2017年 04月 19日 ( 1 )

Pasqua con chi vuoi.

d0346364_19340168.jpg


カトリックの国であるイタリアは休暇と言えば、クリスマスや復活祭などなど宗教的なものなので、自然、家族でお祝いする、過ごすものになってしまいます。


Natale con i tuoi Pasqua con chi vuoi.

クリスマスは家族行事として外せないけど、復活祭は好きな人たちと過ごす。


こんな風にイタリアで言いますが、好きな人=家族なので 結局パスクワも家族行事。爆

そうなるとね、イタリアで未婚となりますと、未婚=家族がいない=こういった休暇はひとりぼっち という図式が出来上がります。

幸い心優しい友人たちが“ぼっち”にならないようにご招待してくれますが、心の中にはぽっかり穴が開いちゃうわけで。

Pasqua con chi vuoi. 私が一緒に過ごしたい人は、私とは過ごしてくれないんだ。ってね。


イタリアに来てから17回の復活祭、毎年友達たちが誘ってくれたけど、心にぽっかり開いた穴は深さを増すばかり。

毎年、毎年、来年こそ、心から復活祭を祝えるような自分になっていたいって。


そんな17回分の怨念(笑 の果てにのぞんだ今年の復活祭は、私がこの日、いやたったの24時間のことなんですけど、この日を過ごしたいと思った人たちも、私を待っていてくれたのが、もう幸せ倍増。


「私はこの家でたった一人の女手だから、私になにかあったら、夫はなにもできないし。だからね、息子たちは子供の頃からちゃんと家事ができるように育てたのよ。」と彼女が話す横で「家の男」がさっさとプリモ、セコンドとお料理をテーブルに整えて行きます。

この冬に骨折してしまってまだ床に臥せっているマンマが話す横で「家の男」たちが腕をふるったお料理たちは、ちょっと、そんじょそこらのイタリア女子より上手で美味しかったり。

復活祭には子羊のお肉料理がつきものですが、子羊と言えども、「まちがいなくヒツジです!」となかなか主張が強い味と匂いですが、これも下ごしらえでちゃんと臭みを消す処理がされていて、とても美味しかったです。

この秘訣は忘れないように覚えておかないと。



d0346364_19341213.jpg



ランチの間に、去年までいつも復活祭にご招待いただいていた友人から、いつもの復活祭ランチの席で親戚の人たちが「あれ? 今年はミカはどうしたの?????」と心配してくれてたとメッセージが届いたのも、とっても嬉しかったです。


イタリアに来て18回めの復活祭は、ずっとずっとこんな風な復活祭を過ごしたいと憧れていた通り、おだやかで幸せなものになりました。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-04-19 19:35 | イタリア広場 | Comments(0)