カテゴリ:食いしん坊万歳通り( 44 )

d0346364_19120700.jpg



シエナには昔、出張で2回程行ったことがあるよ。町中は結構土地勘あるよ!とピサ人に威張ってみました。


「じゃあ、あれ食べた? パーネフォルテとパンペパート。


・・・・・・・・


「じゃあ・・・・リッチャレッリ? カヴァルッチ?


えっと・・・・・シエナではピチ食べました。


「ピチはパスタでしょーに! ナンニーニのお菓子食べてないの?」


イタリアの大物女性ロック歌手 ジャンナ・ナンニーニって、舌噛みそうな、早口言葉ですか?なお名前ですが、シエナのメインストリートにある有名なお菓子屋さんの娘さんだそうで、彼女のパンチの効いたしゃがれ声とお菓子屋さんのイメージはつながりません(汗


サン ジャミアーノまでお散歩の日、じゃあ、シエナまで足を延ばそうと。


シエナに最後に来たのは、もう13年前。メインストリートに並ぶお店たちは、やっぱり変わっていますが建物はそのまま。

現存する世界最古の銀行、今でもイタリアの大手銀行である モンテ ディ パスキ銀行があるこの道、13年前も通りました。


「ほら、ここ!」と連れていってもらったお菓子屋さんNannini ナンニーニ


d0346364_19131289.jpg


あ! ここで!13年前にコーヒー飲んだよ! 

仕事の合間にちょっと一休みで入ったバールで、私の横でアメリカ人観光客が、確か6月末だったんですが、ワインのヌーヴォが飲みたい!と言い張っていたのが、おかしくって、よく覚えています。

バールマンが季節じゃないけど去年ベンデミアのワインだからヌーヴォだよな?と同僚と話して、「ノヴェッロ! ヴィーノ ノヴェッロ!(ヌーヴォワイン)」


でアメリカ人観光客が満足そうに「ヌーヴォワイン!」と返していたのが、微笑ましかったんです。


このバールの中に入ると裏側がお菓子やさんになっていて、「シエナに行ったらこれ食べないと!」なドルチェが一杯並んでいます。


有名なパーネフォルテは、日本でいう味噌付きお握り。戦場に向かう戦士たちが持って歩ける、保存が利くもので栄養価が高い常備食として13世紀のフィレンツェとシエナの戦いのときに記録に残っているそうです。


シエナに行ったら、ぜひお試しあれ!



d0346364_19141132.jpg



ちなみに13年前、日本の某有名旅行代理店○○Sのイタリア小都市ツアーの下調べでシエナを訪れた私ですが、当時の私のミッション インポッシブルはっ!!! 日本のお客様の快適安全な旅には不可欠なトイレの情報収集だったんです。


ナンニーニのお店のお菓子コーナーのすみっこの螺旋階段を降りると無料できれいなおトイレあります。

これも13年前は気がつきませんでした。










[PR]
by viabellaitalia | 2016-09-07 19:20 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

田舎町の夏 満喫中

d0346364_02470042.jpg


8月も2週目に突入したら、いよいよもって町の中がゴーストタウン化してきました。

今年は8日から夏休みに入った人が多いようです。お店もバールもみーんな「Chiuso per ferie 休業」張り紙がきっちり閉まったシャッターにちょこんと貼られている。

気がつけば、事務所もそしておうちも、同じアパートの住人さんたちが居なくなっている・・・・・。

時々入る共同スペースの清掃の際の玄関マットがくるっとたたんだまんまで住人が帰ってきた様子がない。

なんか取り残され感半端ないです。


それでも、不況の中、実はバカンスに行かずに町に残っている人たちも結構多い。

毎年恒例のオープンシネマの今年のプログラムがあまりにもひどく、めり込んじゃいましたが、夏は田舎町、結構いろいろイベントがあり、町居残り組を楽しませてくれます。


先日は町の市場を使ったクッキングショーなんかに行ってみました。

隣接の広場と合わせてイタリアの各地の名産品市が立ち、今回目新しい企画としてスローフード協会協賛のクッキングショー。


田舎だけに・・・・・どんなことになるの?と思いつつもスローフードが噛んでいるのなら、めっちゃしょぼいこともないだろうと(笑


地元の美味しいと評判のレストランのシェフたち、なぜかローマ片田舎なのに、ピエモンテのお料理バーニャカウダでなにかのコンテストでチャンピオンになったらしく、作ったそばから試食が出来たんですが、本当に美味しかったです。

私が住む鉄の丘は戦前、軍需産業の工場が並び立ち、イタリア中から仕事を求めて移住して来た人たちでできた町で、こういう移民っていつもはだいたい南イタリアなんですが、ここ鉄の丘はピエモンテやトスカーナからも入植した家族が多いらしく、各家庭でお婆ちゃんたちからピエモンテやトスカーナ料理のレシピが受け継がれているところもあるそうです。


