2016年 01月 07日 ( 1 )

d0346364_19580277.jpg


1月6日はイタリアではエピフォニアのお祭りで祝日。この日までがクリスマス休暇。といっても学校がお休みなだけで、社会は意外にもカレンダー通りに動いてます。

イタリア人って働かないというイメージありますが、実際のイタリア人たち、意外にも働き者です。

2日から普通に仕事なんて結構多いです。返って「お正月3が日」に慣れている日本人にはこの2日から普通の生活って辛い。


そんな日本人をもすくってくれるエピフォニア。

幼子イエスの洗礼をお祝いするお祭りなんだそうです。

この日はベファーナという魔女が1年良い子にしていた子には靴下一杯にお菓子をプレゼントしてくれる日。

悪い子には炭が靴下の中に置いて行かれるそうで、結構厳しい魔法使いのおばあさんです。

そう、イタリアの子供たちはこの時期、クリスマスとエピフォニアと2回プレゼントがもらえます。

この魔法使いのおばあさん、東方からイエスの誕生をお祝いにやってきたという3人の博士たちが旅の途中のある村で一夜の宿を借りたおうちの老婆に一緒にお祝いに行こうと誘ったんですが、多忙を理由荷一度は断ったんですが、でもその後から悔やまれて贈り物のお菓子を焼き、博士たちの後を追うも神の子イエスのもとにたどり着けなかったそうで、それ以来彼女はずっと神の子を探し、さまよっているとも言い伝えられています。


うちは子供がいないので、いまひとつ実感がないお祭りですが、昨日、年下の女友達から

「ベファーナ、おめでとう!」というメッセージが来ましたが、なにか?

ちょっと、これってあたしをベファーナとか呼びやがってる?


どうやら、最近は友達同士でこんなジョークを飛ばすお祭りでもあるようです。

そう言えば、数年前、やっぱり年下の男友達から、「セクシーベファーナ おめでとう!」ってメッセージが来た事があったけど、今ひとつ、向こうのジョークに乗れなくスルーしました。


ベファーナ呼ばわりしやがった女友達がさらに「わんぱく坊主のカルロには炭!」とか後から書いて来ましたが、そうか、うちに子供はいないけど、カルロがいたっけ!


テレビでもイタリア人司会者が「犬は家族にとっては子供ですよね。じゃあ、犬たちにもベファーナが来るかな?」なんて話していたし、来年からはカルロのところにもベファーナが来るかもです。(しかし鼻が良い犬たちからお菓子を隠しておくのは大変かも)



[PR]
by viabellaitalia | 2016-01-07 19:58 | Comments(0)