いてくれてありがとう

d0346364_20465570.jpg


お引っ越ししてから40日ほど過ぎて今日、おうちでお初朝ごはーん!


まだキッチンは完成していないので、キッチン道具が入ったダンボール箱を全てほどく訳にはいかないので、ひとまず新聞紙で包まれた数々の食器の中から、コーヒーマッキナを探せ作戦を昨晩、ごそごそと。


コーヒとお砂糖が入ったボトルも探しあて、コンロの横に置く。

って、まだワークトップを固定していないので、作業する際に、いちいち移動させないといけないので、最低限ね、最低限。


1ヶ月以上、ビニール袋に入れてあったスプーンやナイフも必要最低限の数を、まず水洗い。


あああああああああああ、、、、やっと普通な生活のかほり。


使ったお皿やお鍋など、洗うのがバスルームの洗面台って、本当にスラム街に住んでいる訳じゃないのに、なによこれ? ここが一番悲しかった1ヶ月。

さっさと使い捨てのものを買いましたが、こういう生活を強いられるのは堪え難い。


毎朝、カルロちんのお散歩がてらのバールでの朝ご飯も、外で食べるにはちと辛い寒さになってきていたし、私が食べている間に待つカルロが、飽きるからなのか? それとも大理石の床材から深々と伝わって来る寒さであんよが寒いのか、尻尾がみるみる下がり、鼻を鳴らし始めて、いつも大急ぎで朝の菓子パンを頬張る、なんともせわしないもので。まあ、寒さでね、菓子パン、コルネットを持つ手もかじかんじゃうくらい寒かったし。


久々にほんわかあったかい室内でゆっくり朝ご飯。

カルロちんも朝ご飯の後は、私にぴったりくっついてゆっくり朝寝。


今回のお引っ越しの時期1ヶ月とキッチン戦争1ヶ月半の間、きっと一人だったら耐えられなかったな。

雨の日も、風の日も例えしっぽが下がって、鼻を鳴らしてもカルロちんは横にいてくれた(いや、いざる得なかったんですけど)

お引っ越し期間は夜なべの一人ペンキ塗りでは帰宅途中のボディガードもしてくれた。


ローマではよく、ホームレスの人たちが犬を相棒にしているのを見かけますが、あの気持ちわかりました。

飼い主がどんな状況下であっても、そばにいると嬉しいのの犬たちの目は、こんなときどんなに人間たちを支えてくれるか。


やばいです。またカルロちんとの絆が太くなっちゃいました。








最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-11-23 20:51 | Bau Bau Park | Comments(0)