シェフさんたちの秘密のテクを、試食を逃さないために最前列でかぶりつきで見たので、今度おうちでも挑戦してみようと思います。

試食の際、むらがるイタリア人の中でどうしよーと思っていたら、意外にも「せっかくだから、まず外国人に食べさせてあげないさいよ!」の声が上がり、「ローマに観光に来たの?」なんて聞く鉄の丘町民に、実は鉄の丘在8年って言うのが申し訳なかったです。


この他にもワインの試飲会、トリフェペーストを塗ったパンの試食とかもあり、この日の夕食に充分でした。








[PR]
by viabellaitalia | 2016-08-11 02:48 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

旬なビール

d0346364_19435675.jpg



暑い日が続いているイタリアでーす。

こうも暑くなっちゃうと、アペリはまずビール!と思いますが、これをやるとイタリア人から「まったく日本女子って飲んべえ!」と言われちゃうんですが、暑い夏にかああああああああっ!とのどごしいいビール、美味しいのに。ね?


私が生息する中央イタリアから南にかけて、本当に女子、飲みません。

アペリといっても、カンパリとか可愛くちょこっとね。な程度。


くうううううううう、喉乾いた! ビールビールビール!!!!!というこれがすでにイタリア男子をひかせちゃうらしい。


夏の暑い時期に昼間っからアルコールって体に悪いとか言うんですよ。イタリア人たち。

確かにね、お昼にワイン飲んで、後で家の中で熱中症になったことございます(汗 いや、最近は毎年なってます。


でも、お外のパラソルの下の日陰の席に座って、冷えたビールをいただくのって、やっぱり夏の醍醐味でしょ?


先日は飲んべえ度同じ民族同士(笑)でローマの下町トラステベレでアペリ。


アペリメニューを見てて、ちょっと気になるもの発見。


Birra della stagione 季節、旬のビール。


日本なら冬物語りとか、夏物語とか、夏の・・・とかいろいろラベル出ますが、イタリアではまずないです。

しかも、小さな醸造所のビール。ここ数年、イタリアはこのビッラ アルティジャーナと呼ばれる、手作りというか小さな醸造所のものがとっても人気。

それぞれの生産者でとっても味も色も変わって、個性派揃いなことが多いんです。しかもね、それぞれのこだわりやビール醸造の情熱も入って、味がとっても奥が深い。


早速、旬のビールを試してみました。


軽めのビールに涼やかなピーチの味。こんなビール飲んだ事ない!!!!

とっても夏にぴったりなビール!


ワインの国、イタリアですが夏にご旅行の際にはこんなビールを試してみてはいかかですか?









[PR]
by viabellaitalia | 2016-07-29 19:45 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_20530558.jpg



ちょっとマイブームになっちゃているクレーマ ディ カフェ。

先日のお買い物代行のお仕事でナポリ方面に行った際、まずは戦闘開始前(お買い物代行)に、一杯コーヒーを飲もうと最寄りのバールに。


アイスコーヒーくださーい!


「普通の氷ざくざくアイスコーヒー? それともクレーマ ディ カフェ?」


そうなんです。今まではバールでカフェ フレッダ(アイスコーヒー)をお願いすると、先に煮出しして冷やしておいたエスプレッソか、南イタリア名物、グラニータと呼ばれるイタリア風の氷がきのコーヒー版が出てきましたが、今年はこのクレーマ ディ カフェですか?と聞かれる。


先日のフィレンツェ近郊でも、今回のナポリ近郊でもアイスコーヒーと言ったら、「クレーマ ディ カフェ?」


調べてみたら、今年はこのクレーマ ディ カフェがバールメニューでちょっとしたブームなんだそうです。


甘くてクリーミーで冷たいコーヒーは甘党の私にはたまらない一品。


これ、数年前に行ったアンツィオの海の家で食べ、いや飲んだのが初めてだったんですが、今年は町中のバールでも飲めちゃうよ!

この夏、イタリアにおいでの方はぜひぜひ、お試しあれ!


ちなみに今回のバールはコーヒーが美味しいナポリから近い町なだけに、ほーんとに美味しかったです!

また行きたい(このバールのクレーマ ディ カフェが飲みたい) のでどんどんお買い物代行のご注文お願いしまーす!








[PR]
by viabellaitalia | 2016-07-20 20:54 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_20111109.jpg


VIA BELLA ITALIAにリグーリアの農園さんより天然はちみつを出品していただきました!


