カテゴリ:イタリア広場( 75 )

今年も聖バルバラ

d0346364_21590453.jpg


この週末の日曜日、ここ鉄の丘の守護聖人 聖バルバラのお祭りでした。

今年は国民投票の日、さらにここラツィオ州、ローマ県にとっては一大イベントのセリエAのローマVSラツィオのサッカーの試合、デルビー戦まで重なり、いつものように一杯出店はでませんでしたが、私が所属する鉄の丘ワンちゃん公園の管理協会が、小さなお店を出したので、私もみんなに交じってカレンダーやワンちゃんビスケットを販売しました。


いつも聖バルバラのお祭りは雨。
幸い今年はお天気にも恵まれて、暖かい日でしたが、さすがにね日没時間に3時間も外に居たら、やっぱりちょびっと寒かった。

販売したカレンダーは、ワンちゃん公園の会員ワンたちの写真が掲載されたカレンダー。結構しょぼいです。

仲間受けのみですが、イタリア人って犬とか猫とか好きなんですよね。しかもワンちゃんたちは各家族のしっかりメンバーなので、お友達や親戚たちが、あそこの子(犬)が載っているからって買って行きます。(結構驚き)

なにせ小さな団体ですので、公園管理の費用稼がないと。爆

しょぼいカレンダーだけでは注目をゲットできないと、今年は着ぐるみも参加!

でも・・・・・これって猫じゃなかったっけ?

田舎のお祭りなので、こんなしょぼくても子供たちは大喜びで、写真撮影に群がってきてました。


日曜日に飼い主さんたちが交代で出店に出ていたので、お散歩がてら看板ワンたちもお店脇で愛嬌を振りまいたり。看板ワンたち、それぞれみんな個性があって、イタリア人(犬)なので主張が激しいけどその分可愛いです。うちのカルロくんは人ごみやお祭りの喧噪が苦手なので、連れていかなかったけど来年はちょっと試そうかな。


この日の国民投票は結果、現政府にNoという判定がくだされたようで、深夜には現レンツィ首相の辞職が発表されましたが、彼が首相になったとき、私はかなり期待したんです。でもやっぱり過去のいろんな負の遺産なのかな? 若い首相一人ではなにも変えることが出来なかったのは残念です。

苦肉の策だったのか、レンツイ首相がペット税導入を提案したという話を聞いて、選挙権はないけど、もし投票できたらNOに一票してたな。

イタリアの税金はすでに充分重税。自分の税金払うのさえ大変なのに、カルロまで税金がかかっちゃったら、もう日本に逃げないと 爆

ペット税なんかが施行されちゃったら、ますます動物の廃棄が進んでしまいそう。

レンツィ首相退陣でうやむやになって欲しいな、この法案。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-12-06 21:59 | イタリア広場 | Comments(0)

d0346364_03314602.jpg

もう10年以上前だな、これ買ったの。
ってな湯たんぽを、引き出してきてちょびっと使ってみたら、見事にハマりました。

大学生の頃に北海道に帰省中で湯たんぽで低温やけどをして、教授たちからも、「おいおいおい! 今時の女子が湯たんぽでやけどはないだろう?」と言われて、本当にね お恥ずかしい。

最近のローマ片田舎、数年に1回豪雪になりますが、湯たんぽとかカイロが欲しくなるほどは寒くない。
なので、ついつい薄着してて、実は冷えちゃってることが多いことに最近気がつきまして。
そう、この冷えって実は真夏で汗かいているという時でもお腹が冷えて、きゅーっと痛くなったりすることも。
たまたま、そう、本当にたまたま。せっかく持っているんだし、使わないまま10年ってないだろうと、思い、まだ寒くないけど、湯たんぽにお湯を入れてみたら、ぽかぽか感が体と気持ちの緊張がほぐしちゃって、しばらくふぬけになっちゃうくらい気持ちがいい!

