2016年 09月 07日 ( 1 )

d0346364_19120700.jpg



シエナには昔、出張で2回程行ったことがあるよ。町中は結構土地勘あるよ!とピサ人に威張ってみました。


「じゃあ、あれ食べた? パーネフォルテとパンペパート。


・・・・・・・・


「じゃあ・・・・リッチャレッリ? カヴァルッチ?


えっと・・・・・シエナではピチ食べました。


「ピチはパスタでしょーに! ナンニーニのお菓子食べてないの?」


イタリアの大物女性ロック歌手 ジャンナ・ナンニーニって、舌噛みそうな、早口言葉ですか?なお名前ですが、シエナのメインストリートにある有名なお菓子屋さんの娘さんだそうで、彼女のパンチの効いたしゃがれ声とお菓子屋さんのイメージはつながりません(汗


サン ジャミアーノまでお散歩の日、じゃあ、シエナまで足を延ばそうと。


シエナに最後に来たのは、もう13年前。メインストリートに並ぶお店たちは、やっぱり変わっていますが建物はそのまま。

現存する世界最古の銀行、今でもイタリアの大手銀行である モンテ ディ パスキ銀行があるこの道、13年前も通りました。


「ほら、ここ!」と連れていってもらったお菓子屋さんNannini ナンニーニ


d0346364_19131289.jpg


あ! ここで!13年前にコーヒー飲んだよ! 

仕事の合間にちょっと一休みで入ったバールで、私の横でアメリカ人観光客が、確か6月末だったんですが、ワインのヌーヴォが飲みたい!と言い張っていたのが、おかしくって、よく覚えています。

バールマンが季節じゃないけど去年ベンデミアのワインだからヌーヴォだよな?と同僚と話して、「ノヴェッロ! ヴィーノ ノヴェッロ!(ヌーヴォワイン)」


でアメリカ人観光客が満足そうに「ヌーヴォワイン!」と返していたのが、微笑ましかったんです。


このバールの中に入ると裏側がお菓子やさんになっていて、「シエナに行ったらこれ食べないと!」なドルチェが一杯並んでいます。


有名なパーネフォルテは、日本でいう味噌付きお握り。戦場に向かう戦士たちが持って歩ける、保存が利くもので栄養価が高い常備食として13世紀のフィレンツェとシエナの戦いのときに記録に残っているそうです。


シエナに行ったら、ぜひお試しあれ!



d0346364_19141132.jpg



ちなみに13年前、日本の某有名旅行代理店○○Sのイタリア小都市ツアーの下調べでシエナを訪れた私ですが、当時の私のミッション インポッシブルはっ!!! 日本のお客様の快適安全な旅には不可欠なトイレの情報収集だったんです。


ナンニーニのお店のお菓子コーナーのすみっこの螺旋階段を降りると無料できれいなおトイレあります。

これも13年前は気がつきませんでした。










[PR]
by viabellaitalia | 2016-09-07 19:20 | 食いしん坊万歳通り | Comments(0)