BUON ANNO NUOVO 2016

d0346364_20593668.jpg

1日遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。




テロ警戒態勢がひかれている中でしたが、急遽ローマで年越しとなりました。

意外にも行ってみたら、例年に比べると人は少ないにしても、やっぱり大晦日のにぎやかな雰因気で、町中をそれぞれが楽しそうにそぞろ歩きをしていました。

爆竹禁止だったはずなのに、全然、ガンガン鳴ってました。

挙げ句、その時間は閉まっているコロッセオの中で爆竹炸裂。こらあああああああ!!!! 誰なの、あっちに投げちゃった人はっ!!!!!だったり、数年前に酔った若者グループの喧嘩でビールビンが凶器として使われて以来、ローマの中心地区はビンものは店内のみで飲食。路上は禁止なんですけどね、誰も知ったこっちゃない。

コロッセオ前では堂々と怪しい外国人たちが「シャンパン! シャンパン!」と声をかけて売ってました。



d0346364_21002803.jpg



かくいう私たちもちゃっかり友達たちが家からシャンパンをバックの中に忍ばせて来て、コロッセオの後ろ側でカウントダウンが始まり、あけおめー!!!と共にポン!と景気よく開けて来ちゃいました。


大晦日コンサートが行われているチルコマッシモの方でもしかしたら、新年の花火上がるかも?という期待を込めてそっちの方向へ向かっていたのですが、奇しくもコロッセオで新年を迎えた訳ですが、私、個人的にはかなり感無量な偶然。


17年前に初めてローマに来たとき、このコロッセオの裏側を、当時はコロッセオだともわからず、ローマの城壁だと思ったんですが、見たとき感動しちゃって涙が出ちゃった場所。

その1年後にローマに住むと決めて来たその夜、空港からホテルに向かう道すがら、思いがけない相棒の車が故障で40kgのトランクとリュックを持って、ぜーぜーしながら登ったコロッセオ横のエスクィリーノの丘。

イタリア暮らしを始めたばっかりの頃、いろんな不安を抱えながら、何度も何度もコロッセオの横を歩いた時期。当時は私の生活テリトリーエリアだったので、横を歩きながらコロッセオを見上げては、これからの将来をちょっぴり願っちゃたり。


で、足元見てなかったので石畳のでこぼこに足を取られて転んで、何度膝小僧を血だらけ事件をやらかしたか。


コロッセオは私にとってはイタリア暮らしのシンボルみたいな特別な場所なんです。

そんな特別の場所で新年の幕開けをした今年はきっといいことありそうです。


とか、浮かれていたら帰りの高速で、行きが2ユーロ50セントだったのに、帰りは2ユーロ60セント。

なにこれ???????と思ったら、なんとイタリアは毎年、新年の0時と共に全国一律値上げなんだそうです。


やっぱりイタリア。新年開けてたった数時間で、すでにイタリア政府に詐欺られた感たっぷり。




[PR]
by viabellaitalia | 2016-01-02 21:01 | ご挨拶 | Comments(0)