ここ数年は居間のソファーで、カルロが冬の間は天然湯たんぽくんをしてくれていますが、一応、カルロはベットは禁止なので、ほんまもんの湯たんぽくんをベットの足元に入れて寝てみたら、朝までぐっすり。
もともと眠りが浅い方なんですが、多分、この暖かさで精神的な緊張も緩んじゃうのか、本当に眠りの質が大向上。もう病み付きです。寝るときに湯たんぽくんと添い寝がやめられません。

ちなみに、イタリアの男性はパートナーにはいつまでもセクシーであって欲しいという願望が強いので、湯たんぽくんはかなり不評ですが、もちろんイタリア人女性も湯たんぽユーザー多いそうです。
どだい、彼らの大好きなセクシーな寝間着とか下着ってだいたい冬場は寒すぎるもん。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-12-01 03:33 | イタリア広場 | Comments(0)

みんなF1レーサー

d0346364_20152957.jpg



ナポリからの帰り道の高速。なんかみんな運転が荒い。

ローマ人の荒い運転を見慣れている私から見てもやけに運転がみんな荒い。

高速の3車線がまるでF1のサーキット状態の中、自分たちの車が妙にのろのろしているような感じで、どんどん右から左からと追い越されてゆく。左が追い越し車線なので、それはわかるけど、非常用、のろのろ系車用の右車線からも抜かれるってどういうこと?とスピード計を覗く。130km。

あれ? あたしたち、制限速度じゃん。


「誰も制限速度なんか守っちゃいないね。」とハンドルを握る店長。

確かに。制限速度の130kmの私たちの横をどっぴゅーんと通り過ぎて行った車は一体・・・・・冷や汗。


それにしても今日はやけにみんな運転が荒い。ナポリに近いから、これってナポリ人?


「今日はこれ、ローマ人たちだな。この週末の連休を使って遠出してたのが、今ローマに向けて帰るっていう渋滞にハマりつつあるって感じ、俺たち。」


確かにそう見ると、めっちゃ大急ぎではよー帰りたいいいいいいいのあのローマの環状線の帰宅ラッシュと同じである。


イタリアの車検制度って日本とは違うので、高速をかっ飛ばす車は実に新旧いろいろバリエーション豊富。

でも運転席に座ってるのは大半がイタリア人なので、高速道路はいつもF1のサーキット。イタリア人って高速に乗ると、みんなF1レーサーになっちゃう。

F1レーサーもどきの普通の乗用車の横の右車線のトラックたちも、気持ちはレーサーになっちゃってるので、果敢に追い越し車線に入って来る。


右の車線からいきなり左2車線移動して、さらにまた右車線に戻るとか、だめでしょー!!!、もうどんな小僧が運転してんのよ、このチンクエチェント!と追い越し際に運転席を見やると、ロングヘアーの女性がしかも携帯で話したまんまの片手運転だったり。


イタリア人ってハンドルさばき、俺ってすごいぜ!にどうしてなっちゃうんだろう?







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-11-11 20:19 | イタリア広場 | Comments(2)

メディチ家

d0346364_01473800.jpg


「なんかさー、コジモ イル ベッキオ 可哀想じゃん。」


「見た? あの娘、妊娠したってことはロレンツォ イル マニーフィコだよね? 来年あたり生まれちゃう?」


「コジモも可哀想だけど、いっちゃん、可哀想なのはお兄ちゃんのロレンツォでしょ? 好きな彼女とは結婚できなかったし、弟に相続も取られちゃったし、最後はあっけなく殺されちゃうし。」


「・・・・だね。」


今朝の社内会話。


みんな、テレビ連続ドラマ、I Medici メディチ家の見過ぎです。


イタリアの国営放送局 Rai1の全8話連続テレビドラマ I Medici メディチ家はとても良い作りで、とても見応えがありました。

メディチ家を扱うあたり、日本だったらNHK大河ドラマだろうな。残念ながら8話で第1シリーズは終了。

今回のお話の最初のメディチであるジョバンニ デ メディチはなんとダスティン ホフマン。ハマりすぎてて、どっかで見た顔だけど・・・と思いつつも全然気がつきませんでした。


15日にはもうキオスクでDVDが販売されるようで、ミカのDVDコレクション殿堂入りしそうです。

Raiのサイトからイタリア語ですが、放送されたエピソードもご覧いただけまーす。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-11-10 01:49 | イタリア広場 | Comments(0)

