2017年 10月 17日 ( 1 )

d0346364_23462585.jpg


約1ヶ月半。やっとお引っ越し完了です。

と言っても、荷物を運び出しただけでございます。

でもここまでたどり着くのも、大変で、ただのお引っ越しなのに、心労で5キロ減量しちゃった(なっちゃった)。


イタリアって物事がスムーズに動くことがないから、それを想定して動くも、空回り→ストレス→余計頑張っちゃう→空回り→ストレス

の、エンドレスな負の輪の中をあがく日々。


日本のように、○月○日に引っ越すので、電気や水道、ガスなんかも契約変更手続きを先にして、お引っ越し時には古いおうちの電気が止まり、新しいおうちにはパッと電気がつく・・・・・なんて既に無理です。


なにせね、お引っ越しもひたすら自力で運べるものは自分で運んで、運びきれないものは引っ越し屋に任せる。

というところから、すでに自分の中の期限が決めれないイタリア人たち。


私のお引っ越しは集中してやったら、多分、1週間で終えれると思うけど、一緒にお引っ越しする仲間たちの足並みが揃わないので、結局、数週間待ち状態で過ぎていってしまった。早々にさっさと荷造りをしちゃったのに、いつまでたってもお引っ越し日が決まらないので、結局また箱を開けて、生活用品を出してはしまい。キッチン用具もしまっちゃったので調理もできず。


今回のおうちは5年ほど人が住んでいなかったので、ガスが止めてあり、ガス再開の手続きに2週間ほどかかり、やっとガス屋さんが来る!!!!!と思った矢先にまさかのアポすっぽかし。ガスがつくのが延期となり、やっとついたと思ったら、理論的はガスが出るはずなのに、出ない。


引っ越し業者もなかなか決まらず、友人からお勧めをいただいたM引っ越し屋さんは、電話番号をもらうのに3日費やし、見積もりに来てもらうのに、さらに2日が経過し、やっと!と思ったら「いやね、俺、年金生活してて、仕事は趣味なのよ。なので至急の仕事でさかせれるのは嫌なんで。」今日は間に入ってもらった友達の顔を立てるために、やってきたと。

本人を前にして、ざけんなよおおおおおお!!!とは言えないので、それではさようならと手を降り、振り返りざまに他の友人からの紹介のA引っ越し屋さんに電話をかけ、電話見積もりでOK、それでは来週の土曜日ね! と非常に対応も早く喜んでいたんですが、


トラックが先に回った店長のおうちで手こずり、時間配分を間違えたらしく(うちの責任じゃないぞ)引っ越し屋さん、作業途中で逆キレ。

とりあえずのものしか運でくれなく、本来は引っ越しが終わるはずであった土曜日の夕方、トラックに乗らずに残った家財道具を見て、涙が出て来た。

もう半月も前に引っ越しが完了しているはずだったので、大家さんにはなんて言おう。

仲良しのご近所さんたちも、ゴミ出しで出会うと「あれ? ミカどうしたの? 新しいおうちはどお?」と言われても、出るはずの家で今だ寝泊まりしているんじゃ、話にならない。


幸いにもローマから助っ人にきていただいた友人たちに手伝ってもらって、なんとかこの日曜日に引っ越しは完了。


しかし・・・・・・新しいおうちはまだガスがなく、お風呂にも入れないけど、煮炊きもできない。

じゃあ、電気でとオーブンを使おうとしたら、家中の電気が落ちるので、オーブンもだめ。電子レンジはあるが、イタリアってレンジでチンで食べれるものが、意外に少なく、気がつけば、がっつり減量しちゃってました。

しかも、私が住む階のキッチンは、1週間ほど前にイケアから届きましたが、まだ箱の封さえ切れられていなく、組み立て完了の見込みは・・・・・・・・遠い目。


別にね、山奥に引っ越しした訳ではありません。

住宅街のど真ん中。古いおうちと新しいおうちも徒歩でたった12分の距離。


ただのお引っ越しのはずだったんですが、なぜかサバイバル生活になっちゃってます。汗










最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-10-17 23:48 | イタリア広場 | Comments(0)