2015年 12月 02日 ( 1 )

d0346364_00365536.jpg



先日の日曜日。愛犬、カルロくんとのお散歩に行こうとして、家のドアをパタンと閉めて、鍵をかけようとしたら・・・・・・鍵がない。


大慌てでお散歩バックの中をごそごそと探してもない。


ぎゃああああああああ!!!! 鍵を持たずに家を出ちゃった!


7年ぶりでやらかしちゃった。


イタリアの玄関ドアはオートロックというか、一度閉まると外からは鍵がないと開かない、開けられない。


7年前にやらかしたときは合鍵も家の中だったので、消防を呼んであわやドアを壊すなんて事になりかけましたが、その後、学んで合鍵は事務所に置いてあります。


がっ。。。。。日曜日なので、事務所には誰もいない(汗


そう。家の鍵の束には事務所の鍵もついているので、合鍵がある事務所にも入れない(馬鹿)


幸い、携帯は持って出ていたので、ひとしきりカルロくんのお散歩を済ませてから店長に、日曜出勤を要請。


「ミカくーん。幸い、俺、ここにいたからいいけど、実家に帰ってるバカンス中だったらやばいよ。」

本当。店長の実家は700km離れたカラブリア。すぐには帰ってこれません。


家族がいる家庭だったら、こういうことも多少は回避できるけど、じゃあシングル族はどうしているかと言いますと、皆さん、近くに住んでいる家族、親戚、あるいはご近所の仲良しさんに鍵を預けています。


イタリアに来たばっかりにも一度やらかして、ひゃああああああ!とドアの前でぽつねんとしたときも、たまたま通りかかったお隣さんのマウロが、「うちにあるよ、きみんちの鍵」と声をかけてくれたことから仲良くなったんだっけ。当時の同居人だったジャンカルラはよく鍵を失くすタイプだったそうで、マウロののところに合鍵を預けてあった訳で、マウロもよく「ピンポーン。鍵忘れちゃって、閉め出し食らっちゃった。」と預かっている鍵を取りにきてたっけ。


合鍵を持ちつ持たれつな仲(爆


日本人的には結構、これ違和感があります。合鍵はね・・・やっぱ、家族か恋人だろ?と思っちゃうとなかなか仲良しのご近所さんに渡せない。


ひとまずの策として店長推薦「中から鍵閉め」を習慣づけしようと思います。

これも、イタリア人よくやるんですが、家に入るとドアを鍵で閉め、そのまま鍵穴に入れとく。


一番最初にも書いたけど、イタリアのドアは一度閉めると外からは鍵がないと開けられません。なので、内側からわざわざ鍵で閉める意味がないんじゃないの?と思うんですが、念のためなんだそうですが、こうやっておくと外に出るときはどうやっても一度鍵をはずしてから出るので、導線として外に出るときは手元に鍵がある。


=鍵を家の中に忘れない。


なんだそうです。なるほどね・・・・・・・・。




[PR]
by viabellaitalia | 2015-12-02 00:37 | イタリア広場 | Comments(0)