我が家の台所

d0346364_19564046.jpg


この家を初めて下見に来たとき、ベランダに通じる大きな窓から降り注ぐ日差しの良さと赤いキッチンに一目惚れして、この家を借りることに決めたんだっけ。


夏のイタリアは暑いので、意外にも窓が小さく太陽光をなるべく入れない構造のお家が多く、わかっちゃいるけど、日本人的にはやっぱり日差しがいい家がいいんだけどなーと探していたのだ。

賃貸のお家の場合は台所が古かったり、とってもしょぼかったりする事も多い中、このおうちは新築でまだ誰も入居していないまっさらな状態で、取り付けたばっかりという赤のキッチンがキッチンリビングのまさに主人公様。


このお家の大家さんの娘さんが建築家さんだそうで、彼女が内装を手がけたらしい。

イタリアの伝統的なキッチンとはちょっと違ったシンプルなラインの赤のキッチンは若い女性ならではのチョイスだと思う。


イタリアのキッチンで面白いのが、キッチンと同じ色や素材の扉を付けて中に取り付けてある冷蔵庫や食洗機や、ゴミ箱などを隠してあります。

うちもこの写真の左側に大きな赤い扉が二つ。下を開けると冷蔵庫、上は冷凍庫とその上のスペースもいろいろなものがおけるように棚が付けられてますが、ドアを閉めると全部隠れます。

蛇口の下を開けると洗剤などがおけるスペースとゴミ箱が取り付けてあり、蛇口の上の扉の中は、洗った食器の水切りスペース。

さらにその上にも整理棚が取り付けてあります。こういった整理棚、食器棚はもう天井まで隙間なくスペースを有効利用できるようになっていますが、私にはどうやっても届かない高さなのでキッチンには常に小さな登り脚立を置いてます。

確かに私は日本人の平均身長よりも低いので、納得できるけど、イタリア人女性だってそんなに高くないはずなのに、キッチンはめっちゃ高いところまで有効利用。


うちはまだ食器の水切り棚まではなんとか私でも届きますが、店長の家のキッチンはすでに届きません。トスカーナの友達の家も届かないので、それを良い事に食後の洗い物は男性のお仕事にしてもらっています。 笑


ちびな私は普段使いのお鍋や食器は自分が手が届く範囲に。あまり使わないものは上に置くようにしています。

で、先日。特別なお食事会用のテーブルクロスを洗ったので片付けようと上の棚にしまおうと、脚立に登って、うんしょうんしょ!とやっているときに、その横に置いてあったマフィン用の焼き型が落ちてきて、見事ほっぺで受け止めてしまいやした。


負傷して1週間。まだほっぺには青い内出血跡が。


「ちょっと・・・・殴られた?」とか、変な憶測を買う羽目になっています。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-10-17 19:57 | イタリア広場 | Comments(0)

心使い

d0346364_18561852.jpg



寝室と居間をつなぐ隙間、一応廊下なコーナーにこの夏の思い出の品をちょっと飾ってみた。


3年ぶりのバカンスは、気がついたら、お土産を全然買わずに帰ってきてしまって、手元にはヴォルテッラの透明な石が飾りで付いてるワイン用の栓、1個 (汗


今回のトスカーナの休日をコーディネートしてくれた友達が、2週間の夏のバカンスの最初の1週間はご両親をご両親の生まれ故郷でもあるサルデーニアに連れて行き、残りの1週間を友達が育ったトスカーナの豊かな大地を私に見せてくれた。


「忘れないうちに! ちょっとしたものなんだけど。」日本語でなにかを贈るときに謙遜で「つまらないものですが。」とやりますが、イタリア語でもこれに近いものでPensiero ペンシエロ というものがあります。

Pensiero ペンシエロは本来、考えと訳しますが、「はい、これ。ペンシエロ。」とか さらにちっちゃくして「これ、ペンシエリーノ」と誰かに何かを贈るときに使う場合は「心使い」じゃないかな。


サルデーニアは私にとってずっと憧れの島。いつか行ってみたい近くて遠い島。


「いつか一緒に行こうよ! 見せたいものが一杯あるんだ!」と予告編としてサルデーニアのお土産を買ってきてくれた友達のペンシエリーノ。


サルデーニアは海もそして内陸部の自然もすごくきれいで、イタリアとは違う歴史、文化があり、お料理も美味しい。しかもご両親を連れて回っていたのだから、そんな合間に私のために時間を割いてくれたのが、なんだかとっても嬉しかった品たち。


サルデーニアの海と青い空なまんまな色の写真立てに、島の特徴的な民族衣装をまとったお人形がトップについているペンダント。

「これ、なんだかわかる?」なんて、もうすぐわかるよー!!!!

