プリマ コムニオーネ

d0346364_20013826.jpg



昨日会社に出勤してきたら、青い風船が階段を飾っています。

あれ? どこかのお宅で男の子が生まれたのかな? 


普段は、青い風船は男の子の誕生のお知らせですが、昨日は会社の上の階のお宅のミケくんのプリモ コムニオーネのお知らせ。


しかも、昨日は同じマンションのご近所さんたちが招待されたお披露目会が夕方からありまして、うちも店長と私と参加してきました。



d0346364_20021628.jpg


イタリアのようにカトリックの国の子供たちには、生後だいたい1年以内に受ける洗礼式、そして小学生になってからカテキズモというカトリック教義のお勉強を1、2年ほど毎週教会で受けてからのプリマ コムニオーネ、その後、良きカトリック信者として生きる宣誓式とも言えるクレージマと3つの大切な儀式があります。


私たちが会社設立のために今の場所を借りたのは2007年の秋。その頃はまだお腹の中にいたミケくん。

彼がよちよち歩きを初めてはあっちこっちで転んで泣く声や、床になにかを巻き散らす音に悩まされては「来年はきっと保育園が始まるはず!」と密かに彼の登園を待ち望んだ時期もありました。笑

そう、気がつけば今年の秋でうちの会社も10年! ちょっと感慨深いです。


プリマ コムニオーネは、イエス キリストの体(聖体)を表す白くて薄いウエハースみたいな物とキリストの血を表す葡萄酒を初めて拝領する儀式だそうで、儀式自体は前の日の日曜日のミサで行われたそうですが、この儀式には子供たちはみんな白い衣装をまといます。

カテキズモを終え、信者として神の道を歩み始めるという意味合いなのかしら? プリマ コムニオーネは神様、イエス キリストとの結婚する儀式なんだそうで、女の子などは、まるで小さな花嫁さんのようなドレスやベールをまといます。

このお祝いには贈り物をするのも習慣なんですが、なにせ一種の結婚式ですから、贈り物も時計とか金の装身具とかだそうで、カトリック信者ではない私にはちょっと度肝を抜かれた習慣でございます。

「ええええええ!!! 9歳の子に????」としぶるあたくし、「一生残るものを贈らないと」と、語るイタリア人たちとのせめぎ合いの上、なんとかプレゼントも用意いたしました。



プリマ コムニオーネが終わったミケくんも、お披露目会の昨日はお父さんにきっちりと髪を整えてもらって、ちょっと大人な雰因気を漂わせていました。

彼はこの次のクレージマも、すぐに受ける事に決めたそうで、さすがにクレージマには早すぎるのではないかな?とミケくんのご両親はちょっと心配顔。


プリマ コムニオーネまではイタリアで、カトリック信者の両親の元で生まれたらなんとなく、そういう流れの習慣ですが、クレージマだけはまさに本人の意志次第。

ただクレージマをしていないと教会で結婚式を挙げる事ができないので、まだ早いと心配するご両親も「でも、しとかないと教会で結婚できないし・・・・・」と。

ミケくん、まだ9歳だったと思うけど・・・・すでに結婚を想定して人生足固めというのが、カトリック信者じゃない私には、ちょっと笑えちゃいました。

実際、イタリア人で、しかも何世紀か前に枢機卿まで出した家系の当社店長でさえ、クレージマしてませんでしたので、結婚が決まった後、急遽やったそうです。

しかも、今の時代、教会で結婚式を挙げちゃったら離婚が大変だし、離婚しちゃった日には二度と教会では再婚できないし、お友達の結婚式の証人にもなれないので、やっぱりクレージマはもっと大人になってからでいいんじゃないかな? ← ただの外人の意見です。


それにしても昨日は自宅にご近所さん招いてのお披露目会、なんとなく年に1回あるマンション住人集会の様子を呈してました。笑

最後には後日ピザ屋でもう一度大集合とみなさん、約束したようです。


会社も仲が良いご近所さんたちです。



d0346364_20005788.jpg







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-06-06 20:04 | イタリア広場 | Comments(0)