気がつけば、イタリアの方が長くなりました。

d0346364_01534125.jpg


つい先日。履歴書を久々に更新しようとして、イタリアでの職歴の方が長くなっていることに気がつきました。



大学を卒業して、故郷北海道に帰ると決めたはいいものの、就職先が卒業前には決まらず、今、思うとあのときは若かったな。

電話帳の広告業のところのア行から順に電話をかけて売り込み、なんとかデザイン事務所に転がり込んだ4月。

といってもデザイナーの仕事なんか、まったくさせてもらえなかったもんね。当時はまだインターネットなんてございませんでしたので、データー入稿なんかない時代です。

校正だ原稿だとメッセンジャーボーイのごとく、ただの「ぱしり」。

デザイナーさんたちも紙の上でのお仕事です。「ちょっと、この定規洗って来て。」って今の時代だったらわからないだろうな。

ノリや、鉛筆の芯で定規が汚れるんです。そのまま使っちゃうと版下を汚しちゃうので、弟子が定規を洗うわけ。

そんな時代からやがて広告の世界もコンピューター化され、デザイナーたちも必死に新しい仕事道具のマッキントッシュを覚え、イラストだって絵筆を置いて、マウスで。(私はこれが得意です)


そしてイタリアに渡ったときは、まあ、手に職あるから、なんとかなるかな?とは思ってはいたけど、世間はそんな甘くはなかった。

日本ではずっとグラフィックのお仕事をして来たけど、イタリア語が母国語じゃないというならね・・・・と断られたことも一杯。

労働契約はできないから、君、自営の税務番号持ってる? 持ってない? あーじゃあ、ダメだね。ってのも一杯。

日系の企業で働いてみたけど、ガセネタの「学生の滞在許可書の更新中のものは就労してはいけない。」ということをうのみにしていた雇用者にいきなり首にされたり、「うちには必要な人材だから、なんとか労働の滞在許可書に切り替えたいわね。」という言葉を信じて頑張ってみたけど、実は、私が誰かイタリア人と結婚する=婚姻滞在許可書になる。のを待っているだけだったとか、本当にいろいろありました。

イタリアではグラフィックだけじゃなく、できる仕事があったら、やる!で、店員もやったし、旅行代理店の企画、調査の仕事もしたし、翻訳まがい、通訳まがいも。

なんとか仕事をふたつ掛け持ちして生活をつないでいた矢先に2つとも、滞在許可書のガセネタ情報のせいでいきなり首になり、日本に一度帰って体勢立て直しの際は、コールセンターも経験。


苦節8年目にしてやっと労働ビザを取り、やっと自営の税務番号も取った後は、あり地獄より質が悪い税金地獄にハマったけど、まだここでなんとか生きてる。いろんなことがあったけど、イタリアに来てからの17年間、まったく無職ってのは、最初の6ヶ月のみ。


こうやって考えてみたら、すごいぞ! 自分!!!!!!


なにせイタリアは働いても、支払いやお給料の延滞とか無給も多いので、イタリアって働かない方が損しないという国なだけに、よくぞここまで生き延びた!って自分を誉めたい。


先日のメーデーに友人が「仕事がないと多くの人が嘆くけど、俺はウェイターもやったし、ガソリンスタンドでも働いたし、戸別訪問のセールスマンもしたけど、今は自分が大学で勉強した、やりたかった仕事をしている。今の自分の仕事を誇りに思うし、今までのすべての経歴があってこその今の自分だと満足している。」とフェイスブックに書いてあるのを読み、私もまさにそうだと思った。


ここ数年はグラフィックという枠でくくれる仕事事態は少なくなったけど、日々やっている仕事は、結局は今までのすべての経歴があってこそできる仕事になっている。

生き残るためにというところが大きいけど、そうやって変わってこれた、多分、成長できた自分が嬉しい。


写真は昨年、イタリアのデザイン事務所とコラボレーションをして、イタリアサルーミ普及促進協会のカタログの製作に携わったときのものです。

写真撮影の現場はにローマの休日の撮影で使われた場所。とても楽しい経験のひとつです。







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
Commented by とすかーな at 2017-05-28 23:47 x
すごい!イタリアで17年間、最初の6カ月以外ずっと仕事があったって、かなりすごいですよ、MIKAさん!
前のブログの時も、MIKAさん、イタリアに、読んでて切なくなるようなひどい目にあわされても、一生懸命乗り越えていてすごいなぁと尊敬していました。
日本なら別ですが、イタリアで外国人が常に仕事があるって、これは、なかなかない。すごいことだと思います。

テーブルの上のハム類が美味しそうで、ついくぎ付けになっちゃいました(笑)
Commented by viabellaitalia at 2017-05-29 20:37
> とすかーなさん
ありがとう。もう必死。仕事があったというか作った (笑
この17年間で学んだことのひとつでもあります。イタリア人と同じく、仕事がない? じゃあ自分で起業しろ!と。
生き延びるためにいろんなことを学んだはずだから、これからはそれを活かしていきたいんだけど。戦いはまだまだ終わらないわ。笑
by viabellaitalia | 2017-05-27 01:55 | イタリア広場 | Comments(2)