一杯一杯憧れてるサルデーニアの民族衣装は何度も何度もいろんな写真で見ている。 


このペンダントはサルデーニアの女性のジュエリー職人の作品なんだそうです。


謙遜して小さな心使い、ペンシエリーノなんて呼んでいたけど、友達の気持ちと合わせてたら超大きい心使い。


この夏のトスカーナバカンスだって友達の提案から始まったもので、夏の思い出コーナーは私が買ったものではないけど、充分、この夏の思い出です。









最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-10-14 18:57 | イタリア広場 | Comments(0)

Ciao Ciao 暗黒時代

d0346364_23320298.jpg



先週の金曜日、やっとやっと私のホロスコープから重くのしかかっていた意地悪な星たちが全て、外れたらしい。

いや、本当にどんなに頑張っても、努力しても実らない。

たまーに訪れた幸運を必死に掴むも尻切れとんぼになったり、幸運だったはずがその後、次々から問題の種になったり。


なんで私の人生こうなの?な暗黒の時代がやっと終わったらしい。

昔は、努力するば道は開く。人生って死ぬときには辛い苦しいこともあったけど、こんな良い事もあったってプラスマイナス0で終わるはず!と信じていたけど、いやいやどうして、もう希望さえ持てなくなりそうなくらい、ずしっと私に重くのしかかった意地悪な星たちはなんと6個もあったらしい。一つ二つなら他の良い星たちが頑張ってくれて、なんとか助けてくれるも、6個も重なっちゃったら、それぞれが相乗効果まで発揮しちゃって、暗い、暗い。しかも長かった。

とにかくくねくね試練の道ばっかりで、全然明るくならない。

やっと、やっと意地悪な星たちが去ったから、後は自分の努力次第。今度からは今まで見たいに常にあっちもこっちも八方塞がりにならないかもしれない。頑張れ自分! これからこそが夢を実現できるかもしれない。


そんな気持ちを持続させるために、これは暗黒の時代の扉をしっかり閉じて、未来よ、いらっしゃい!をしないと。

誕生日が近いので同じく暗黒時代だった店長とふたりで暗黒の過去にチャオチャオをしようとささやかなランチをすることにした。


プチトマトとツナのパスタ。全然そんな大切な日を彩れるランチではないので、せめて新しい時代の幕開けを祝す乾杯は、あの特別のワインを開けよう。



2002年に当時働いていた日系の旅行代理店H○○のクリスマスにいただいたブルネッロ。

ってすでに14年が経とうしてます。汗

実は曰く付きで、このときに実は5本のワインをいただいたんです。そのうちの3本がブルネッロ。それ以外にもイタリアの年末料理に欠かせないお豆とかはちみつをいただき、いくらおうちが近くてもさすがに全部は一度に持って帰って来れないので、最初にブルネッロ1本と白ワインの2本を持ち帰り、後はクリスマスイブの仕事納め後に残り全てを持ち帰り、その夜は友達と宴だああああ!と予定していたんですが、24日の帰宅途中にお昼ご飯で寄ったマクドナルドで残りのブルネッロ2本ともう1本のワインとお豆たちが入ったバックをアフリカ人と北アフリカ人の泥棒に盗まれたんです。


大慌てで泥棒を追っかけたけど、警察もね、鞄の中身が財布やパスポートじゃないので、全然親身じゃなくって。


で、手元に残ったブルネッロ1本も、当時は本当に人生波瀾万丈でイタリアと日本を何度も何度も往復してて、店長のおうちに預かってもらっていましたが、忘れた訳じゃなかったけど、このワインを開けるようなチャンスもなかった訳で。

店長のお兄ちゃんが遊びにくる度に目にするブルネッロ、「いくら名ワインでも、ここワインセラーじゃないし、もうだめになっちゃってるんじゃないの? 早く飲んじゃいなよ」とは言ってくれるけど、開ける気にもならずに時代が流れちゃったわけで。


こんなに苦しかった暗黒時代とおさらば、新時代いらっしゃいの乾杯にはぴったりじゃない?


