ピサVSメディチ

d0346364_20163313.jpg


ピサの町を歩いていると、よくピサ共和国の旗を掲げた家を見かけた。

ローマだと、ローマの旗を掲げるのは、せいぜいASローマファンくらいである。


「ピサ人は今でもピサ共和国だったことに誇りを感じているんだよ。」


ピサのドゥオモ広場にあるカンポサントの一画には、随分古い鎖が飾られている。


「これはね、昔、ジェノバに負けたときピサの港を閉められた鎖なんだと。150年ほど前のイタリア統一の際、過去のことは流し、同じ一つの国の仲間であるという印としてピサに返還されたもので、こっちはフィレンツェから戻された鎖ね。」


ふーん・・・・・・・いろいろあったのね。




さて、作年10月に放映されたテレビドラマ「I MEDICI メディチ家」のDVDが11月半ばから最寄りのキオスクで毎週火曜日に発売され始めたので、ミーハーなあたくし、せっせと毎週1巻づつ買い集めておりました。

全8巻で7巻目の発売日がクリスマス開けの27日の火曜日。


このクリスマス休暇にピサにいた私は、滞在先で数件のキオスクを駆け回る羽目に。


すみませーん。I MEDICIのDVDありますか?


「え? なにそれ? うちでは扱ってないな。」

「いや、聞いたことない。本当にそんな6巻も、もう出てるの?」


って、何処に行っても扱ってもいないとか、聞いた事ないとか。


まじ??????? 鉄の丘ではめっちゃ辺鄙な小さなキオスクでも売っているのに、なぜピサにはないわけ??????


クリスマス休暇の後半はピサ県キオスク巡りになりかけるくらい、何処に行ってもない。


「やっぱり、ここピサだから、メディチには怨念もあるし(笑) これはうちじゃあ扱えねえ!ってのじゃないの?」


って、そんなこと今の時代にありえん!!!と思うのは日本人で、トスカーナ人、ピサ人の気持ちはわからないけど。


で、結局ね、探しに探した7巻目は鉄の丘に帰ったその日に、最寄りのキオスクに買いに走りました。幸いにも最終巻の8巻が出る前に帰ったので、1枚残っていたのだ。


写真は、アルノ河沿いにあるPalazzo delle Vedove 未亡人の館と呼ばれるメディチ家の館です。

フィレンェみたいに館から隣接の教会まで回廊が巡らされていて、館の住民は外に出ないでそのまま教会のミサに行けるようになっています。

元々、この場所にあった古い館を私がハマったテレビドラマの主人公だったコジモ イル ヴェッキオの息子のピエロが買い、かの有名なロレンツォ イル マニフィコも滞在してたそうです。


ピサも奥深いぞっ!!!!







最後までおつきあいありがとうございます。Grazie per la visita!

[PR]
by viabellaitalia | 2017-01-12 20:19 | イタリア広場 | Comments(0)