チンクエテッレのはちみつ 250gです。


サイトへの出品のために、一生懸命商品画像を撮っていただいたようですが、いただいた画像を開けたら・・・・・ちょっと笑えちゃいました。


チンクエテッレの前に広がる青い海をバックにはちみつ。

よーく画像を大きくしてみたら、あれれ????? ちっちゃいありさんが、必死にはちみつに入れないか思案中。


下の写真はありさんなしです。とここでちゃんと書いておかないと。


きっちり閉めてあるのに、その美味しさがありさんにはわかっていたのか?(笑



d0346364_20112093.jpg



リグーリアの風を届けてくれるのはゼンボ農園さん。チンクエテッレはもともと海に向かってほとんど崖と言った平地が少なく、何世代もかけて岩盤を耕し畑に変えて来た土地柄。農業と言う観点では非常に難しい土壌だと思います。

そんな地方で何世代も続き有機農業の先駆者としてやってきた農園です。

ミツバチの養蜂からこだわり、ノンフィルター、加熱処理なしの天然はちみつ。

なので、はちみつの中にはミツバチのあんよについて持ってこられた花びらの破片とかプロポリス、ミツバチ花粉と呼ばれるビーポーレンも入っています。

こだわりのはちみつはそれ故生産量が少ないので、はちみつの収穫時期が始まる3月から12月までの限定販売です。



小さな農園さんがこだわって作るこういった小さな逸品たちをVIA BELLA ITALIAはどんどん紹介していきます。


チンクエテッレのはちみつ 250gのお買い物はこちらから。

MADE IN ITALYのセレクトショップ VIA BELLA ITALIA

日本まではどうしても配送料が安くありませんので、お得なセットをお勧めいたしまーす。







[PR]
by viabellaitalia | 2016-07-11 20:14 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

塩コレクションです

d0346364_03010556.jpg




粗挽きコショウが好きです。

先日、黒コショウが切れたので、スーパ-でひょいっとカートに入れて買って、調理の際に、さあ!がりがりっと削るぞっ!


あれ? なんか感触がいつもと違う・・・・・・?と改めてラベルと読む。


キプロス島の黒いお塩



え? 黒・・・・しお???????????



最近、日本でもお塩はこだわりの素材のひとつでヒマラヤのピンク色のお塩なんかもすっかり有名ですよね。

イタリアでも塩は結構、みなさん気にします。

使う量じゃなくって、製法ね。

偏頭痛持ちの方はお塩を天然のお塩に変えるべきと以前、イタリアのテレビ番組でも言っていたので、我が家もそれ以来はお塩は天然塩。


しかし・・・・本来欲しかったのは黒コショウだったんだけど。



以前、色がきれいというだけで買っちゃったヒマラヤのお塩と並べて、塩コレクション。

これは他の色も買い足してコレクション完成させないと!



[PR]
by viabellaitalia | 2016-06-07 03:01 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

トマト缶LOVE!

d0346364_19364321.jpg




イタリアと言えば!!!


トマトソースのスパゲッティ!とイメージしていたんですが、意外にも周りにはトマトソースが嫌いとか、アレルギーとか、スパゲッティのようなロングパスタが嫌いとかいうイタリア人が多く、かなりイメージを裏切られたイタリア暮らしです。


私はトマトソースのスパゲテッィがかなり好きな方なんですが、これってまずレストランなどではオーダーしない一皿。

オーダーしようとすると、かならず「えええええ、家で食べれるじゃん! レストランでは別なもの頼みなよ!」と周りからつっこみも入るし。


トマトソースってお肉にも、お魚にも合うし、すごい!と思うけど、イメージしていたほどイタリア人はトマトソースにぞっこんLOVEじゃないみたい。


というか伝統料理のレシピにはトマトソース味が多いので、慣れすぎちゃってきっと古女房、空気なんだろうな。


なかなか暑くはならないけど、ベランダの大葉の葉がかなり豊作になってきたので、大好きな一皿、トマトと大葉とにんにく、唐辛子のソースを使ったパスタの季節は早くも到来。


イタリア的には大葉のところがバジリコなんだけど、大葉の酸っぱさが、夏の間、食欲がなくなりかけるときに程良いので、我が家の定番夏ご飯。


このレシピはプチトマトを使うよりもしっかりトマト味を利かせた方がいいので、トマト缶を使います。


スーパ-のトマト缶コーナーに並ぶいろんなトマト缶たちって、眺めるだけで、なぜかいつもわくわくしちゃう。

さて今日のトマト缶はこれ。

トマトの水煮がごろんと入っているものより、ちょっと味がまろやかなポルパ。しかも、Polpa più!ってポルパが一杯入ってるのかな?


