ルイザ スパニョーリが大好き♥




以前にも別のブログでも書いたことがありますが、イタリアンブランドのルイザ スパニョーリ。好きです。


価格と質のバランスが取れていて、パターンがいいのかな? 着たときに違和感がない、着心地が良い。

イタリアって個性的だったり、デザインが面白い服も多いんですが、着るとね、あれ? ここが不自由とかつっぱるとか、動作を制限される事が多い(爆

ルイザ スパニョーリの服にはそういった不快なところがないので、一枚お気に入りになっちゃうと次も買い足したいなって思わせます。


特に、ここローマ辺りの洋服って肌や胸をみせてなんぼなデザインも多く、ちょっと主張しすぎるんですよね。

そんな洋服たちを見慣れた目でルイザ スパニョーリの服を見たとき、正直「なんか、ばばくさい?」と思いました(笑

知れば知るほど、完璧にこのイメージを破っていただきました。


英国のキャサリン妃が公務で着た真っ赤なオーバコートが彼女の若さを輝かせながらも、上品で度を越さない主張感が素敵で、どこのブランドだろうと調べたら、イタリアンブランドのルイザ スパニョーリだった。


質が良く、仕立ても良く、歴史ある一流ブランドなのにお値段設定が正直なブランド。そうブランド名をかざしぼったくり系ではございません(笑

様々なブランドも上手く使いこなすキャサリン妃らしいチョイスだなと思いました。


La classe è una dote innata, l’eleganza la sottolinea


イタリア人が使う、クラスって、うーん、どう訳したらいいんだろう?


クラス感ある上品さは生まれ持った才能であり、優雅さを強調する。


そう、ルイザ スパニョーリの服はこのクラス感があるんですよね。

小柄な日本人女性の体型を上手く演出するには、私的にはMaxMaraよりずっといいと思うんですけど。

イタリアンブランドとしてイタリアでは確固とした地位を築いているこのブランド、意外にも日本ではあまり知られていないですよね?


でもイタリアに一度でも来たことがある方なら、バーチチョコは知っている方が多いんじゃないかな?

中にナッツが入っているあのコロンとした貴婦人のキスという名も持つ、バーチ(キス)チョコ。

実はルイザ スパニョーリさんはこのバーチチョコを作った方なんです。


アパレルとチョコ??????でしょ?


他のお菓子の生産過程で余ってしまうヘーゼルナッツの有効活用から生まれたバーチチョコ。ルイザ スパニョーリさんは創立者の一人。

発想が柔軟、クリエイティブな人だったんだろうな。

今でこそよく見かけるアンゴラうさぎの毛入りのふわふわのセーター。アンゴラうさぎの毛をニット製品に使うのもなんと彼女のアイデアだったそうです。

しかもうさぎの毛を刈るのではなく、クシで梳かして毛を採るという方法を使ったそうです。

すごいな、すでにエコな生産。

日本のお客様が毎年この時期に血眼で探す、某ダウンジャケットメーカーなんかEU内の取り決め無視のダウンむしり取りで動物愛護団体から叩かれていたんですよね。


生産過程のこういった気遣い、思いやり、愛があるからこそファッションアイテムって着る人をより輝かせるんじゃないかな。


日本ではまだまな知名度が薄いけど、VIA BELLA ITALIAからぜひご紹介していきたい一押しイタリアンブランドです。

Made in ItalyのセレクトショップVIA BELLA ITALIAはこちらから


[PR]
by viabellaitalia | 2015-12-03 21:38 | I love shopping通り | Comments(0)