古代の鍵

d0346364_19421375.jpg



イタリアに住む醍醐味は、2000年とか3000年前の歴史に簡単に触れることができることだ。


2000年も3000年も昔と思い馳せると、ついつい大したことはない・・・・と思っちゃっている自分の想像を遥かに超えた文化が栄えていたイタリア半島。

考えたらエジプト近いしー、ギリシャ近いしーと当たり前なんですが、忘れちゃってます。


この夏にたずね歩いたローマの皇帝たちのおうちとか別荘が、もう半端ないハイテクな設計だったりして驚きます。

現在で言う床暖房の温水プールやサウナがあったり、床は細かなモザイクで飾られ、壁はフレスコ画が描かれ、外壁は色彩豊かな彫刻に白い大理石が張られ・・・・・。

ネロ皇帝のドムス アウレアは現在、当時はこのような感じだったと再現したものを3Dで見る事ができますが、本当にすごかったです。

外壁の白い大理石なんか太陽にまぶしかったと思います。


そんなものを目の当たりにしているくせに、忘れちゃうんですよね。


アウレリオ街道の終着点だったオルトノーヴォという忘れ去られた古代都市があります。今はルーニという町の一部ですが、そこの博物館で古代の鍵を見て、ちょっとびっくり。


ええええ??? そんな昔にも鍵????と思いましたが、当時のおうちは21世紀の現代とそれほど変わらない、いや、もっと華麗に飾られ、現代のイタリア人よりも良い生活をしていたにちがいない生活レベルですもの、盗難防止のために鍵はあったはずですよね。


確かベルばらのルイ16世が錠前作りが趣味というのは覚えていますが、オルトヌオーヴォの町が作られ、栄えた紀元前にもすでに鍵職人たちはいたわけで。


古代ローマ人・・・・・凄いです。






最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-09-04 19:43 | イタリア広場 | Comments(0)