愛のナイフ

d0346364_21190111.jpg



って・・・・なんだか映画のタイトルにでもなりそうな(汗


婚約指輪、結婚指輪のルーツは古代ローマ時代までさかのぼります。

婚約の印として鉄の指輪が、婚約者の女性に贈られる習慣があったそうですが、これはあくまでも婚約の印、この女性は売約済み、そしてギリシャ神話からの影響で夫への絶対服従の印でもあったそうです。

というのが、一般的によく知られている習慣ですが、古代ローマの結納は鉄の指輪だけじゃなかった!


現在でも15本、残っている古代ローマ時代に結納の品として「交換」された愛のナイフ。


そうなんです。こちらは交換。一方的に贈られたものではなく、結納の席で男女の間で交換された品。


最初、愛のナイフのことを聞いたとき、「やっぱりイタリアだね。」とちょびっと戦々恐々しちゃった私。

イタリア人ってものすごくヤキモチ焼きさんで、テレビのニュースを騒がせる殺人事件はほぼ愛憎のもつれ。


保険金殺人なんて聞いた事もないほど・・・・ない。


古代ローマもやっぱり愛憎のもつれだらけだったのかしら?と思っちゃいましたが、意外にも用途が違いました。


古代ローマ時代の結納の品だった愛のナイフは、ナイフ自体が女性性、男性性を表し、すべてを相手に与えるという意味合いが込められていました。


決して、私が最初に思ったような、「浮気したら、これで殺す!」ではなかった(汗


女性から男性に贈られるナイフは刃に女性からの愛の誓いや詩が刻まれ、男性へのプレゼントですので、まじに戦闘でも使えるだけ大きいナイフ。


反対に男性から女性に贈られるナイフはやや小型で、その分、装飾を凝らしたもので、持ち手には婚約者の女性を邪視から守る飾りがかならずつけられていました。


確かに、いきなり周りの友達が結婚決まったのー!なーんてことを聞いたら、残ったシングル族からのやっかみとか、あるいは元かのとちゃんと清算していない男性も多かったのか?(爆

でも、許嫁はまず守る!という意志を感じます。

結婚後はこれらのナイフは、二人のベットを見下ろす場所に飾られたそうです。

お互いにすべてを与える。そして周りから守る。

結婚には、確かにこういう気合いが必要なときは一杯あるはず。




こちらは現存する古代ローマの愛のナイフを現代のイタリアの鍛冶の匠たちが復元したものです。


Made in Italyのセレクト オンラインショップ Via Bella Italiaはこちらをご覧ください。

http://www.viabellaitalia.com/ja/home/189-coltello-dell-amore-bianco-di-scarperia-.html?live_configurator_token=03b79ce13a34a35df778b4d0115685fe&id_shop=1&id_employee=2&theme=&theme_font=font8




http://www.viabellaitalia.com/ja/home/190-scarperia-coltello-dell-amore-nero.html?live_configurator_token=03b79ce13a34a35df778b4d0115685fe&id_shop=1&id_employee=2&theme=&theme_font=font8









[PR]
by viabellaitalia | 2016-02-09 21:21 | I love shopping通り | Comments(0)