2017年 02月 15日 ( 2 )

お料理の決め手たち

d0346364_20155985.jpg



お肉は基本的には好きでした。そう過去形です。

ローマ郊外はやっぱりお魚を食べる機会が少ないし、お魚が高いので日々の食材はお肉に頼ることが多い。

でもイタリアの家庭料理のセコンド、第2のお皿のお肉料理って、あまり作り込まないというか、焼いて塩こしょうとかオリーブオイルやバルサミコ酢をかけて、割とシンプル。ちょと手が込んで、せいぜいローストビーフとかトマトソース煮込み。


充分美味しいんですけど、これが頻繁だと飽きます。

イタリアのお肉って噛みごたえがあるので、口の中でとろけるという食感ではない。

噛むのに疲れると言うのもあるかも。

ぱさぱさしているのより、しっとりとした食感がいいなーと思うと、自然お肉から遠ざかっちゃう。


我がグラン料理人・ジジくん、セコンド用に用意してくれてたお肉を眺めて、素早くお父さんに指示。

「畑で香草を採って来てくれる?」


お父さんが自慢の家庭菜園から摘んできてくれた香草たちがすでに目に鮮やかだ。

ローズマリー、サルビア、ローリエにブルーベリーに似てるけど、ちょっと違うビルベリー。

どんなソースを作るんだろう?と思ってみていたら、オリーブオイルを引いたお皿に香草とお肉を入れて揉み込んで香り付け。

「プリモを食べている間にちょっと休ませて味をなじませよう。」


たったこの一手間の下ごしらえなのに、お肉が断然美味しくなるのにはびっくり。

オイルが練り込まれるせいなのか、お肉の食感も柔らかい。

先日のラグーを作るときも、彼の小さなお庭にあるローリエとローズマリーを調達していたっけ。

採りたての香草たちの力強い香りは、これまた良い仕事をしてくれて美味しい料理の出来上がりに一役買ってくれる。


今年の春は私もベランダで月桂樹とローズマリーを育てようかな・・・・・。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-02-15 20:17 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)

いんてぃもな関係

d0346364_00304953.jpg



今日はバレンタインデーですね。日本はさぞかし盛り上がっていることと思います。

情熱的なイタリア人たち、別にこの日をわざわざ待たずに日々、365日バレンタインデー。

義理チョコもバレンタインデーの告白も存在しないし、恋人たちのお祭りというよりは、恋人たちの一日。というくらい力が抜けています。ってか365日も気合い入ってるんだもの、これでもかーと盛り上げる力も残っていないのかも。


イタリア人たちはカップルの間では本当にまめに愛情表現をします。

どんなに太ってはげてたって、アモーレー💓と呼び、街のあっちこっちで路駐キスに出くわすことも多いです。

ヤキモチ焼き合いの愛の確認も日常茶飯事。

日本人的にはめんどうっちいな・・・・・とちょっと思うくらい愛情表現しないといけないし、メンタルなプラトニックな愛はイタリア人相手ではかなり厳しいです。


イタリア人にとって、全てを見せあい、分かち合うのが愛。いんてぃもな関係ってやつです。

「Intimo インティモ」とは親密なという意味ですが、これは大親友な間柄では使いません。ちなみに、Intimoの女性形Intimaになるとこの名詞は下着を指します。

確かにね・・・・服の下で素肌にまとうわけだし、そりゃあ、いんてぃもな関係よね、


イタリアに来て知りましたが、香水も素肌に直につけるものなので、恋人への贈り物として使われるそうで、友達にはあげないものだそうです。


私は香水好きで、日本にいた頃から使っていたので、香水は「自分で買うもの」

自分のイメージはこういうものでありたいという観点で香水を選んでいたので、男性から香水を贈られると、なんかあれ?と思うことが。

まず、だいたい自分が普段使っている香水じゃないし。

えええええ? 私ってこういうイメージなのかな?と最初は今ひとつ納得いかずにつけてみますが、これが意外にね、なじむんです。

自分で選ぶ香水は、ときどきラストノートにおえーっとなる(なった)こともありました。お恥ずかしい。

イタリアのテレビ番組でNon dirtelo alla sposa 花嫁には言うな!という番組があります。

花婿が一人で15、000ユーロの資金を片手に結婚式から披露宴まですべてを3週間の間にオーガナイズをする番組で、伝統を破り、この番組では花婿が花嫁衣装も選んじゃってお買い上げをしておく訳です。


もちろん女性のほとんどがそうだと思うけど、自分の花嫁衣装って、みなさん、なにがしかイメージありますよね?

もちろん、この番組に登場する花嫁たちも、それそれ自分は本当はこういうドレスが着たいと花嫁衣装が並ぶブティックにお母さんや女友達を従えていそいそと赴き、いろいろ試着するわけです。

が、だいたい男性、花婿が選ぶドレスって花嫁たちが「これが着たい!」と選ぶものとかなりイメージが違い、結婚式直前のドレスの試着日にだいたいの花嫁は激怒ったり、泣き出したり。

同じ女性の目線で番組を見てると、だよねーと思うのですが、これが不思議なことに実際試着すると、すべてのドレスが花嫁にぴったり。サイズじゃなくってイメージね、イメージ。

花嫁たちをちゃんとチャーミングに美しく、そしてセクシーに見せるドレスを花婿たちは選んでいるんです。

男性と女性の視点の違いを毎回見せつけられる番組です。笑


きっと香水もこれと同じなんだろうな。





最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-02-15 00:32 | イタリア広場 | Comments(0)