「でも絶対、もうだめになっちゃってるよね、これ。」とか言いながら開けたブルネッロでしたが、見事に14年の歳月を生き延びていただいてました!


めっちゃ、タンニンきつううううううううううううううう! だけど深みがあってすきっとした飲み口。たまらーん!!!!!


と杯を進めて、ちょっぴり二人とも酔っぱらって来た頃、改めてラベルを見た店長。


「・・・・・・・・・驚くなよ。このワイン・・・・・・95年ベンデミアです。







って?????? 21年ものおおおおおおお??????




めっちゃ、ささやかなランチでしたが、このブルネッロがもしちゃんと管理され保管された21年ものだったら、おいくらだったでしょーか?の部分で、いきなり超豪華ランチになりました。


ありがとう旅行代理店H○○。

ありがとう、当時の店長M様。

いやっほーい! ありがとうブルネッロ。素敵な幕開けになりました。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-10-10 23:33 | イタリア広場 | Comments(0)

チャオ チャンピさん

d0346364_01123013.jpg



今日は元イタリア大統領 カルロ アゼーリオ チャンピ氏のお葬式がローマで行われました。享年95歳。今日、9月19日は彼と奥様フランカさんの70回目の結婚記念日だったそうです。

仲が良かった俳優で映画監督のロベルト ベッリーニも参列し、親族の方達に「父を失ったような気持ちです。」と語ったそうです。

「神がおっしゃられた。奇跡を起こそう。イタリア人たちにはチャンピを贈ろう。」

記者のインタビューにロベルト ベッリーニがウィットに富んだ答えをしたようですが、きっとチャンピさんの人柄と功績を上手く表現しているんじゃないかな?



私がイタリアに暮らして、気がつけば16年なんてすごい時間が過ぎちゃっています。

海外移住、ましてや、まあ、好きな人がいるから・・・・なんて甘い思いでやって来たこの国での暮らしは、まったくもってそんな甘いものではなく。

いい年の大人がまったくひょっこり住む国を変えるというのは、想像以上大変なんだという現実を目の前に突きつけられたものだった。


昨日もブログに書きましたが、一般常識、一応日本の学校で教えられていることは学んできていますが、それはイタリアを遠い東洋の国から見た視点、しかも広いヨーロッパのうちの一つ国のことなので、かなりはしょっています。


いい大人なのに、自分と同じ世代、あるいはもっと若い人たちとの、普通の会話の話題について行けないのは、言葉の問題ではなく、いかにこの国について無知だからであったわけで。


そう、地理も歴史は日本で学んで来たことは視点が違うので通用しないのである。

政治もしかり。

日本にいるときは、政治に無関心でも普通に問題なく生きて行けたけど、ここでは、「普通に無難に生きてゆく」ためにも政治のことがわかっていないと痛いめを見るんである。

果ては自分の権利を守る(主張する)ために法律だって理解しておかないとエラいことになることがありすぎる。

落とし穴が一杯開いてて、そう行った武装をしないと平穏には生きて行けない。


毎晩の様にテレビの政治討論番組で政治家たちが出演しては声を大にして議論し合う。

言葉がわからなくても、なんとなく政治家たちの顔や名前を覚え始めた頃、イタリアには首相と大統領が居ると言う事を知った。当時の大統領はチャンピさん。大統領任期が99年から2006年までだったので、私にはいつも大統領はチャンピさんと言うイメージがついちゃって、次のナポリターノさんになじむのにちょっと時間がかかりました。


