけないのでとかを仕事ができない、遅れる言い訳には使わないタイプだろうから、期待したいな。

しかも、今回はこの5つ星運動が初めてローマの市長を輩出したわけだし、新しい風になって欲しい。






[PR]
by viabellaitalia | 2016-06-21 19:08 | イタリア広場 | Comments(2)

d0346364_19451629.jpg


ヨーロッパカップが始まりました!


ベランダにイタリア国旗が干されている、いや、違った「風をはらんでたなびく」季節到来。


サッカーのヨーロッパチャンピオンカップの始まり始まり。


イタリア統一して150年以上。共和国になって70年目の6月2日は共和国記念日だったけど、それもイタリア人たちの愛国心には全然火は付かなかったけど、サッカーとなれば、ボッと一気にチャッカマン。


しかも強豪が固まっているヨーロッパカップは、ワールドカップよりある意味、魂を熱くしちゃうものらしい。


「月曜日、ローマは、ヨーロッパカップで公共交通機関のストだからね。」って友達から聞いたときは、なにを馬鹿なことを?と思ったけど、何故ゆえ、月曜日のしかもイタリアとベルギーの試合開始の30分前なんてタイムリーな時間からストが行われちゃうのか?がイタリア。


笑っちゃうのが、そう決めていてもね、みなさんの気持ちはもう夜9時から始まる試合に行っちゃってるもんだから、どうやら国鉄の運転手も早々にとんずらをしたらしく、電車の中には数時間も電車の発車を待っていた人たちが取り残されてたり(みんな、本当は試合開始前に帰宅し、テレビの前に陣取るはずだった)。


そんなにイタリア人の心を熱くしたヨーロッパカップのイタリア初戦の昨日、友人による彼の友人のための絶望的なこんな募集広告がフェイスブックに載っていた。




ごめんよ・・・・こんなお知らせ告知を書くのも。でもすっごい重要なんで、もし誰か興味があったらと思って。


ボクの友人がイタリア初戦のチケットを買ったんだけど、実は・・・・彼の結婚式の日と同じ日だったということに買った後で気がついて。

なので、もしこの日開いてる!!!!行きたい!と思う人がいたら、彼のポストが空いてます。



■場   所   聖アゴスティーノ教会

■時   間   11時

■花嫁の名前   フランチェスカ



こらこらこらああああああああ!!!!! 

イタリア人!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



[PR]
by viabellaitalia | 2016-06-14 19:48 | イタリア広場 | Comments(0)

d0346364_20001752.jpg



ピアノの先生しているpallinaさんの教え子さんたちの発表会に先日、ちょっとお邪魔してきました。


私自身はまったく楽器が弾けない人間ですが、妹が子供の頃、ずっと習っていたのでピアノには特別な思い入れや思い出が一杯。

実家の居間にはグランドピアノがあったので、妹の練習時間にはテレビが聞こえないぞーとか愛犬まで練習に付き合い伴奏じゃないけど、歌い始めたり。

毎年のおさらい会(発表会)も一家の行事だった。


イタリアに来てからは甥っ子がピアノを習い始め、里帰りの時期とピアノの北海道大会の時期が重なり、札幌まで付き添っていったり、父が亡くなったときも、周りにはまったくわからなかった父の体調だったけど、父はなにかを感じていたのかピアノの大会に向かう孫に「じーちゃん、今年は行けないから、ばーちゃんが行くようにするからな。頑張ってこいよ!」と送り出していた事を後から聞いた。


毎年発表会のイラストをさせてもらっていながらも、なかなか発表会を見に行けず、今年こそは!と重い腰を上げたり。


リハーサルの時間だった会場には緊張した子供たちが、楽譜を持って駆け回っていたり、家族に甘えていたり、なんだか妙に懐かしいシーンでした。

先生たちが日本人ともあり、教え子さんたちもちゃんと弾き始めと終わりにちょこんとお辞儀をするのがなんとも微笑ましい。

イタリアはお辞儀の習慣はないですから(笑)


