2016年 12月 06日 ( 1 )

今年も聖バルバラ

d0346364_21590453.jpg


この週末の日曜日、ここ鉄の丘の守護聖人 聖バルバラのお祭りでした。

今年は国民投票の日、さらにここラツィオ州、ローマ県にとっては一大イベントのセリエAのローマVSラツィオのサッカーの試合、デルビー戦まで重なり、いつものように一杯出店はでませんでしたが、私が所属する鉄の丘ワンちゃん公園の管理協会が、小さなお店を出したので、私もみんなに交じってカレンダーやワンちゃんビスケットを販売しました。


いつも聖バルバラのお祭りは雨。
幸い今年はお天気にも恵まれて、暖かい日でしたが、さすがにね日没時間に3時間も外に居たら、やっぱりちょびっと寒かった。

販売したカレンダーは、ワンちゃん公園の会員ワンたちの写真が掲載されたカレンダー。結構しょぼいです。

仲間受けのみですが、イタリア人って犬とか猫とか好きなんですよね。しかもワンちゃんたちは各家族のしっかりメンバーなので、お友達や親戚たちが、あそこの子(犬)が載っているからって買って行きます。(結構驚き)

なにせ小さな団体ですので、公園管理の費用稼がないと。爆

しょぼいカレンダーだけでは注目をゲットできないと、今年は着ぐるみも参加!

でも・・・・・これって猫じゃなかったっけ?

田舎のお祭りなので、こんなしょぼくても子供たちは大喜びで、写真撮影に群がってきてました。


日曜日に飼い主さんたちが交代で出店に出ていたので、お散歩がてら看板ワンたちもお店脇で愛嬌を振りまいたり。看板ワンたち、それぞれみんな個性があって、イタリア人(犬)なので主張が激しいけどその分可愛いです。うちのカルロくんは人ごみやお祭りの喧噪が苦手なので、連れていかなかったけど来年はちょっと試そうかな。


この日の国民投票は結果、現政府にNoという判定がくだされたようで、深夜には現レンツィ首相の辞職が発表されましたが、彼が首相になったとき、私はかなり期待したんです。でもやっぱり過去のいろんな負の遺産なのかな? 若い首相一人ではなにも変えることが出来なかったのは残念です。

苦肉の策だったのか、レンツイ首相がペット税導入を提案したという話を聞いて、選挙権はないけど、もし投票できたらNOに一票してたな。

イタリアの税金はすでに充分重税。自分の税金払うのさえ大変なのに、カルロまで税金がかかっちゃったら、もう日本に逃げないと 爆

ペット税なんかが施行されちゃったら、ますます動物の廃棄が進んでしまいそう。

レンツィ首相退陣でうやむやになって欲しいな、この法案。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2016-12-06 21:59 | イタリア広場 | Comments(0)