田舎を歩こう!




d0346364_21592813.jpg


私の住む鉄の丘の隣町のセーニは小高い山に頂部分に広がった町なので、標高が結構高く、ローマ県、そしてフロジノーネ県(チョチャリア地方)の奥の奥まですごいパノラマが見れます。セーニは青銅時代から人が住んでいた町で実は古代ローマより古い町。きっとこの大パノラマはもともとは軍事目的だったのかと。標高700mほどの山の斜面なので敵がやってきたら、一目瞭然です。
古代ローマの配下に入る前はこの地方で、唯一の大きな町だったそうです。田舎町だけど、結構大きいです。
町の名前のセーニ(Segni)は、SEIC、イノシシという意味から来ているそうです。
そうそう、この辺りイノシシ結構多いんです。イノシシの大好物のマロンがね、特産なの。そりゃあイノシシ人口も多かったはず。

昨日の11月1日はイタリアでは諸聖人の日。
日本でいうと、お盆とかお彼岸。お墓参りの日みたいな祝日です。
今年は日曜日に重なったせいか、なんとなく町がとっても静か。皆さん、お墓参りあるいは日曜ミサに行っていないのかな?

イタリアの田舎の小さな町と言えば、もともとは人とせいぜい馬車が通れる広さの道が基準で作られてますから、セーニの町中は車で通るのはかなり心臓に悪いです。
10年ほど前かな? 初めてこの町に来たときは、車で入り込んじゃって、ぎゃあああああああああ、家の壁とこすっちゃうこすっちゃううううううううううう!!!!
ベランダや玄関口に飾ってある鉢と数センチも隙間がないような道で、入城門を抜けたときは運転席の店長はぐったり、私もあまりにも距離がない景色をぐるぐる見すぎて車酔い。


d0346364_22000510.jpg


今回は同じ間違いをしでかさないように町の外側の駐車場に車を止めて、すごい時が経ったような玄関や門構えの家々の間、石畳の道をゆっくりお散歩。
正午近くにはあっちこっちからお昼ご飯の支度のいい香りもし始めて。

「俺さー、カルボナーラ食べたい!!!!」「ラグー(ミートース)は?」
なんて、道の反対側のおうちの空いた窓から子供の声が聞こえて来た途端、私もお腹が空いて来ちゃいました。
おうちに帰る途中、スーパ−に寄ってラグーに生パスタ。そして赤ワインを買い込み、即席日曜ランチ。

ローマから車でほんの小1時間ほどのローマの田舎町たち。まだまだ日本の方には知られていない、穴場かも。この辺りは150年前のイタリア統一まではローマ教皇領だったので、イタリアの他の州とはまた違う顔があります。そして・・・・美味しいものも一杯♥

d0346364_22021009.jpg

[PR]
by viabellaitalia | 2015-11-02 22:02 | Buon viaggio通り | Comments(0)