なんて、いつも広告に踊らされるMIKAです。


[PR]
by viabellaitalia | 2016-05-26 19:37 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_00422185.jpg




きゃああああああ、そうでした!


今日13日から15日まで東京ビックサイト 東ホールでワイン&グルメジャパン 2016が開催されています。


ラツィオ州唯一のDOCG受けてるチェザネーゼ デル ピーリオのワイン生産者の中でも、チェザネーゼワインを知っている地元民に愛されている、マリアエレナ シンバルディさんのワインたち、今年も見本市に参戦です!


この見本市は一般公開ではなく、日本での輸入元になる業界関係者さんのみなんですけど、業界関係者さんにたちにももう一度、ここでいやちょっと遠いんですけど、彼女の地元、日本から見ると地球の裏側からですけど、改めてお知らせしたかったのを、ばたばたしてて書き忘れていました!


今年は彼女の自信作、赤はBIVI'のみ、出品。

もしご来場の際はぜひぜひご試飲してください!!!! チェザネーゼワイン、まだまだイタリアでも知られていませんが、それって広告のお金があるかないかの話で、ワイン自体は私的には、そんじょそこらの名前が知れていて、お値段がめっちゃ高いワインなんかより、ぜええええええええったい美味しい。


時期を同じくしてイタリアではVINIITALYが行われていますが、イタリア市場ではやっぱりまだまだワインの実力よりいかに宣伝されているか、いくつ賞を取っているかで評価される事が多いので、今年はマリアエレナ、すぱっとVINIITALYを切り、そんな色眼鏡なしに味で勝負と日本を選んだようです。


イタリア在住の日本人はみなさん、なかなかの飲んべえさんにワインもいろいろ飲まれている人も多いですが、そんな友人たちにもいつもマリアエレナのワインは美味しいと好評です。


飲んべえ日本人推奨ワイン。だからこそ味に間違いなし(爆




[PR]
by viabellaitalia | 2016-04-14 00:43 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

d0346364_20214015.jpg



モッツァレッラ ディ ブーファラと言えば、カンパーニャ州!と言われますが、ローマ県のお隣、ラティーナ県のモッツァの方が私は大好きです!とここ、力入れたいです。


何年か前にラティーナ県の海スペロンガに友達たちと行ったとき、途中で友達の車が行方不明になっちゃったので心配していたら、「お昼ご飯調達してきたよー!」とぷりんぷりんな袋詰めのモッツァを買ってきてくれました。これが、ものすごく美味しかった!

ラティーナ県も湿地帯なので水牛さんたちが一杯。朝作って完売したらお店を閉めちゃう、そんな小さな生産者さんが多いんです。


あの、モッツァレッラ食べたいな・・・・・と思うも、この辺りのスーパ-やお店で扱われるのは高速道路でつながっているお隣の州カンパーニャ産のものが多く、同じラツィオ州でも山越えがあるラティーナ県のものにはなかなか出会えない。

なんて嘆いたら、事務所の上の階の住人アンジェロが、最近この近くに出来たガストロノミアと呼ばれる、サラミやチーズを売っているお惣菜屋さんにあるかもと教えてくれたので、早速行っってきました!


このガストロノミアさん、プロテオフードでも扱っている地元のチェザネーゼワインの生産者、ジャコッベさんのワインを卸ているということも聞いていたので、ちょっと気になっていたんです。


お店では私の前に、小さくも威勢のいい、イタリアン老マンマさんお二人が復活祭の間の食料調達の長いお買い物リストで注文をしているのを待っていると、ラッキーな事に出来立てほやほやのモッツァレッラが到着!!!!!!

探していたラティーナ県のモッツァレッラ!!!!! しかも出来立てでまだあったかい!


もう今日のお昼ご飯は、これですね!



[PR]
by viabellaitalia | 2016-03-25 20:22 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

コロンバ 発売です!


d0346364_22002248.png

カーニバルが終わったということは・・・・・復活祭が近づいて来てるということですね!

今年は3月の末だそうです。




復活祭にかかせないケーキ、コロンバ。


イタリア語でハトを意味するコロンバ。平和のシンボルの白いハトの形のケーキです。

地鳩じゃないよ。白いハト、コロンバです。地鳩はピッチョーネと呼ばれ、同じハトでもまったく扱いが違います。(笑



毎年美味しいクリスマスケーキ、パンドーロとパネットーネを提供してくれているアルベルテンゴさんから、デザートワインのモスカートをふんだんに使ったコロンバも発売です。お問い合わせをいただければお見積もりをいたします。

近日中に、ショップにもアップする予定です。


アルベルテンゴさん、今年は頑張ってる!


[PR]
by viabellaitalia | 2016-02-16 22:00 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)