チャンピ大統領は狡猾な顔つきのベルルスコーニ首相と相対する小さな好々爺、おじいちゃんというイメージを持った。

海外派遣の戦場で亡くなったイタリア軍兵士の棺をローマのチャンピーノ空港で迎えるのは大統領。いつもなら棺の前で黙祷しているかのような大統領があるとき、数歩前に歩み寄り、棺にそっと手を置いた映像をテレビのニュースで見たことがある。

何気ない行動だったのだろうけど、その姿が「おかえり。申し訳ないね。こんな形で帰国することになってしまったね。」とでも言っているかのようで、私まで胸が熱くなったことを覚えている。


首相と大統領ってどう違うの?と何度かイタリア人に聞いたことがあるけど、明白な位置づけが今だ今ひとつ解らない。日本の首相と天皇とは違う。イタリアの大統領は政治的な権力も充分持っているし。大統領はイタリアの代表なんだよと聞くけど、代表というよりはイタリア人たちののおじいちゃん、お父さんというイメージがしっくりと来る大統領だった。


みんなのおじいちゃんとして親しまれた2代前のローマ教皇ヨハネ・パオロ2世ともとても仲が良かったそうです。

イタリアのふたりのおじいちゃんたち、これからも天国からこのカオスな国を見守ってね。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-09-21 01:13 | イタリア広場 | Comments(0)

d0346364_00163356.jpg




今日からプロテオフード、並びVIA BELLA ITALIA全開始動でございます。


さて、お題は「お客様登録でさらにお得!」


そうなんです。VIA BELLA ITALIAで扱っている商品の中で、日本では結構お値段がするイタリアブランドの商品を、日本のお客様限定で特別な割引価格を設定しているんです。中にはイタリアに来て免税でお買い物するよりお安く割引している商品もあるんです。


ところが、これ、せっかく商品アップ時に日本以外のお客様と日本のお客様に分けtお値段設定しているのに、お客様が気がついていない事が多いんですね。


なぜだああああああああああああ????????と思ったら、システム上、お客様登録していただいた配送先住所が日本だった場合のみ、ログインした状態で画面を見ると、スタッフがせっせと入力した特別割り引き価格表示になるんです。

実は顧客のお客様にはメールでお知らせしたこともあるんですが、それでも気づいていないことが。


なぜだ???????????????????????と思ったら、日本のお客様限定なので、当然お客様は価格を円表示で見るだろうと読み、日本のお客様が円表示で画面を見た場合になっていて、ユーロで画面を見ちゃうことを想定していませんでした。


そうなんです。皆さん、まだお気づきになっていませんが、実はVIA BELLA ITALIAの商品、かなりお安くなっているものもあるんです。

でもお客様登録していただかないと、このシステム、結構意地悪で割引価格を見せないんですよー!!!!!


という分けで夏休み開け早々の課題は日本のお客様限定の特別割り引きをユーロ表示で見ていただくお客様にもすぐ解っていたでけるように修正する。の作業にかかっています。


作業がおっついていない商品で実はおいくら割引ですか?なんてご興味がある商品は、日本語でお問い合わせくださいませ。


お問い合わせ先のメールアドレスは info@viabellaitalia.comです。


あっ!!!!! お客様登録は無料ですよー!!!!!!!!!!






[PR]
by viabellaitalia | 2016-08-30 00:19 | イタリア広場 | Comments(0)

夏期休暇のお知らせ

d0346364_00404709.jpg


プロテオフード並びにVIA BELLA ITALIAは8月の第2週目の8日(月)から26日(金)まで夏期休暇をいただきます。


下記の一部のサービスは変則でお休みをいただきます。


オンラインショップのご注文は通常通りお受けしていますが、配送は22日以降となります。


お買い物代行サービスは10日(水)までのご注文をお承ります。配送は22日以降となります。


尚、業務買付サービスは8日から26日までお休みをいただきますことご了承ください。

(車運転する店長が里帰りなんですううう)


BUONE VACANZE!



写真は3年前.....ぎゃああああ、もう3年も経っちゃったんだ!

3年前の夏休みにスタッフ一同で、シチリアまで美味しいものを発見する旅に出たときのものです。








[PR]
by viabellaitalia | 2016-08-05 00:45 | イタリア広場 | Comments(0)