日本人の生徒さんたちは、やっぱり日本人。舞台に出てくるときも姿勢がぴっとしててお辞儀も形通り丁寧で、ピアノを弾くのもまさに堂に行ってます。

イタリア人の生徒たちはファンタジーが一杯なとっても個性的な演奏をしてくれたり。

日本の発表会の場合って、やっぱり皆さん、とってもお行儀よく楽譜通りお上手なんだけど、一辺倒な感じがして、時々退屈だったけど、イタリアの場合はそういう退屈さはなかったです(爆


ローマの片隅でこんな風に次世代の指導を頑張っている日本人の友達たち。

なにせイタリアですから、日々がカオス。そんな中で頑張って子供たちを指導しているのって凄すぎる。

そんな彼女たちの仕事の現場を見て、改めて応援したくなっちゃいました。


[PR]
by viabellaitalia | 2016-06-03 20:01 | イタリア広場 | Comments(2)

事務所で朝風呂

d0346364_19591716.jpg



事務所で朝風呂



って書いたら、友達が残業?と聞いて来たけど、違うよー。


金曜日の夜、さあ、週末だ!と浮かれ帰宅途中、私が住むマンゾーニ通りの住民たちが道ばたで井戸端会議。

厳密に言うと道ばたではなく、イタリアの場合はどちらか一方、あるいは両方の人それぞれの家の中から道を挟んでおしゃべりしているんですが。

図柄的には不思議です。そんな大声出してしゃべるくらいなら、ましてやお向かいさんなんだから、どちらかお宅にお邪魔しちゃってゆっくりおしゃべりしたらいいのに。と思うけど、そうじゃないらしい。


さて、話が逸れましたが、道を挟んでの井戸端会議の演目は、どうやらまた水道に問題があるらしい。


彼らの話を小耳に挟んだので、ふと道に面している各マンションの玄関口を見ると、ありました。

なんかお知らせの紙。



お知らせ


下記の道の家庭は、蛇口から出る水道水の「人間用」の使用は不可です。


〇〇通り、マンゾーニ通り、○■通り


2016年6月27日



飲料水じゃない場合は、No potabileって書くのに、今回は「人間用」の使用って書いてある。(汗

人間用使用って、どの範囲なの?と大慌てでお知らせの紙を写メで店長に送り説明してもらう。


「飲料に適さないというだけじゃなく、調理もヤバいし・・・・体を洗うのもヤバいってことじゃない?」


出た・・・・・・・。

数年前にも、水源地の池の一部に土砂崩れが流れ込み、近くの下水管を巻き込み、汚水が混じったという事件があり、復旧まで1ヶ月以上、鉄の丘住民は水道のお水は出るけど、使えないという生活を強いられたことがある。


前回は市役所で働く親戚がいるという友達から、一般には公開されない情報を聞いていたので、一早く対応できたけど、金曜日なんかお昼がすでに水道水でパスタ茹でちゃったもん。


今回も、一体、なぜ水が使えないのか? なにが混入して危険なのかは明記されていないし、復旧のめどなんか書いているはずもなく。

とってもイタリアンなお知らせ。


しかもこの日から急に暑くなって、もう絶対シャワーしないと、せっかくの週末おじゃんじゃないかー!!!!!な乙女心なんかまったくもって考えてくれません。


で、仕方がなく、というか幸いにも徒歩5分の事務所がある地域は水道に問題がないらしいので、土曜日の朝、朝シャンしに事務所まで。

朝起きがけのカルロくんのお散歩がてら、お風呂セットをリュックに詰めて出社。


事務所には2つトイレがあります。大きめのトイレは普段は店長が使ってますが、バスタブがある。

私がマイトイレとして使っている方は壁のタイルがピンク色なので、いつのまにやら女の子用になっちゃったんですけど、一応、シャワーもあります。

でもね、この際、せっかくだもの、これはバスタブでしょ?

なにせ自宅にはバスタブないので、日本に里帰りしていない暦3年。お風呂に浸かってない。

ってイタリアはバスタブにお水を張るには少々問題ありな構造なので、バスタブでシャワーだけど。


土曜日の早朝だし、まず絶対誰も来ない事務所のバスタブでルンルンお風呂タイム。


お散歩途中に事務所に引きずり込まれたカルロくん、しかも私が店長のトイレ(とカルロは思っている)で全裸というのは、犬から見てもかなり変なシーンだったようです。視線が痛かった。




[PR]
by viabellaitalia | 2016-05-31 20:01 | イタリア広場 | Comments(0)